ジャン・ベーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・ベーラ
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・ニース
生年月日 1921年2月16日
没年月日 1959年8月1日(満38歳没)
F1での経歴
所属チーム ゴルディーニ, マセラティ, BRM, フェラーリ
活動時期 1952 - 1959
出走回数 53 (52スタート)
優勝回数 0
通算獲得ポイント 51.14
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
初戦 1952年スイスGP
最終戦 1959年フランスGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ジャン・マリー・ベーラJean Marie Behra1921年2月16日 - 1959年8月1日)はフランス人のレーシングドライバーで、ゴルディーニマセラティBRMポルシェスクーデリア・フェラーリからF1に出走した。ベーラはフランスニースで生まれドイツベルリンで死去した。

人物[編集]

ベーラは小柄だががっちりした体格で、体重は178ポンド(約80キロ)あった[1]。ベーラは肩が大きく、12回にわたる事故により受けた傷跡があった。1955年には事故によって片耳を引きちぎられた。ベーラは時に素晴らしいドライブをしたが、熱意に欠けるドライブを見せることもあった[2]

キャリア概要[編集]

ベーラはスポーツカー、グランプリカーのレースへ転向するまで、モト・グッツィでオートバイレースに参戦した。1952年にベーラは4輪の競技参戦を開始した。 ヨアキム・ボニエは、自身のレーススキルは主にベーラから学んだと述べた[1]。ベーラはF1の世界選手権レースでは勝利を挙げることはできなかったが、モータースポーツへの抑えられない欲望をコントロールし、生涯、強力な選手であると見なされ続けた。ベーラは1952年に行われた非選手権レースのランスグランプリでF1での勝利を挙げると、1959年までに多くのレースに優勝したが、選手権レースで勝つことは一度もなかった。

ゴルディーニ[編集]

ベーラは、1952年の11月にメキシコで開催されたパンアメリカンロードレースにゴルディーニから参戦し、オアハカ州に居た。ベーラは、メキシコの南部国境からエル・パソに程近い シウダー・フアレスアメリカ=メキシコ国境まで、5日間で争われたこのレースの最初のステージに勝利した。初日、ベーラは19番目にスタートし、3時間41分44秒でゴールした[3]。競技2日目、ベーラはプエブラから約50マイル(80km)離れた地点のカーブでクラッシュした[4]。1954年4月のポーグランプリで、ベーラはレースの残り10分で先頭を追い抜き、優勝した。ベーラはマシントラブルのために何度もピットインしながらも、モーリス・トランティニアンを200ヤードの差で抑えた。ベーラは6気筒のゴルディーニをドライブしていた。[5]

1954年イギリスGPでは、F1世界選手権でベーラ自身唯一のファステストラップを記録したが、ファステストラップを記録したドライバーが7名いたため、ベーラには0.14ポイント(1ポイントの1/7)が与えられた。


マセラティ[編集]

1955年、ベーラは2年連続でポーグランプリを制したが、この年はマセラティのハンドルを握っていた。このレースはアルベルト・アスカリが19周目までリードしていたが、アスカリはブレーキトラブルで後退した。このレースは5万人の観衆を集め、16台出走のうち11台がフィニッシュした。[6]。ベーラとルイジ・ムッソはチームメイトとして1008kmで争われたモンツァの super-Cortemaggiori Grand Prix に出場した。二人は3000ccのマセラティをシェアし、6.3kmのサーキットのコースレコードとラップレコードを樹立し優勝した。[7]

1956年6月脚の手術を受け、モンツァグランプリ1000kmへの欠場を余儀なくされた[8]が、同年7月のルーアングランプリでポールポジションを獲得した。ベーラのマセラティは平均時速155.46kmで周回した[9]。また同年10月にマセラティをドライブし、2000ccのスポーツカーイベントとして開催されたローマグランプリを制した。優勝したベーラの走行距離は166.030kmだった。ベストラップは2分16秒9、平均174.003km/hで、これはカステルフサーノのコースレコードだった[10]

1957年4月ポーグランプリで最速のタイムを記録した。ベーラは2.77kmのコースを1分35秒7で周回し、これは自身の持つラップレコードから0.5秒遅れだった。レース距離は304.6km(約190マイル)で[11]、ベーラはポー市街地で開催されたこのレースを平均時速62.7マイル(時速約100.9km)で走りきり、勝利した[12]。 1957年5月、ベーラはミッレミリア用の車両テスト中に負傷した。ベーラは回復し、翌月の6月22日に開催されたル・マン24時間レースにマセラティから出走することになった[13]。ベーラは1957年8月にスウェーデンクリスチャンスタッドにある、ラベロフの6.537kmのアスファルト舗装のコースで開催されたスウェディッシュ6時間グランプリで勝利を収めた[14]。ベーラは翌月のモデナ・グランプリにも勝利した[15]


ポルシェ[編集]

