ウィリアムズ・FW23

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアムズ・FW23
Ralf Schumacher 2001 Canada.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ウィリアムズ
デザイナー イギリスの旗 パトリック・ヘッド (テクニカルディレクター)
イギリスの旗 ギャビン・フィッシャー (チーフデザイナー)
イギリスの旗 ジェフ・ウィリス (チーフエアロダイナミシスト)
先代 ウィリアムズ・FW22
後継 ウィリアムズ・FW24
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ウィリアムズダブルウィッシュボーン, トーションバー, プッシュロッド
サスペンション(後) ウィリアムズダブルウィッシュボーン, コイルスプリング, プッシュロッド
エンジン BMW P80 2,998 cc (182.9 cu in) V10 (90度) NA
トランスミッション ウィリアムズ製 7速 縦置き セミAT シーケンシャル
燃料 ペトロブラス
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム BMW ウィリアムズ F1チーム
ドライバー 5. ラルフ・シューマッハ
6. ファン・パブロ・モントーヤ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2001年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 4 4 8
テンプレートを表示

ウィリアムズ・FW23 (Williams FW23) は、ウィリアムズ2001年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。設計統括者はパトリック・ヘッド

FW23[編集]

2001年カナダGPにて兄ミハエルとのバトルを制して優勝したラルフ・シューマッハ(後方)

チーム加入3年目となるラルフ・シューマッハと、フォーミュラ3000およびCARTのチャンピオンであり、F1デビューとなるファン・パブロ・モントーヤがドライブした。

2001年はウィリアムズとBMWのジョイント2シーズン目であった。2000年にいくつかの好結果を挙げたことから、今シーズンはそれ以上の成績が見込まれた。強力なエンジンとよく設計されたシャシー、高温下での能力を発揮できるミシュランタイヤ、そして高い戦闘力を示した2名のドライバーにより、チームはフェラーリマクラーレンに次ぐトップコンテンダーに返り咲いた。

第4戦サンマリノGPではラルフがF1初優勝を達成。チームにとっては1997年ルクセンブルクグランプリ、また、BMWエンジンにとっては1986年メキシコグランプリ、ミシュランタイヤにとっては1984年ポルトガルグランプリ以来となる勝利だった。ラルフはさらに2勝を挙げ、モントーヤも第15戦イタリアGPでF1初優勝を果たした。チームは80ポイントを獲得し、コンストラクターズ・チャンピオンシップで3位となった。

しかしながら、ウィリアムズはいくつかの理由でタイトルに挑むことができなかった。まず第一に、BMWエンジンはライバルと比較すると信頼性に欠けていた。完走率は50%に満たないものであった。第二に、シャシーはモナコ市街地コースハンガロリンクといった高ダウンフォースを必要とするコースではそれほど競争力が無かった。三番目には2人のドライバーがいくつかのミスを犯したことであった。特にモントーヤはF1挑戦初年度であり、そのミスも目立った。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
2001年 ウィリアムズ BMW V10 M AUS MAL BRA SMR ESP AUT MON CAN EUR FRA GBR GER HUN BEL ITA USA JPN 80 3rd
ラルフ・シューマッハ Ret 5 Ret 1 Ret Ret Ret 1 4 2 Ret 1 4 7 3 Ret 6
ファン・パブロ・モントーヤ Ret Ret Ret Ret 2 Ret Ret Ret 2 Ret 4 Ret 8 Ret 1 Ret 2

参照[編集]