フェラーリ・248F1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ 248F1
2006年カナダGPでの248F1ミハエル・シューマッハがドライブ
カテゴリー F1
コンストラクター フェラーリ
デザイナー アルド・コスタ
先代 フェラーリ・F2005
後継 フェラーリ・F2007
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, トーションバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, トーションバー
エンジン フェラーリ Tipo056 2397cc 90度 V8 縦置き NA
トランスミッション フェラーリ製 7速 縦置き セミAT シーケンシャル
燃料 シェル
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム スクーデリア・フェラーリマールボロ
ドライバー 5. ミハエル・シューマッハ
6. フェリペ・マッサ
出走時期 2006年
表彰台(3位以内)回数 19
通算獲得ポイント 201
初戦 2006年バーレーンGP
初勝利 2006年サンマリノGP
最終戦 2006年ブラジルGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
18 9 7 9
テンプレートを表示


フェラーリ248F1 (Ferrari 248F1) は、スクーデリア・フェラーリ2006年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー2006年の開幕戦から、最終戦まで実戦投入された。フェラーリとしてのコードナンバーは657。

248F1[編集]

248F1は、2.4リッターV8エンジンを搭載したF1マシン、から取られた

2005年シーズンにおいてタイトルをついに失ったフェラーリは、2006年に向けてもう一度レギュレーションを読み返し、効率よくダウンフォースを発生できるような車体を生み出すことに専念した。また、F2005で使った特徴的なフロントウイング(小形のウイングがメインエレメント前方についている)を廃止し、翼端版からノーズへと繋がるアッパーエレメント(ブリッジウイング)を導入した。また、ディフューザーを再設計したことにより、トップコンテンダーに復活した。

開幕戦ではリアウイングが風圧によって変形し、ドラッグを減らすフレキシブル構造ではないかと話題になった。第2戦マレーシアGPではブリッジウィングの基部が動くような映像が車載カメラに捉えられた。

レギュレーション変更を受けて開発されたTipo056エンジンは、2005年から2006年のオフにかけてF2004に搭載してテストされた。シーズン開幕後すぐの第1,2戦で新型V8エンジンTipo056にピストンにクラックが入る問題が生じた。これはヨーロッパラウンドに入る直前に解消された。タイトル争いも終盤になった第16戦中国GPに大幅な改良を加えたTipo056のCスペックエンジンを投入。中国GPはシューマッハが制したが、次の第17戦日本GPでエンジンブローに見舞われた。シーズン終盤に再びエンジンの信頼性に苦しむこととなった。

2006年シーズン[編集]

2005年が散々な結果に終わったフェラーリは、2006年に見事な復活を遂げた。開幕戦でミハエルがポールポジションを獲得。これはアイルトン・セナの記録に並ぶ65回目のポールポジションだった。決勝ではピットストップでルノーフェルナンド・アロンソに交わされるまでトップを走行した。しかし第2,3戦は一転して失速。ブリヂストンの新型タイヤをうまく使いこなせていなかった。

ヨーロッパラウンドに入ると、フェラーリは息を吹き返した。第4,5戦を連勝で飾った。これでタイトル争いに絡んできたが、その後はしばらくアロンソの後塵を拝することとなった。

状況が一転したのは第10戦アメリカGPである。このレースを圧倒的な速さで制したミハエルは3連勝でアロンソに追いつく。その後若干離されるも第15戦イタリアGPでアロンソがリタイヤするのを尻目にミハエルが優勝。そして同時に2006年シーズンでの引退を発表した。次戦中国GPでついにポイントリーダーの座を奪い、タイトル争いで主導権を握ったかに見えたが、第17戦日本GPでまさかのリタイヤ。最終戦も予選での燃料タンクのトラブル、決勝でのタイヤパンクなど最悪の状況に陥るも、他車より1秒速いラップタイムを刻み、最後尾から4位入賞。引退レースでとても印象に残るレースを披露した。

2006年-2007年シーズンオフ[編集]

マクラーレンより移籍してきたキミ・ライコネンはまず248F1での走行を行った。その後はF2007が2台完成するまでの間、タイヤテストなどで使用された。

スペック[編集]

2006年のアメリカGPインディアナポリスを走行する248F1(ドライバーはミハエル・シューマッハ
2006年のカナダGPジル・ヴィルヌーヴ・サーキットを走行する248F1(ドライバーはフェリペ・マッサ

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 Tipo056
  • 気筒数・角度 V型8気筒・90度
  • 排気量 2,397cc
  • シリンダーブロック アルミニウム
  • ピストンボア 98mm
  • エンジン重量 95kg
  • スパークプラグ NGK
  • 燃料・潤滑油 シェル

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ポイント ランキング
BHR
バーレーンの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
AUS
オーストラリアの旗
SMR
サンマリノの旗
EUR
欧州連合の旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
GBR
イギリスの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
TUR
トルコの旗
ITA
イタリアの旗
CHN
中華人民共和国の旗
JPN
日本の旗
BRA
ブラジルの旗
2006 5 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ 2 6 Ret 1 1 2 5 2 2 1 1 1 8 3 1 1 Ret 4 201 2位
6 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ 9 5 Ret 4 3 4 9 5 5 2 3 2 7 1 9 Ret 2 1

脚注[編集]

  1. ^ 第9戦カナダGPと第15戦イタリアGPではカーボンインダストリーを使用。それ以外はブレンボを使用。