ベーラはポルシェをドライブし、イギリス人ドライバーのグラハム・ヒルアラン・ステイシーを下して第6回ルーアン・グランプリを制した[16]。ベーラはオポルトで開催された1958年ポルトガルGPにはBRMから出走し、4位に入賞した[17]。ベーラはポルシェをドライブして9月に開催されたベルリン・グランプリに勝利した。ベーラは5.19マイル (8.35 km)のコースを20周し、48分14.8秒のタイムで優勝した[18]。最終的に1958年にヨーロッパで開催された8戦のスポーツカーレースでポルシェ・スパイダーをドライブし、複数回の優勝を記録した。F1にはBRMのみから参戦した[1]。ベーラは1958年10月にリバーサイドで開催されたレースでポルシェ・RSKをドライブして4位に入賞した。レース後、カサブランカで開催されたモロッコGPに出場するため、急いでレース場を後にし、飛行機でヨーロッパに戻った。ベーラは非常に急いでおり、飛行機に間に合わせるため、救急車に乗ってリバーサイドを後にした[19]


最後のシーズンと死[編集]

1959年、ベーラはフェラーリに移籍し、トニー・ブルックスのチームメイトになった。ベーラは4月にエイントリーで開催されたF1マシンによる200マイル (320 km)のレースで勝利した。ベーラは平均時速88.7マイル (142.7 km)を記録し、ブルックスが10秒差で2位に続いた[20]。ベーラはランスで開催されたフランスGPをピストン破損によりリタイアすると、激しい議論の末チームマネージャーのロモロ・タボーニを殴打し、即座にチームを追われた。

それから1ヶ月も経たないうちに、ベーラはベルリンアヴスで開催されたスポーツカーレースにポルシェ・RSKで参戦し、雨の中クラッシュした。このレースはドイツGPと併催で、グランプリの決勝前日に開催された[21]。ベーラは車両から投げ出されてコース外の旗ざおにぶつかり、その際に頭蓋骨を骨折し、死亡した。

このスポーツカーレースは、1500cc以下の小さな排気量の車両で争われた。3周が終了した時点で、ベーラはウォルフガング・フォン・トリップスヨアキム・ボニエ(この2人はレースを1位と2位で終えた)に次ぐ3位を走行していた。 AVUSは特徴あるレーストラックで、アウトバーンの車線を2.5マイル (4.0 km)にわたり使用していた。北行きと南行きの車線は15メートルほど離れていた。コースの一方の端は時速30マイル (48 km)ほどで通過するヘアピンになっていた。もう一方の端は、9メートルほどの高さの急なバンク角のついたカーブだった。ベーラは降り続ける雨の中、時速110マイル (180 km)で走行中にコントロールを失った。ベーラのポルシェはリアを左右に振り始めると、つるつるで急なバンクをリアから滑り上がった。そしてポルシェはスピンし、バンクの頂上に到達したときには、ノーズが上を向いていた。車両はバンクの頂上に側面から激しく着地し壊れて停止したが、レースは続行された。ベーラは車両から投げ出され、バンクの頂上に並ぶ、参加者の国旗を掲げた8本の旗ざおのうちの1本に衝突した。ベーラが衝突した旗ざおは、ほぼ半分の高さのところで折れ曲がった。

ベーラは林の中に落下し、パドックの道路わきまで転がった。そこはドライバーや車両がしばしばプラクティスを待つ場所だった。病院の発表によると、ベーラは肋骨のほとんどを骨折し、致命傷となる頭蓋骨に見舞われていた[21]。アヴスはアウトバーンA115の一部であり、A115はドイツの高速道路システムの主要な部分を担っている。


追悼[編集]

8月1日事故死してから6日後、ベーラはフランスニースに埋葬された。この間に3度の葬儀が行われた。最初はベルリン、次にパリだった。ニースでは、3000人もの会葬者が道に並んだ。

ベーラは19歳の息子、ジャン=ポールを遺した。ベーラの死去により、名声あるフランス人ドライバーはモーリス・トランティニアンだけになった。トランティニアンはベーラの家族を慰め、フランスの若手ドライバーに「国際モーターレースでフランスの色を守ろう」と呼びかけた。このレース界のグループの活動に名を寄せなかった著名人にはエンツォ・フェラーリが含まれていた。エンツォ・フェラーリはベーラの死の10日前に、ベーラをファクトリードライバーから外しており、ベーラの葬儀の会葬者への追悼のメッセージも送らなかった[22]


F1世界選手権での生涯成績[編集]

(key) (イタリック表記のレースはファステストラップ)

