オノフレ・マリモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オノフレ・マリモン
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
F1での経歴
所属チーム スクデリアミラノ, マセラティ
活動時期 1951 , 1953 - 1954
出走回数 11
優勝回数 0
通算獲得ポイント 8.14
表彰台(3位以内)回数 2
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1951年フランスGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1954年イギリスGP
タイトル 0
テンプレートを表示

オノフレ・アグスティン・マリモンOnofre Agustín Marimón1923年12月19日 - 1954年7月31日)は、アルゼンチンのレーシングドライバーである。その風貌から「ピノチョ」の愛称を持っていた。

経歴[編集]

1951年第4戦フランスGPにてプライベート・マセラティのスクデリアミラノ・チームからスポット参戦し、F1デビュー。結果はリタイヤに終わっている。

その後暫くF1との縁がなくなるが、1953年には非選手権のローマGPで優勝。選手権にもマセラティで本格復帰となり、その初戦となった第4戦ベルギーGPでは3位に入り、初入賞を表彰台で飾っている。

1954年[編集]

1954年もマセラティから参戦。リタイヤが続いていたが、第5戦イギリスGPでは予選28位から追い上げ3位に入っている。この際にファステストラップ(以下:FL)も記録したが、当時は測定技術が発達しておらずタイム計測が秒単位だった為、マリモンを含め7人のFL記録者が出た。当時獲得者に与えられていた1ポイントを、7人に分散したため、0.14ポイントという端数が出ることとなった。

ようやく波に乗ったかに思えた矢先、イギリスGPに続いて開催された第6戦ドイツGPにて、予選中にクラッシュを起こした。マシンから投げ出されその下敷きとなったマリモンは胸を圧迫されて死亡、30歳だった。1950年に創設されたF1選手権において、初の死亡事故となった。

エピソード[編集]

  • 同胞の先輩であるファン・マヌエル・ファンジオの弟子・子分的存在であり、ヨーロッパ留学を始めた頃から、ファンジオは面倒を見ていた。走りもファンジオを手本とし、「テレパシーでアドバイスをしたかのように、自分が考えた通りの走りを見せていた」とファンジオが語るほどだったという。
  • それ故マリモンの事故死がファンジオに与えたショックは余りに大きく、悲報を聞いたその場で引退を決意したが、チームとの契約によりそれは許されなかった(映画「グレート・ドライバー」(原題"fangio")より)。

関連項目[編集]