ベネトン・B192

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネトン・B192
Benetton B192 front-right 2010 Pavilion Pit Stop.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ベネトン
デザイナー ロス・ブラウン
ロリー・バーン
先代 ベネトン・B191
後継 ベネトン・B193A
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン フォード HBA5 / HBA7, 3,494 cc (213.2 cu in), 75度 V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ベネトン製 6速 MT
燃料 モービル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ベネトン・フォーミュラ Ltd
ドライバー 19. ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
20. イギリスの旗 マーティン・ブランドル
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1992年スペイングランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
13 1 0 2
テンプレートを表示

ベネトンB192 (Benetton B192) は、ベネトン・フォーミュラ1992年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。設計者はロス・ブラウンロリー・バーン1992年の第4戦から最終戦まで実戦投入された。

B192[編集]

1991年のマシンであるB191で初めて導入されたハイノーズ+吊り下げ型ウイングをロリー・バーンがレイナードで実践したデザインに改良。ノーズの鼻先を持ち上げてウィングとの距離を広げ、空力的メリットをより積極的に引き出そうとした。太く丸いノーズは、スポンサーであるキャメルの黄色から「バナナノーズ」と呼ばれた。

1992年シーズンはアクティブサスペンショントラクションコントロールなどの電子制御装置が脚光を浴びた。ベネトンはハイテク競争に出遅れ、B192はマニュアルギアボックスとパッシブサスペンションのノンハイテクマシンであったが、エンジンとマシンの信頼性を武器に戦い、ミハエル・シューマッハマーティン・ブランドル合わせて10回の表彰台に上がった。また、雨のベルギーGPではシューマッハが初優勝を遂げた。

ちなみに1994年パシフィックが投入した「PR01」は、ロリー・バーンがレイナードに在籍していたときのデザインを流用して作られたマシンということもあり、本マシンとデザインが酷似している。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 フォードHBシリーズVII
  • 気筒数・角度 V型8気筒・75度
  • 排気量 3,494cc
  • 最高回転数 13,800回転
  • 最大馬力 740馬力以上
  • スパークプラグ チャンピオン
  • 燃料・潤滑油 モービル

記録[編集]

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1992 B192 南アフリカ共和国の旗 メキシコの旗 ブラジルの旗 スペインの旗 サンマリノの旗 モナコの旗 カナダの旗 フランスの旗 イギリスの旗 ドイツの旗 ハンガリーの旗 ベルギーの旗 イタリアの旗 ポルトガルの旗 日本の旗 オーストラリアの旗 91 3位
19 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ 4 3 3 2 Ret 4 2 Ret 4 3 Ret 1 3 7 Ret 2
20 イギリスの旗 マーティン・ブランドル Ret Ret Ret Ret 4 5 Ret 3 3 4 5 4 2 4 3 3

脚注[編集]

  1. ^ STATS F1 - Benetton B192”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。