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 WDC Points
1952 ゴルディーニ ゴルディーニ タイプ16 ゴルディーニ
直6
SUI
3
500
BEL
Ret
FRA
7
GBR
GER
5
NED
Ret
ITA
Ret
11th 6
1953 ゴルディーニ ゴルディーニ タイプ16 ゴルディーニ
直6
ARG
6
500
NED
BEL
Ret
FRA
10
GBR
Ret
GER
Ret
SUI
Ret
ITA
NC 0
1954 ゴルディーニ ゴルディーニ タイプ16 ゴルディーニ
直6
ARG
DSQ
500
BEL
Ret
FRA
6
GBR
Ret
GER
10
SUI
Ret
ITA
Ret
ESP
Ret
26th 0.14
1955 マセラティ マセラティ 250F マセラティ
直6
ARG
6 *
MON
3 †
500
BEL
5 ‡
NED
6
GBR
Ret
ITA
4
9th 6
1956 マセラティ マセラティ 250F マセラティ
直6
ARG
2
MON
3
500
BEL
7
FRA
3
GBR
3
GER
3
ITA
Ret
4th 22
1957 マセラティ マセラティ 250F マセラティ
直6
ARG
2
MON
500
FRA
6
GBR
Ret
GER
6
PES
Ret
11th 6
マセラティ V12 ITA
Ret
1958 ケン・カバナー マセラティ 250F マセラティ
直6
ARG
5
11th 9
BRM BRM P25 BRM 直4 MON
Ret
NED
3
500
BEL
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
POR
4
ITA
Ret
MOR
Ret
1959 スクーデリア・フェラーリ フェラーリ ディーノ246 フェラーリ V6 MON
Ret
500
NED
5
FRA
Ret
GBR
17th 2
ジャン・ベーラ ベーラ-ポルシェ RSK ポルシェ F4 GER
DNS
POR
ITA
USA
* Indicates shared drive with Harry Schell
† Indicates shared drive with Cesare Perdisa
‡ Indicates shared drive with Roberto Mieres
スポーツのタイトル
先代:
スターリング・モス
BRDC International Trophy winner
1957
次代:
ピーター・コリンズ
記録
先代:
ファン・マヌエル・ファンジオ
52 entries, 51 starts
(1950 - 1958)
Most Grand Prix entries
53 entries, 52 starts
(1950 - 1959),
53rd at the 1959年ドイツGP
次代:
ハリー・シェル
56 entries
(56 starts),
54th at the 1959年イタリアGP

脚注[編集]

  1. ^ a b c Behra Arrives To Drive In $14,500 U.S. Grand Prix, ロサンゼルス・タイムズ, 1958年10月10日, ページ C1.
  2. ^ Grand Prix Drivers Accentuate The Positive, ニューヨーク・タイムズ, 1959年5月3日, ページ S7.
  3. ^ Behra and Faulkner Lead Sections On First Leg of Mexican Auto Race, ニューヨーク・タイムズ, 1952年11月20日, ページ 41.
  4. ^ Italian Auto Pilot Paces Mexican Race, ニューヨーク・タイムズ, 1952年11月21日, ページ 32.
  5. ^ Behra Wins Pau Auto Race, ニューヨーク・タイムズ, 1954年4月20日, ページ 37.
  6. ^ Behra Takes Pau Race; Italian Driver Is Killed, ニューヨーク・タイムズ, 1955年4月12日, ページ 34.
  7. ^ Behra, Musso Take Monza Race, ニューヨーク・タイムズ, 1955年5月30日, ページ 9.
  8. ^ Behra Faces Surgery, ニューヨーク・タイムズ, 1956年6月20日, ページ 37.
  9. ^ Behra At Pole Position, ニューヨーク・タイムズ, 1956年7月8日, ページ 144.
  10. ^ Behra Of France Takes Auto Race, 1956年10月22日, ページ 47.
  11. ^ Behra Has Fast Trial, April 21, 1957, Page 183.
  12. ^ Behra's Auto First In Pau Grand Prix, ニューヨーク・タイムズ, 1957年4月23日, ページ 37.
  13. ^ Jean Behra Rides Again After Accident, ワシントン・ポスト・アンド・タイムズ・ヘラルド, 1957年6月2日, ページ C5.
  14. ^ Behra Takes Auto Race, ニューヨーク・タイムズ, 1957年8月12日, ページ 23.
  15. ^ Briefs, ロサンゼルス・タイムズ, 1957年9月23日, ページ C2.
  16. ^ Behra Takes Rouen Race, ニューヨーク・タイムズ, 1958年6月9日, ページ 32.
  17. ^ Moss Wins Portugal's Grand Prix, ワシントン・ポスト・アンド・タイムズ・ヘラルド, 1958年8月25日, ページ A15.
  18. ^ Behra's Porsche Wins, ニューヨーク・タイムズ, 1958年9月22日, ページ 36.
  19. ^ Behra Makes Hurried Departure From Race, ロサンゼルス・タイムズ, October 13, 1958, ページ C2.
  20. ^ Behra's Ferrari First At Aintree, ニューヨーク・タイムズ, 1959年4月19日, ページ S1.
  21. ^ a b Jean Behra Killed In Race Crack-Up, ニューヨーク・タイムズ, 1959年8月2日, ページ S1.
  22. ^ A Tribute To Behra, ニューヨーク・タイムズ, 1959年8月11日, ページ 30.