モーリス・トランティニアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーリス・トランティニアン
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 ヴォクリューズ県・Sainte-Cécile-les-Vignes
F1での経歴
所属チーム ゴルディーニ ,エキュリーロジア ,
フェラーリ ,ヴァンウォール ,
R.R.C.ウォーカー ,
スクデリアチェントロ ,
BRM ,ロブ・ウォーカー ,
アストンマーチン ,
スクーデリア・セレニッシマ ,
レッグパーネル ,
モーリス・トランティニアン
活動時期 1950 – 1964
出走回数 82
優勝回数 2
通算獲得ポイント 71
表彰台(3位以内)回数 9
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
F1デビュー戦 1950年モナコGP
初勝利 1955年モナコGP
最終勝利 1958年モナコGP
最終戦 1964年イタリアGP
タイトル 0
テンプレートを表示

モーリス・トランティニアンMaurice Trintignant1917年10月30日 - 2005年2月13日)は、フランスの元F1ドライバー1954年ル・マン24時間レース覇者。

愛称は「ル・ペトゥーレネズミの糞)」。

経歴[編集]

第2次世界大戦前の1938年より、レースキャリアをスタート。戦時中はレースそのものが中止となり、トランティニアンもレースへの参戦が適わなかったが、戦後は再びレース活動を行った。

F1[編集]

1950年〜1953年[編集]

1950年に創設されたF1世界選手権においても、初年度より参戦、この際はゴルディーニから2戦に参加しどちらもリタイヤとなった。1951年も4戦に参戦したが、全てリタイヤとなっている。

1952年は第4戦フランスGPで5位に入り、初完走及び初入賞を記録。翌1953年にも、2度の5位を記録した。

1954年〜1955年[編集]

1954年は当初はエキュリーロジアより、プライベーターのフェラーリで参戦したが、その後ワークスチームに招かれることとなった。この年は参戦した8戦中、5度の入賞を記録。このうち第3戦ベルギーGPでは2位に入り、初の表彰台を記録している。また第6戦ドイツGPでも、3位表彰台を達成した。

1955年は開幕戦アルゼンチンGPで、予選14位から2位に入り、幸先の良いスタートを切った。続く第2戦モナコGPでは、予選9位から優勝。29戦目での初勝利だった。しかし、その後は入賞なしでシーズンを終えた。

この2年間、ランキングはともに4位となったが、結果的にはこれがトランティニアンのベストランクとなった。

1956年〜1957年[編集]

1956年は、地元の第5戦フランスGPのみブガッティ、他のレースではヴァンウォールから計5戦に参戦。しかし、全てリタイヤに終わった。

1957年はフェラーリに舞い戻るが、3戦のみの出走に留まり、最高位は第5戦イギリスGPの4位だった。

1958年〜1959年[編集]

1958年は開幕戦アルゼンチンGPを欠場、第2戦モナコGPが初戦となる。この年は、基本的にはR.R.C.ウォーカーからクーパーでの参戦だったが、第5戦ベルギーGPではスクデリアチェントロからマセラティで、第6戦フランスGPではBRMからの参戦となった。トランティニアンは、第2戦モナコGPにおいて、予選5位から自身2勝目を達成。しかし、その後の入賞は第6戦ドイツGPでの3位のみとなった。

1959年も残留し、8戦中5戦の入賞を記録。最終戦アメリカGPで2位に入った際には、自身のF1唯一となるファステストラップも達成した。

1960年以後[編集]

1960年以後はチームを転々とし、恵まれない体制の中、ノーポイントの年が続いた。1964年は自身の所有するBRMからの参戦となり、第6戦ドイツGPで5位に入賞。5年ぶりの入賞となったが、この年をもってF1から去ることとなった。

エピソード[編集]

ニックネーム[編集]

戦時中、トランティニアンは納屋にマシンを隠し、再びレースができる平和な日々の到来を待った。終戦を迎えた1945年、秋に戦後初のレースが開催され、トランティニアンも参戦したが、結果はエンジンの不調でリタイヤ。

調べてみると、戦時中納屋に隠され続けていたマシンには、燃料パイプにネズミの糞が詰まっていたという。ここから、「ル・ペトゥーレ」の愛称がドライバー仲間より付けられることとなった。

一見すると蔑称にも思える愛称だが、本人は比較的気に入っていたようで、引退後にワイナリー経営者となった際には、そのワイン・ブランド名としても使用している。

先代:
トニー・ロルト
ダンカン・ハミルトン
ル・マン24時間優勝者
1954 with:
フロイラン・ゴンザレス
次代:
マイク・ホーソーン
アイバー・ビューブ

関連項目[編集]