ベネトン・B191

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネトン・B191
ベネトン・B191B
2006年のグッドウッドフェスティバルで走行するB191
2006年のグッドウッドフェスティバルで走行するB191
カテゴリー F1
コンストラクター ベネトン
デザイナー ジョン・バーナード
マイク・コフラン
先代 ベネトン・B190
後継 ベネトン・B192
主要諸元[1][2]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン フォード HBA5, 3,494 cc (213.2 cu in), 75度 V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ベネトン製 6速 セミAT
燃料 モービル
タイヤ 1991年: ピレリ
1992年: グッドイヤー
主要成績
チーム ベネトン・フォーミュラ Ltd
ドライバー 19. ブラジルの旗 ロベルト・モレノ
19. ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
20. ブラジルの旗 ネルソン・ピケ
20. イギリスの旗 マーティン・ブランドル
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1991年サンマリノグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 1 0 1
テンプレートを表示

ベネトンB191 (Benetton B191) は、ベネトン・フォーミュラ1991年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラカー。設計者はジョン・バーナード1991年の第3戦から最終戦まで使用され、1992年は開幕戦から第3戦までB191Bが使用された。

B191[編集]

1990年ティレル019で導入したハイノーズ+アンヘドラルウイングは、フロントウイングの面積が減ることや、強度が低下することが難点となっていた。そこでバーナードは同じハイノーズでもフロントウイングとノーズを完全に分離して、それらを2枚の板で吊り下げるデザインを考案。そのアイデアが投入されたマシンがB191である。フロントまわりはB190とはまったく違うが、リヤ周りはB190と似ている。B191のフロントのデザインはこれ以後、他チームに大きな影響を与えた。

また、何らかの形でアドバンテージを有したいバーナードは、タイヤをグッドイヤーからピレリに変更。さらに前面投影面積の減少による空気抵抗の軽減を狙い、幅が1インチ小さい特注タイヤを供給してもらう。

それ以外にも、バーナードは部品点数を少なくしてシンプルなマシンを作るという目標をB191に設定していた。

カラーリングはキャメルがメインスポンサーに付いたことで、キャメルイエローを基調とした配色にまとめられた。

1991年シーズン[編集]

ベネトンはトップチームの中で唯一ピレリタイヤを選択したが、アドバンテージにはつながらなかった。マクラーレンウィリアムズといった上位チームに勝負するには至らず、ネルソン・ピケが第5戦カナダグランプリで幸運な1勝を得るにとどまった。

第12戦イタリアグランプリから、ロベルト・モレノに代わってミハエル・シューマッハがデビューし、いきなりネルソン・ピケの予選順位を上回るなど、活躍を見せた。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

  • シャーシ名 B191
  • 全長 4,075 mm
  • 全幅 2,140 mm
  • 前トレッド 1,818 mm
  • 後トレッド 1,720 mm
  • ホイルベース 2,880 mm
  • 重量 505 kg
  • 燃料タンク容量 200L
  • クラッチ AP
  • ブレーキキャリパー ブレンボ
  • ブレーキディスク・パッド SEPヒトコ
  • ホイール O・Z
  • タイヤ ピレリ

エンジン[編集]

B191B[編集]

1992年のマシン、B192が投入されるまでのつなぎのマシンとして第3戦まで使用された。タイヤサプライヤーであったピレリが撤退したことによってグッドイヤーに変更された。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

  • シャーシ名 B191B
  • 全長 4,075 mm
  • 全幅 2,140 mm
  • 前トレッド 1,818 mm
  • 後トレッド 1,720 mm
  • ホイルベース 2,880 mm
  • 重量 505 kg
  • 燃料タンク容量 200L
  • クラッチ AP
  • ブレーキキャリパー ブレンボ
  • ブレーキディスク・パッド SEPヒトコ
  • ホイール O・Z
  • タイヤ グッドイヤー

エンジン[編集]

  • エンジン名 フォードHBシリーズVI
  • 気筒数・角度 V型8気筒・72度
  • 排気量 3,494cc
  • 最高回転数 13,800回転
  • 最大馬力 740馬力以上
  • スパークプラグ チャンピオン
  • 燃料・潤滑油 モービル

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1991年 ベネトン・B191 フォード HBA5
V8
P USA BRA SMR MON CAN MEX FRA GBR GER HUN BEL ITA POR ESP JPN AUS 38.5* 4th
ロベルト・モレノ 13 4 Ret 5 Ret Ret 8 8 4
ミハエル・シューマッハ 5 6 6 Ret Ret
ネルソン・ピケ Ret Ret 1 Ret 8 5 Ret Ret 3 6 5 11 7 4
1992年 ベネトン・B191B フォード HBA5
V8
G RSA MEX BRA ESP SMR MON CAN FRA GBR GER HUN BEL ITA POR JPN AUS 91* 3rd
ミハエル・シューマッハ 4 3 3
マーティン・ブランドル Ret Ret Ret

脚注[編集]

  1. ^ STATS F1 - Benetton B191”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ STATS F1 - Benetton B191B”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。