ティレル・017

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティレル・017
ティレル・017B
コンストラクター ティレル・レーシング・オーガニゼーション
デザイナー モーリス・フィリップ
ブライアン・リスルズ
先代 ティレル・DG016
後継 ティレル・018
主要諸元[1][2]
シャシー アルミニウム and カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン コスワース DFZ, 3,494 cc (213.2 cu in), 90度 V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ティレル 5/6速 MT
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ティレル
ドライバー 3. イギリスの旗 ジョナサン・パーマー
4. イギリスの旗 ジュリアン・ベイリー
4. イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1988年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 0 0 0
テンプレートを表示

ティレル・017は、ティレル1988年のF1世界選手権参戦用に開発したF1マシン。設計はブライアン・リスルズモーリス・フィリップ。1988年シーズンと1989年の初戦に使用された。

017はコスワース DFZ V8エンジンを搭載し、1988年はジョナサン・パーマーとルーキーのジュリアン・ベイリーというイギリス人ドライバーコンビが、1989年はベイリーに代わってミケーレ・アルボレートがドライブした。

017は成功作の前年型、DG016の発展型であった。DG016同様に自然吸気エンジンを搭載したものの、成功作とは言えなかった。ベイリーは10度の予選落ちを喫し、ポイントを獲得することはできなかった。パーマーが5ポイントを獲得し、チームはコンストラクターズ8位でシーズンを終えた。

1989年シーズンはマイナーバージョンアップの017Bが投入されたが、競争力に劣り、第2戦のサンマリノからはティレル・018が投入された。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1988年 ティレル
017
コスワース DFZ
V8 NA
G BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
MEX
メキシコの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
5 8位
ジョナサン・パーマー Ret 14 5 DNQ 6 5 Ret Ret 11 Ret 12 DNQ Ret Ret 12 Ret
ジュリアン・ベイリー DNQ Ret DNQ DNQ Ret 9 DNQ 16 DNQ DNQ DNQ 12 DNQ DNQ 14 DNQ
1989年 ティレル
017B
コスワース DFZ
V8
G BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
MEX
メキシコの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
16* 5位
ジョナサン・パーマー 7
ミケーレ・アルボレート 10

* 1989年のポイントはティレル・018が全て獲得した。

参照[編集]