B・A・R 003

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BAR 003
Jacques Villeneuve 2001 Canada.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター BAR
デザイナー マルコム・オスラー
先代 B・A・R 002
後継 B・A・R 004
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) 独立, プッシュロッド, インボードスプリング
サスペンション(後) 独立, プッシュロッド, インボードスプリング
エンジン ホンダ RA001E V10 (90°) NA
トランスミッション BAR/Xtrac 6速 縦置き セミAT シーケンシャル
オイル 日石三菱
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム ラッキーストライク BAR ホンダ
ドライバー 9. オリビエ・パニス
10. ジャック・ヴィルヌーヴ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2001年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 0 0 0
テンプレートを表示

B・A・R 003は、B・A・R2001年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー2001年の開幕戦から、最終戦まで実戦投入された。デザイナーはマルコム・オスラー。チーム3年目のジャック・ヴィルヌーヴと、マクラーレンのテストドライバーから移籍してきたオリビエ・パニスがドライブした。

概観[編集]

1999年の悲惨なデビューシーズンの後、2000年はいくらか改善の兆しが見られたチームは3年目の2001年、表彰台が望めるくらい有望なシーズンを迎えた。しかしながら、進歩どころか結果は後退となった。マシンはハンドリングに問題を抱え、シャシーの剛性も不足していた。信頼性も不足し、同じことはホンダエンジンにも言えトップチームに比べてパワー不足であった。だが同じエンジンを搭載するライバルのジョーダン・EJ11よりは好成績を残すことができた。

シーズンのハイライトはヴィルヌーヴの2度の3位であった。しかしながら両レースとも多くの車両がリタイアしたことでもたらされた結果であった。ヴィルヌーヴはシーズンを通してパニスの激しい追撃を受けたが、パニスは総じてヴィルヌーヴよりも良い結果を出すことはできなかった。

チームは結局17ポイントを得、コンストラクターズ6位でシーズンを終えた。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
2001年 BAR ホンダ V10 B AUS
オーストラリアの旗
MAL
マレーシアの旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
AUT
オーストリアの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
ドイツの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
JPN
日本の旗
17 6位
オリビエ・パニス 7 Ret 4 8 7 5 Ret Ret Ret 9 Ret 7 Ret 11 9 11 13
ジャック・ヴィルヌーヴ Ret Ret 7 Ret 3 8 4 Ret 9 Ret 8 3 9 8 6 Ret 10

参照[編集]