フェラーリ・643

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ・643
2006年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて。No.27はアラン・プロストの車番。
カテゴリー F1
コンストラクター フェラーリ
デザイナー スティーブ・ニコルズ
ジャン=クロード・ミジョー
先代 フェラーリ・642
後継 フェラーリ・F92A
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバーコンポジット モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド トーションバー・スプリング テレスコピック・ショックアブソーバー, アンチロールバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド コイルスプリング テレスコピック・ショックアブソーバー, アンチロールバー
エンジン フェラーリ Tipo 037, 3499cc, 65度 V12, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション フェラーリ製 643 7速 セミAT
燃料 アジップ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム スクーデリア・フェラーリ SpA
ドライバー 27. フランスの旗 アラン・プロスト
28. フランスの旗 ジャン・アレジ
27. イタリアの旗 ジャンニ・モルビデリ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1991年フランスグランプリ
最終戦 1991年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
10 0 0 0
テンプレートを表示

フェラーリ643 (Ferrari 643) は、スクーデリア・フェラーリ1991年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、スティーブ・ニコルスジャン=クロード・ミジョーが設計した。1991年の第7戦から最終戦まで実戦投入された。

643[編集]

1991年シーズン第7戦フランスGPに投入されたのが643である。モノコック側面部をカーボン地のままにするなど、マクラーレン風のデザインになっている。モノコック先端が持ち上げられたハイノーズが導入されてノーズ自体も細くなった他、サイドポンツーン自体が642とは違って短くされた伝統的な形状となっており、従来のジョン・バーナードがデザインした639640641、641/2642とはまったく違ったデザインとなっている。デビュー戦のフランスGPでは2位になったが、その後のGPでは特に活躍が見られなかった。最終戦オーストラリアGPでは、プロストの代わりにテストドライバーであったジャンニ・モルビデリがドライブした。

1991年シーズン[編集]

デビュー戦のフランスGPでは地元で強さを見せるアラン・プロストが予選2位を獲得。レースでも中盤にウィリアムズナイジェル・マンセルに抜かれるまでトップを走行し、不振脱出の手掛かりをつかんだように見えた。

しかし、低ダウンフォース時のマシンの不安定さは解消されず、エンジントラブルも頻発した。ベルギーGPではジャン・アレジがタイヤ無交換作戦でトップに立つが、エンジンブローにより初優勝を逃した。

このような散々な状況の元、チームに対して批判的な言動を行っていたプロストは、日本GP後にチームから解雇されてしまった。最終戦はプロストの代役として、テストドライバーのジャンニ・モルビデリが起用された。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

記録(第7戦以降は643を使用)[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
MEX
メキシコの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
1991 27 フランスの旗 アラン・プロスト 2 3 Ret Ret Ret 3 Ret 2 4 55.51 3位
イタリアの旗 ジャンニ・モルビデリ 6
28 フランスの旗 ジャン・アレジ 4 Ret 3 5 Ret Ret 3 4 Ret Ret

脚注[編集]

  1. ^ http://www.statsf1.com/en/ferrari-643.aspx