リッチー・ギンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リッチー・ギンサー
Richie Ginther 1966 NÃŒrburgring.JPG
基本情報
フルネーム ポール・リチャード・ギンサー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・カリフォルニア州ロサンゼルスハリウッド
生年月日 1930年8月5日
没年月日 1989年9月20日(満59歳没)
F1での経歴
所属チーム フェラーリ, BRM, ホンダ, クーパー, イーグル
活動時期 1960 - 1967
出走回数 54
優勝回数 1
通算獲得ポイント 107
表彰台(3位以内)回数 14
ポールポジション 0
ファステストラップ 3
F1デビュー戦 1960年モナコGP
初勝利 1965年メキシコGP
最終勝利 1965年メキシコGP
最終戦 1967年モナコGP
タイトル 0
テンプレートを表示

リッチー・ギンサーPaul Richard "Richie" Ginther,1930年8月5日 - 1989年9月20日)は、アメリカ人のF1ドライバー。

経歴[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルスハリウッドで、3人兄弟の末っ子として生まれる。1946年頃には、兄の友人であるフィル・ヒルからドライビングテクニックを教わると言う幸運にも恵まれた。高校卒業後、一旦は就職するが約1年半後に退職し、フィル・ヒルのメカニックとなり、レースの世界へと足を踏み入れる事となる。21歳の時、2年間の兵役に着き、終了と共にフィル・ヒルの元に戻り、本格的にレースに打ち込んだ。

1956年、フィル・ヒルと共にメキシカン・パン・アメリカン・レースにフェラーリで出場。その後、アメリカ国内のレースに数多く出場し、1957年にはフェラーリでル・マン24時間レースをも走っている。

1960年、フェラーリのメンバーとしてアルゼンチン1000kmに出場し2位となり、この年、モナコグランプリでフェラーリのドライバーとしてF1デビューして6位に入賞した。更にこの年9月のイタリアグランプリでは、2位に入賞の快挙を成し遂げる。翌1961年は、フェラーリの市販車テスト・ドライバーも兼ねF1グランプリに常時出場、15ポイントを獲得しランキング5位となった。

1962年から1964年の3年間、BRMと契約。1962年は8位、1963年は2位、1964年が4位の好成績を残す。また、1964年にはF1史上5人目の年間全レース完走も達成した。

1965年にホンダと契約、最終戦メキシコグランプリで自身・ホンダ・グッドイヤーとも初となる優勝を遂げる。

1966年、新3リッター・レギュレーションのイタリアグランプリでホンダRA273を操るが、クラッシュで負傷。カムバックして翌1967年、同じアメリカ人のダン・ガーニーが主宰するイーグルへと加入するが、同年に引退する。

人物[編集]

ずば抜けた速さや、ここぞと言う時の粘りに欠けてしまい勝ち星に恵まれず、当時「ベストオブセカンドドライバー」「万年2位ドライバー」など、自身にとってはあまり嬉しくない評価をプレスから受けていたが、繊細な運転技術を持ち完走率が高くF1での経験も豊富だった。

「彼はとても繊細で、ドライバーとしては神経質な性格であり、人に対する信・不信の格差が比較的大きかった」と、当時ホンダF1のチーム監督を務めた中村良夫は後の著書の中で記載している。

F1を引退後はイーグル(AAR)で開発主任になるが、イーグルの経営が傾き始めると以前のように羽振りのいい生活も出来なくなりはじめ、去る事になる。後にカリフォルニア州ポルシェを走らせるレースに参加するようになるが、そのレースを止めてしまった後は、ヒッピー仲間に入って住所不定の暮らしをする。

1989年ドニントンパークで「BRMの歴史」と言うドキュメントビデオ撮影に招待された出席した後、フランスクレルモンフェランで行われる旧F1ドライバーの集いに参加するべく移動中に心臓発作で死去。59歳。

1965年メキシコグランプリ[編集]

メキシコグランプリが開催されるエルマノス・ロドリゲス・サーキットは標高2200メートルの高地に在る。中村良夫はここに目をつけ、グランプリ開催直前にテストを敢行。高地気圧条件、燃料噴射セッティング、高温対策に徹底的に取り組み、グランプリを迎えることとなる。また、中村良夫は元々中島飛行機出身であり、当時航空機エンジンに携わっていたことから、高地と言えども航空機の経験が有る為、他チームより優れたセッティングも可能であった。

予選は、ジム・クラークポールポジションを獲得し、ブラバムダン・ガーニーが2番手。そして、ホンダを駆るギンサーは3番手に付けた。因みに、この時のマシンは予選時からポールポジション奪取も可能な程の好調振りで、ギンサーはポールポジション獲得に向けタイムアタックに向かおうとしたが、本戦での優勝を期していた中村良夫に『決勝に向けてのマシン温存』を説かれ自重しての予選3位であった。

このマシン温存策が功を奏したのか、スタートダッシュの利かないジム・クラークのロータスを尻目にトップに踊り出たギンサーは、一度も首位を譲る事無くトップでフィニッシュラインを駆け抜けたのである。

このレースを指揮した中村良夫は、コース内の電信局からホンダ本社に向け"Veni Vidi Vici" (来た、見た、勝ったと言う意味のカエサルの戦勝報告)の一文を送信、デビュー以来わずか11戦目の快挙だった。それはまた、アメリカ人ギンサーとグッドイヤー・タイヤにとっても記念すべきF1初優勝となった。もう一台のロニー・バックナムも5位入賞。5年間続いた1.5リッターF1時代最後の一戦でホンダは勝利をものにした。

関連項目[編集]