マセラティ・ティーポ61

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドニントンパークを走行するティーポ61
エンジン周り

マセラティ・ティーポ61またはマセラティ・バードケージは1959年から1961年かけてマセラティが開発したレーシングカーである。ル・マン24時間レースに出場した実績もある。

軽量化と高剛性を両立させるべく技術陣が奮闘した結果、鳥籠のようなスペースフレームになった。クロムモリブデン鋼のパイプで構成されたフレームにより高剛性を確保していた。

戦歴[編集]

ティーポ61は1959年、「ロイド・ラッキー・キャスナー」の異名をとるロイド・キャスナー(en:Lloyd Casner)による運転でスターリング・モスで最初の優勝を飾った。[1]キャスナーはキャスナー自動車競技部門を設立して1960年のルマン24に参戦したが優勝できなかった。しかし、Camoradiチームが1960年と1961年にニュルブルクリンク1000km(en:1000 km Nürburgring)で優勝した。[2]

復刻[編集]

マセラティ・バードケージ 75thはピニンファリーナがデザインした。V12エンジン搭載。

出典[編集]

外部リンク[編集]


マセラティ S.p.A. ロードカータイムライン 1940-
タイプ 1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
エントリー ビトゥルボシリーズ ギブリIII
4ドアグラントゥーリズモ ロイヤル
クアトロポルテ I II III IV V VI
グラントゥーリズモ A6 3500GT セブリング 228 ギブリII
ミストラル カリフ グラントゥーリズモ
5000GT ギブリ カムシン シャマル 3200GT クーペ
2+2 メキシコ キャラミ
インディ
ミッドシップ メラク
ボーラ
オーナー オルシ・ファミリー シトロエン P デ・トマソ FIAT フェラーリ FIAT
レーシングカー: 26M8CV8RI6CM4CL/4CLT150Sティーポ63ティーポ65250F200S300S350S450Sティーポ61(バードケージ)ティーポ151ティーポ154MC12 GT1トロフェオ
ホモロゲーションモデル: バルケッタMC12
コンセプトカー: マセラティ・ブーメランバードケージ 75th
公式WEBサイト: MASERATI