ティレル・019

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティレル・019
Tyrrell 019 (cropped version).jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ティレル
デザイナー ハーベイ・ポスルスウェイト
ジャン=クロード・ミジョー
先代 ティレル・018
後継 ティレル・020
主要諸元[1][2]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド コイルスプリング ダンパー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド コイルスプリング ダンパー
エンジン フォード DFR, 3,493 cc (213.2 cu in), 90度 V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ティレル / ヒューランド製 6速 MT
燃料 エルフ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム ティレル・レーシング・オーガニゼーション
ドライバー 3. 日本の旗 中嶋悟
4. フランスの旗 ジャン・アレジ
初戦 1990年サンマリノグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
14 0 0 0
テンプレートを表示

ティレル・019 (Tyrrell 019) は、ティレル1990年F1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーハーベイ・ポスルスウェイトを責任者として設計された。現代フォーミュラカーの定番デザインとなった「ハイノーズ」を最初に採用したマシンである。

概要[編集]

019は1989年シーズンに使用した018の後継モデルであり、基礎的なメカニズムは変わっていない。フロントサスペンションはモノショック[3]とプッシュロッドを組み合わせたティレル独自の構造で、モノショックのダンパーに電動アクチュエータを取り付け、走行中に1mm単位でフロントの車高(ライドハイト)を調節することができた[4]

エンジンも前年と同じく、ハートチューンのDFRを継続して使用した。タイヤメーカーはグッドイヤーからピレリへ変更した(開幕戦の018より)。

最大の変化は車体前半部分にみられる「ハイノーズ」と呼ばれる斬新な空力デザインであった。ティレルはノーズを上方に持ち上げ、モノコックの下側に空間を作ることで、車体の底へ気流を流し込み、路面との間でより多くのダウンフォースを発生させることを狙った。宙に浮いた格好のノーズは、イルカの頭部に似ていることから「ドルフィンノーズ」と呼ばれた。この状態では「フロントタイヤの後端からリアタイヤの前端までの部分は、車体下面を平滑な面にしなければならない」とされるフラットボトム規定に抵触してしまうが、019ではアンダーパネルをフロントタイヤの後端の位置まで突き出すことで規定をクリアしていた[5]

またフロントウィングは、それよりも上方にあるノーズコーンに取り付けるために根本付近が斜めに湾曲しており、「アンヘドラル(下反角)ウィング」と呼ばれた。あるいは、かつてのアメリカの戦闘機「F4U コルセア」のような逆ガル翼形状であったことから「コルセアウィング」とも呼ばれた。

これらの設計は、エアロダイナミスト(空力設計者)のジャン=クロード・ミジョーのアイデアである。フロントセクションを持ち上げる設計は翌年以降、多くのチームのマシンにも採用された。ジョーダン・191のような019と似た形状のものだけでなく、ベネトン・B191のようにフロントウィングの左右を繋ぎ、ノーズから2本のピラーで吊り下げるような形状のものも登場した。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

  • 型名 019
  • ホイルベース 2,980 mm
  • 前トレッド 1,800 mm
  • 後トレッド 1,600 mm
  • 重量 500 kg
  • 燃料タンク容量 190 L
  • サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン、プッシュロッド、シングルダンパー
  • サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン、プッシュロッド
  • ダンパー コニ
  • ギアボックス ティレル製6速マニュアル
  • ブレーキ AP
  • クラッチ ボーグ&ベック / AP
  • タイヤ ピレリ

エンジン[編集]

戦歴[編集]

019のデビューは1990年の第3戦サンマリノGPだった。このレースには3台の019が持ち込まれ、ジャン・アレジが6位に入賞し1ポイントを獲得したが、中嶋悟はスタート直後にイヴァン・カペリと接触事故を起こし、マシンが大破した。

アレジは続くモナコGPで2位に入ったが、以後のレースではポイントを獲得することができなかった。018で2位に入ったアメリカGPと合わせ、13ポイントを獲得しドライバーズランキング9位になった。中嶋はイタリアGP日本GPで6位に入り、018で6位に入ったアメリカGPの成績と合わせ3ポイントを獲得しランキング15位となった。コンストラクターズランキングは16ポイントで5位となり、市販エンジンを使用するチームとしては前年に続き最上位となった。

エピソード[編集]

後継車020のアンヘドラルウィング ベネトン・B192の吊り下げ式ウィング
後継車020のアンヘドラルウィング
ベネトン・B192の吊り下げ式ウィング
  • 019の空力設計を担当したミジョーによると、ハイノーズは彼がルノーに在籍していた1985年から温めていたアイデアだという[6]。元々のデザインはベネトンと同じく、左右2本のピラーで一枚のウィングを吊り下げる方式だった[4]。そこから、車体底面への気流の流れを邪魔する中央部分のフラップを外してウィングを左右に分割し、垂直のピラーでL字型に吊り下げる形に変えた。しかし、それを見たポスルスウェイトが「格好悪い」と言い出したので、見た目を良くするためにピラーに角度を付けた逆ガル翼形状にしたのだという[4]
  • ティレルはロスマンズタバコをスポンサーに迎える交渉を密かに進めており、019はロスマンズカラーをまとう予定だった[7]。結局、ロスマンズとの交渉は不調に終わったが、「濃紺×白」というデザイン案だけはそのまま採用されることになった。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1990年 ティレル・レーシング・オーガニゼーション コスワース DFR
V8
P USA BRA SMR MON CAN MEX FRA GBR GER HUN BEL ITA POR ESP JPN AUS 16 5位
中嶋悟 Ret Ret 11 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 6 DNS Ret 6 Ret
ジャン・アレジ 6 2 Ret 7 Ret 8 11 Ret 8 Ret 8 Ret DNS 8

7ポイントをティレル・018が獲得した。

脚注[編集]

  1. ^ 1990 Tyrrell 019 Cosworth - images, Specifications and Information”. Ultimatecarpage.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ STATS F1 - Tyrrell 019”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  3. ^ 通常のツインショック式では左右のタイヤを個別のコイル/ダンパーユニットで制御するが、モノショックでは単体のユニットにリンクすることで車体の横方向への傾き(ロール)を抑制する。
  4. ^ a b c 『GP CAR STORY Vol.4 ティレル019・フォード』、41頁。
  5. ^ アンダーパネル前部の延長部分は「シリープレート」または「ティートレイ」と呼ばれる。
  6. ^ 『GP CAR STORY Vol.4 ティレル019・フォード』、39頁。
  7. ^ 『GP CAR STORY Vol.4 ティレル019・フォード』、29頁。

参考文献[編集]

  • 『GP CAR STORY Vol.4 ティレル019・フォード』、三栄書房、2013年6月、ISBN 9784779618284