ルイジ・ムッソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイジ・ムッソ
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1924年11月28日
没年月日 1958年7月6日(満33歳没)
F1での経歴
所属チーム マセラティフェラーリ
活動時期 1953 - 1958
出走回数 24
優勝回数 1
通算獲得ポイント 44
表彰台(3位以内)回数 7
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
F1デビュー戦 1953年イタリアGP
初勝利 1956年アルゼンチンGP
最終勝利 1956年アルゼンチンGP
最終戦 1958年フランスGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ルイジ・ムッソLuigi Musso1924年11月28日 - 1958年7月6日)は、イタリア出身のF1ドライバールイージ・ムッソと表記されることもある。

人物紹介[編集]

ローマで外交官の息子として生まれ、1950年よりレース活動を開始。当初はスポーツカーレースのみに参戦していたが、1953年に最終戦イタリアGPにて、マセラティからF1にデビューした。

1954年は3戦のみのエントリーだったが、最終戦スペインGPでは2位に入賞し、ノンタイトル戦として行われたコッパ・アチェルボで優勝。1955年も3位表彰台を含め2度の入賞を記録した。

1956年よりフェラーリに移籍し、開幕戦アルゼンチンGPで初優勝を達成[1]。しかし、ニュルブルクリンクで行われたスポーツカーレースでの事故により、シーズンの約半数を欠場する羽目になった。

1957年はフェラーリ全体で見れば、選手権創設初年度の1950年以来の未勝利という苦しいシーズンだった。しかし、ムッソは2位2回・4位1回、第4戦フランスGPでの初ファステストラップ獲得などで、ランキング3位を獲得。マイク・ホーソンピーター・コリンズを抑え、チームトップの成績を収めた。

1958年[編集]

1958年は開幕戦アルゼンチンGP・第2戦モナコGPと連続で2位に入り、モナコGP終了時にはランキングトップに位置していた。その後の2戦[2]でポイントを獲得出来ず首位の座は失ったものの、スターリング・モス、ホーソンに続くランキング3位の状態で、第6戦フランスGPを迎えた。

予選はホーソンがPP、ムッソが2番手グリッドとなり、決勝でも肉薄しつつそのままの順位でレースが進んだ。ホーソンの前に出るべくスピードを上げていたムッソだが、10周目にカーブで曲がりきれずクラッシュ。マシンは何度も横転しながら大破し、自身は即死。1954年第6戦ドイツGP予選時のオノフレ・マリモンに続き、F1では2例目の事故死者だった。

エピソード[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、ファン・マニュエル・ファンジオとのシェアドライブ(当時はマシンの交換が許されており、その場合ポイントが分割されるシステムだった)によるものであり、ファンジオがムッソと交代した後、1周遅れから挽回するというファンジオの力によるところが大きい内容だった。
  2. ^ 形式的にのみ加えられていた第4戦インディ500は除く。

関連項目[編集]