ピエロ・タルッフィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエロ・タルッフィ
Piero Taruffi.jpg
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
F1での経歴
所属チーム '50 アルファロメオ
'51-55 フェラーリ
'55 メルセデス
'56 マセラティ
'56 ヴァンウォール
活動時期 1950-1956
出走回数 45
優勝回数 1
通算獲得ポイント 77.64
表彰台(3位以内)回数 5
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
F1デビュー戦 1950年イタリアGP
初勝利 1952年スイスGP
最終勝利 1952年スイスGP
最終戦 1956年イタリアGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ピエロ・タルッフィPiero Taruffi, 1906年10月12日 - 1988年1月12日)は、イタリアローマ出身の元フォーミュラ1 ドライバーである。

経歴[編集]

オートバイ[編集]

オートバイライダーとしてデビューし頭角を現し、1932年にはノートンでヨーロッパ選手権(500cc)のチャンピオンとなった。また1937年にはオートバイでの世界最高速記録を樹立した(279.503 km/h)。

F1[編集]

1950年イタリアGPで、地元イタリアのアルファ・ロメオからF1ドライバーとしてデビューした。翌1951年フェラーリに移籍し、1955年まで所属した。なお1952年スイスGPで初優勝を飾った。

1955年にメルセデス・ベンツに移籍したものの、同チームが同年のル・マン24時間レースで200名以上の観客を死傷させる大惨事を起こしモータースポーツから撤退したために、翌1956年は再びイタリアのマセラティに移籍した。

なお、同年後半はイギリスヴァンウォールに移籍し、同年のイタリアGPを持ってF1から引退した。F1における優勝は1回。予選での最高位は2位で、フロントローは4回獲得している。

他のレース[編集]

1957年ミッレミリア優勝者でもあり、1977年のミッレミリア・ストーリカとして復活するまでの同レース最後の勝者でもある。また、ミッレ・ミリアと並ぶ伝説的なレースであるタルガ・フローリオでも優勝している。

日本のモータースポーツへの貢献[編集]

1960年代初頭の日本のモータースポーツ黎明期において、日本に本場のヨーロッパ流のモータースポーツを根付かせることに大きく貢献した。1964年鈴鹿サーキットで開催された「第2回日本グランプリ」の名誉総監督として運営に対するアドバイスを行ったほか、千葉県船橋市に開設された船橋サーキットのコース監修をつとめた。

また、生沢徹式場壮吉などの、当時の日本人トップレーシングドライバーに対するレーシングドライビングテクニックの講習を行うなど、その貢献は多岐にわたった。晩年まで度々来日している。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 WDC ポイント
1950年 アルファ・ロメオ 158 GBR MON 500 SUI BEL FRA ITA
Ret*
NC
(60位)
0
1951年 フェラーリ 375 F1 SUI
2
500 BEL
Ret
FRA GBR GER
5
ITA
5
ESP
Ret
6位 10
1952年 500 SUI
1
500 BEL
Ret
FRA
3
GBR
2
GER
4
NED ITA
7
3位 22
1954年 625 ARG 500 BEL FRA GBR GER
6
SUI ITA
DNA
ESP NC
(31位)
0
1955年 555 ARG MON
8*
500 BEL
DNA
NED 6位 9
ダイムラー・ベンツ W196 GBR
4
ITA
2
1956年 マセラティ 250F ARG MON 500 BEL FRA
Ret
GBR GER NC
(57位)
0
ヴァンダーヴェル VW 2 ITA
Ret

脚注[編集]

[ヘルプ]