クレイ・レガツォーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレイ・レガツォーニ
Anefo 924-6609 Clay Reggazoni, Catherine Blaton, Jacky Ickx Zandvoort 18 06 1971 - Cropped.jpg
基本情報
フルネーム ジャンクラウディオ・ジュゼッペ・レガッツォーニ
国籍 スイスの旗 スイス
出身地 同・メンドリシオ
生年月日 1939年9月5日
没年月日 2006年12月15日(満67歳没)
F1での経歴
所属チーム '70-'72,'74-'76 フェラーリ
'73 BRM
'77,'80 エンサイン
'78 シャドウ
'79 ウィリアムズ
活動時期 1970 - 1980
出走回数 132
優勝回数 5
通算獲得ポイント 212
表彰台(3位以内)回数 28
ポールポジション 5
ファステストラップ 15
初戦 1970年オランダGP
初勝利 1970年イタリアGP
最終勝利 1979年イギリスGP
最終戦 1980年アメリカ西GP
タイトル 0
テンプレートを表示

クレイ・レガツォーニGianclaudio Giuseppe "Clay" Regazzoni , 1939年9月5日 - 2006年12月15日)はスイス人のレーシングドライバー。元F1ドライバーである。「レガッツォーニ」・「レガゾーニ」とも表記される。

プロフィール[編集]

フェラーリ312T2を駆るレガツォーニ(1976年、ニュルブルクリンク

1960年代F2で活躍した後1970年フェラーリでF1デビューした。その後1980年に事故で負傷するまでの11年間、フェラーリ、BRM、フェラーリ、エンサインシャドウウイリアムズ、エンサインと移籍した。F3時代、ガードレールの下に潜りこんだにもかかわらず、生還した事がある。

レガツォーニは、マシン葉巻形からくさび形、さらにはウイングカーへとめまぐるしく変化し、それぞれの車両特性も全く異なる1970年代のF1でコンスタントに活躍した。 11年間で記録した勝利は5勝であるが、1974年には、エマーソン・フィッティパルディとチャンピオン争いをしている。この年も1勝しか上げていないが、確実に上位入賞を果たす堅実なドライブであった。

1979年には新興のウィリアムズチームにF1初勝利をもたらした。

1980年のアメリカ西GPで、コーナー直前でブレーキペダルが折れるという事態に遭遇してクラッシュし、下半身不随になる重症を負うが、とっさにギアを3速に入れ、エンジンスイッチを切って減速させ、さらにリタイアしていた車にぶつけて衝撃をやわらげるという一連の操作で一命を取りとめた。これ以来車椅子生活を強いられることとなったが、両手のみで全ての操作ができるように改造された車両で運転は続けており、その内の一台であるホンダ・NSXサーキットを駆る様子が後にホンダのテレビCMで披露されている(外部リンク参照)。

2006年12月15日、イタリア・パルマ近郊の高速道路(アウトストラーダ)でクライスラー・ボイジャーを運転中にトラックとの衝突事故を起こし、死去した[1]。67歳没。

カーナンバー(F1)[編集]

ナンバーが固定となった1973年以降のみ。

  • 19(1973年第1~13.15戦)
  • 11 (1974年.1975年)
  • 2(1976年第1~10.12~16戦)
  • 22(1977年)
  • 17(1978年)
  • 28(1979年)
  • 14(1980年第1~4戦)

F1での年度別成績[編集]

所属チーム エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1970年 フェラーリ フェラーリ F12 RSA
ESP
MON
BEL
NED
4
FRA
GBR
4
GER
Ret
AUT
2
ITA
1
CAN
2
USA
13
MEX
2
3位 33
1971年 フェラーリ フェラーリ F12 RSA
3
ESP
Ret
MON
Ret
NED
3
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
3
AUT
Ret
ITA
Ret
CAN
Ret
USA
6
7位 13
1972年 フェラーリ フェラーリ F12 ARG
4
RSA
12
ESP
3
MON
Ret
BEL
Ret
FRA
GBR
GER
2
AUT
Ret
ITA
Ret
CAN
5
USA
8
7位 15
1973年 BRM BRM V12 ARG
7
BRA
6
RSA
Ret
ESP
9
BEL
10
MON
Ret
SWE
9
FRA
12
GBR
7
NED
8
GER
Ret
AUT
6
ITA
Ret
CAN
USA
8
18位 2
1974年 フェラーリ フェラーリ F12 ARG
3
BRA
2
RSA
Ret
ESP
2
BEL
4
MON
4
SWE
Ret
NED
2
FRA
3
GBR
4
GER
1
AUT
5
ITA
Ret
CAN
2
USA
11
2位 52
1975年 フェラーリ フェラーリ F12 ARG
4
BRA
4
RSA
16
ESP
NC
MON
Ret
BEL
5
SWE
3
NED
3
FRA
Ret
GBR
13
GER
Ret
AUT
7
ITA
1
USA
Ret
5位 25
1976年 フェラーリ フェラーリ F12 BRA
7
RSA
Ret
USW
1
ESP
11
BEL
2
MON
14
SWE
6
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
9
AUT
NED
2
ITA
2
CAN
6
USA
7
JPN
5
5位 31
1977年 エンサイン フォード V8 ARG
6
BRA
Ret
RSA
9
USW
Ret
ESP
Ret
MON
DNQ
BEL
Ret
SWE
7
FRA
7
GBR
DNQ
GER
Ret
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
5
USA
5
CAN
Ret
JPN
Ret
17位 5
1978年 シャドウ フォード V8 ARG
15
BRA
5
RSA
DNQ
USW
10
MON
DNQ
BEL
Ret
ESP
15
SWE
5
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
DNQ
AUT
NC
NED
DNQ
ITA
NC
USA
14
CAN
DNQ
16位 4
1979年 ウィリアムズ フォード V8 ARG
10
BRA
15
RSA
9
USW
Ret
ESP
Ret
BEL
Ret
MON
2
FRA
6
GBR
1
GER
2
AUT
5
NED
Ret
ITA
3
CAN
3
USE
Ret
5位 29 (32)
1980年 エンサイン フォード V8 ARG
NC
BRA
Ret
RSA
9
USW
Ret
BEL
MON
FRA
GBR
GER
AUT
NED
ITA
CAN
USA
25位 (NC) 0

エピソード[編集]

ウィリアムズに初優勝をもたらした1979年イギリスグランプリの表彰台では、シャンパンではなくコカコーラの商品であるLiltというジュースで勝利を祝った。これは当時、ウィリアムズのスポンサーにはサウジアラビア航空などのアラブ系のスポンサーが多かったことからきており、スポンサー達はこの振る舞いに感銘を受けたという。

脚注[編集]

  1. ^ レガッツォーニ、太陽の道で激突死 元フェラーリF1” (2006年12月17日). 2010年2月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]