ヨアキム・ボニエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨアキム・ボニエ
BonnierJo196608.jpg
基本情報
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
F1での経歴
所属チーム マセラティ ,BRM
ポルシェ ,ロブ・ウォーカー
ボニエ
活動時期 1956 - 1971
出走回数 104
優勝回数 1
通算獲得ポイント 39
表彰台(3位以内)回数 1
ポールポジション 1
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1956年イタリアGP
初勝利 1959年オランダGP
最終勝利 1959年オランダGP
最終戦 1971年アメリカGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ヨアキム・ボニエJoakim "Jo" Bonnier 1930年1月31日 - 1972年6月11日)はスウェーデン出身の元F1ドライバー。ジョー・ボニエヨー・ボニエとも表記される。

経歴[編集]

17歳からキャリアをスタートさせ、2輪レースやラリーに参戦。北欧仕込みの運転感覚で、氷上では無敵の強さを発揮したとされる。

F1[編集]

1956年最終戦イタリアGPにおいて、マセラティからF1デビュー。当時は珍しい北欧出身のF1レーサーとなったが、決勝はリタイヤ。翌1957年は4戦に参戦したが、うち3戦リタイヤとなり、完走は開幕戦のアルゼンチンGPのみとなった(7位)。

1958年も当初はプライベーターのマセラティから参戦するも、なかなか好成績を挙げられずにいた。しかし終盤にBRMのワークスチームに招かれると、移籍2戦目となる最終戦モロッコGPで4位に入り、初入賞を記録した。

1959年は第3戦オランダGPにおいて、予選でポールポジションを獲得。決勝でも、何度かラップリーダーの入れ替わる展開の中、ポールトゥーウィンを達成。自身及びBRMにとって初となる勝利を記録したが、その後は5位入賞1回という成績でシーズンを終えた。また結果的には、オランダGPがF1キャリア唯一の勝利・表彰台となった。

ヨアキム・ボニエ(1966年)

1960年もBRMから参戦するが、5位入賞2回という成績に終わる。1961年1962年はポルシェからの参戦となるが、どちらも入賞は5位・6位が1回ずつという結果となった。

その後、1963年から1965年までは、プライベーターの名門として知られたロブ・ウォーカー・レーシングから参戦。1966年以降は自らマシンを購入し参戦したが、1969年以降は参加レースが極端に減少。1971年も5戦のみの出走に留まり、最終戦アメリカGPをもって、F1から去ることとなった。

スポーツカーレース[編集]

1954年・1955年にスウェーデンのツーリングカー選手権に参戦するなど、F1参戦開始以前より、スポーツカーレースで活動。主な戦績では、1962年セブリング12時間レースフェラーリ250TRで、1964年ランス12時間レースを250LMで優勝。1966年のニュルブルクリンク1,000kmではフィル・ヒルと共にアメリカ製シャパラル2Dで勝利した。

ル・マン24時間レースには、1957年から参戦。1964年にグラハム・ヒルとのコンビでフェラーリ330Pを駆り、2位となったのが最高位となる。

キャリア最後の優勝は、1972年のル・マン4時間レースである。

[編集]

Joakim Bonnier (1965) by Erling Mandelmann.jpg

1972年のル・マン24時間レースには、ジェラール・ラルースジィズ・ヴァン・レネップと共にローラから参戦。計13度目の参加となった。

しかしレース中盤、ボニエのT280コスワースは下位クラスのフェラーリ・デイトナに接触し、ガードレールを飛び越えて木々を倒し、大破炎上。ボニエはマシンの中で即死していた。42歳。

補足[編集]

ホンダ[編集]

1964年ドイツGPにおいて、ホンダロニー・バックナムを起用し、自社製マシンRA271で初参戦を図った。これに際し、当時GPDAの会長だったボニエは「難コースであるニュルブルクリンクにおいて、新参のチームが新参のドライバーで参戦することはあまりに無謀であり、危険」とその参戦に反対した(最終的にホンダは参戦している)。

4年後の1968年メキシコGPにおいて、プラクティス2日目に自身のマクラーレンM5ABRM V12エンジンを壊した際、急遽ホンダにスペアカーの借用を申し出、RA301の2号車で予選・決勝に臨み5位入賞。一旦活動を終えるホンダに、最後のレースでの入賞をプレゼントする結果となった。

関連項目[編集]