フェラーリ・642

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ・642
アラン・プロストがドライブする642、1991年モナコグランプリ
カテゴリー F1
コンストラクター フェラーリ
デザイナー スティーブ・ニコルズ
ジャン=クロード・ミジョー
先代 フェラーリ・641/2
後継 フェラーリ・643
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー コンポジット モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド トーションバー・スプリング テレスコピック・ショックアブソーバー, アンチロールバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド コイルスプリング テレスコピック・ショックアブソーバー, アンチロールバー
トレッド 前:1,800 mm (71 in)
後:1,675 mm (65.9 in)
ホイールベース 2,830 mm (111 in)
エンジン フェラーリ Tipo 037, 3499cc, 65度 V12, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション フェラーリ製 7速 セミAT
重量 505 kg (1,110 lb)
燃料 アジップ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム スクーデリア・フェラーリ SpA
ドライバー 27. フランスの旗 アラン・プロスト
28. フランスの旗 ジャン・アレジ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1991年アメリカグランプリ
最終戦 1991年メキシコグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
6 0 0 2
テンプレートを表示
1991年のアメリカGPジャン・アレジがドライブする642

フェラーリ642 (Ferrari 642) は、スクーデリア・フェラーリ1991年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、スティーブ・ニコルスが設計した。1991年の開幕戦から第6戦まで実戦投入された。

642[編集]

1990年シーズンで終盤までタイトル争いに加わっていたフェラーリは、642を641/2の改良型として開発した。全体的なプロポーションは似ていたが、新レギュレーションにそって燃料タンク周りや、エアロダイナミクス面での改良が各部に施されている。ただし、開幕前からすでに643の登場が噂されていた。

第3戦サンマリノGPから、サイドポンツーンがコンベンショナルな形状に変更され、ディフューザーを変更した。この改良を施されたマシンは642/2と呼称される時もある。この時点で639から続いていた、サイドポッドの流れるような円形の曲線が消滅した。第4戦モナコGPではエンジンに可変吸気システムが導入されるも効果を確かめることが出来ず、一旦お蔵入りになった。第5戦カナダGPでは左右のフロントサスを連結させる、モノショックの様なシステムを導入した。また、ジョン・バーナードが以前テストで試した、トーションバースプリングをフロントサスペンションに採用した。空力とサスペンション特性がうまくかみ合わず、燃料消費に伴う重量変化によって挙動が大きく変わる事が判明、開幕前の好調がシーズンが始まると消えていた。

1991年シーズン[編集]

シーズンオフのテストではファステストラップを記録するなど、快調だった。

開幕戦ではプロストが2位入賞、アレジがファステストラップを記録するも、マクラーレンホンダの速さに及ばなかった。

シーズン中には特にフロント周りに頻繁に変更が加えられ、複数のダンパーを試して空力を見直したが、マクラーレンだけでなくウィリアムズルノーにも先を越される状況となった。

第7戦フランスGPから642にかわって643が実戦投入された。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

記録(第7戦以降は643を使用)[編集]

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1991 642
643
アメリカ合衆国の旗 ブラジルの旗 サンマリノの旗 モナコの旗 カナダの旗 メキシコの旗 フランスの旗 イギリスの旗 ドイツの旗 ハンガリーの旗 ベルギーの旗 イタリアの旗 ポルトガルの旗 スペインの旗 1991年日本グランプリ (4輪) オーストラリアの旗 55 3位
27 フランスの旗 アラン・プロスト 2 4 Ret 5 Ret Ret
28 フランスの旗 ジャン・アレジ 12 6 Ret 3 Ret Ret

 

商品化[編集]

1991年当時ロッソとハセガワから1/24スケールのプラモデルが発売された。この時の名称はフェラーリ642だったが、2007年にハセガワ版が再発売された際にはF1-90という名称だった。ハセガワによるとフェラーリ側では642はF1-90の91年仕様という位置付になっているという。マテルから2010年から2011年にかけて発売された642と643のミニカーはどちらもパッケージの名称はF1-91だったが輸入元の京商は642、643という名称で販売した。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.statsf1.com/en/ferrari-642.aspx