ベネトン・B196

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネトン・B196
カテゴリー F1
コンストラクター ベネトン
デザイナー ロス・ブラウン, ロリー・バーン
先代 ベネトン・B195
後継 ベネトン・B197
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) プッシュロッド, ダンパー3基
サスペンション(後) プッシュロッド, ダンパー2基
エンジン ルノー RS8/RS8B 67度 V10
トランスミッション ベネトン製 7速 縦置き セミAT
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム マイルドセブンベネトンルノー
ドライバー 3. フランスの旗 ジャン・アレジ
4. オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー
出走時期 1996年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1996年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 3
テンプレートを表示

ベネトン・B196 (Benetton B196) はベネトン・フォーミュラ1996年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはロス・ブラウンロリー・バーン

概要[編集]

前年度のチャンピオンマシンB195をベースに正常進化させたモデル。チーム初のダブルタイトルをもたらしたミハエル・シューマッハフェラーリへ移籍し、シューマッハと入れ替わる形でジャン・アレジゲルハルト・ベルガーを迎えた。デザイナーのバーンは「シューマッハ・スペシャル」的な尖ったマシンから、ドライバーフレンドリーな方向への修正を目指したが上手くいかず、アレジとベルガーはドライビング面で苦戦を強いられることになった。

レギュレーション改訂によりコクピット両脇にプロテクターの装着が義務化された。ベネトンは規格通りにプロテクターをデザインした結果、インダクションポッド周辺の気流が乱れ、エンジンの吸気効率が悪化してしまった。とりわけ、長身のベルガーはヘルメットの位置が高くなるので、コクピット内部を作り変えなければならなかった。

セミオートマチックギアボックスは6速から7速に変更された。

結果的に、この年は1988年以来となるシーズン未勝利に終わる。両ドライバーは健闘を見せたものの、モナコGPではアレジが、ドイツGPではベルガーがそれぞれトップに立つもののマシントラブルによりノーポイントに追い込まれるなど、信頼性の面にも問題が見られた。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 ルノーRS8/RS8B
  • 気筒数・バンク角 V型10気筒・67度
  • 燃料・潤滑油 エルフ

成績[編集]

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1996 B196 オーストラリアの旗 ブラジルの旗 アルゼンチンの旗 欧州連合の旗 サンマリノの旗 モナコの旗 スペインの旗 カナダの旗 フランスの旗 イギリスの旗 ドイツの旗 ハンガリーの旗 ベルギーの旗 イタリアの旗 ポルトガルの旗 日本の旗 68 3位
3 フランスの旗 ジャン・アレジ Ret 2 3 Ret 6 Ret 2 3 3 Ret 2 3 4 2 4 Ret
4 オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー 4 Ret Ret 9 3 Ret Ret Ret 4 2 13 Ret 6 Ret 6 4