レイバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイバン
Ray-Ban
設立 1937年
本拠所在地 イタリアの旗 イタリアミラノ
製品 サングラス
所有者 Luxottica Group S.p.A.
従業員数 6万人
ウェブサイト www.ray-ban.com/Japan

レイバン (Ray-Ban) は、サングラスメガネを展開するグローバルリーディングブランドである。

1937年アメリカ空軍の委託でアメリカの企業ボシュロム社 (Bausch & Lomb) が創立した。1999年に、ファッションブランドの眼鏡を扱うイタリアルックスオティカ (Luxottica) に売却され、現在はルックスオティカグループの主力ブランドである。

LUXOTTICAグループは、上質でラグジュアリーなアイウェア(メガネフレーム及びサングラス)のデザイン、製造、販売において、全世界の眼鏡業界トップである。日本では、日本法人のミラリジャパンが販売している。

「光学的に眼を守らなければ、サングラスとは呼べない」が設立時の基本コンセプトで、「紫外線100%カット」をはじめとする機能性重視のモデルが多かったが、1999年の売却以降は斬新なデザインを売りにしたモデルも多い。1986年に、アメリカン・ファッション・デザイナー協議会からThe World's Finest Sunglasses(世界最高級のサングラス)の称号を得ている。世界的に最も有名なサングラス・ブランドのひとつで、世界中のセレブリティをはじめ同ブランドの愛用者は多い。

歴史[編集]

レイバン以前[編集]

レイバンはドイツからアメリカへ移民してきた2人の青年の野望から始まった。アメリカでの成功を夢見ており、眼鏡職人として働き、眼鏡の輸入販売を行っていたヤン・ヤコブ・ボシュに、当時家具職人として成功していたヘンリー・ロムが60ドルを出資、この資金を元手にボシュは眼鏡店を開業するが、当初の経営状態は必ずしも良好とはいえなかった。しかしながら、ある日ボシュが道端に転がっていた硬質ゴムのかけらを拾い、「この素材を眼鏡のフレームに使うことはできないだろうか?」と考えたことにより事業は好転する。当時眼鏡フレームとして一般的だったのはアメリカ産の動物の角であったが、衝撃などに対して非常にもろいという欠点があった。一方で生ゴムに硫黄を30~40%加えて硬化させることにより製造されるこの素材は、軽く丈夫で、それまでの角でできたフレームとは比べ物にならない高い品質を誇っていた。後に「バルカナイト」と呼ばれることになるこの素材が、ボシュロム社の基盤を築くことになったのである。

1866年になると、それまでの「ジェイ・ジェイ・ボシュ・アンド・カンパニー」という社名を「バルカナイト・オプティカル・インストゥルメント・カンパニー」と改名。バルカナイト製フレームは爆発的なヒット商品となり、彼らの会社を一躍有名にした。その後、1874年には光学分野にも進出し、顕微鏡の製造を開始。さらに写真機用レンズの製造も手掛けるようになると社名を「ボシュロム・オプティカル・カンパニー」に変えたが、この頃には眼鏡フレームのみならず、様々な分野で成功を収める優良企業へと成長し、アメリカでもトップレベルの光学メーカーに成長した。そんなときにパイロット用のサングラスの開発依頼が彼らの元に舞い込んだ。依頼してきたのはアメリカ合衆国陸軍航空隊のジョン・マクレディ中尉、1923年5月、北米大陸無着陸横断飛行に成功した空の英雄であった。そんな彼の飛行中の悩みが高空域における強烈な太陽光線であり、飛行中に太陽光線を原因とする眼球疲労と視力低下、そして頭痛、吐き気に襲われたことである。そんな経験からマクレディ中尉は、当時のアメリカにおけるトップクラスの光学メーカーに成長していたボシュロム社にパイロット用のサングラスの開発を依頼した。もちろんそれ以前にもパイロット用のゴーグルやサングラスは存在していたが、その多くは単なる風避けが目的であったり、眩しさをごまかす色ガラス付きの眼鏡に過ぎない代物であり、現在の科学技術で判断すれば、裸眼よりもこうした質の悪いゴーグルやサングラスを着用した場合のほうが目に悪い影響を与えるという粗悪なものであった。劣悪な状況で飛行しなければならない飛行士を救うために、ボシュロム社はパイロット用のサングラスの研究開発をスタートさせた。しかしながら、目を太陽の紫外線から保護しつつ、対象物をしっかりと見ることのできる高い視認性を保持するレンズの開発は想像以上に難しく、完成までに6年という長い年月を費やすこととなる。これはマクレディ中尉が望んだ性能レベルが高かったことはもちろんのこと、そして何よりもボシュロム社の研究開発に関して一切の妥協を許さない姿勢をも物語っている。その間には「光学的に眼を守れなければ、それはサングラスと呼べない」という、後年にも伝えられる同ブランドのサングラスに対する基本ポリシーを忠実に具現化するための作業が幾度も繰り返されることになった。こうして1929年に誕生したパイロット用のサングラスには、のちに「レイバン・グリーン」と呼ばれ人気となったグリーンのレンズ(#1と呼ばれた最初のグリーンレンズは、現在のグリーンレンズよりも色の薄いものであった)が採用され、フレームも後のサングラスのデザインに大きな影響を与えることになる「ティアドロップ・シェイプ」を採用。翌1930年には、合衆国陸軍航空隊がこのモデルを「アビエーター・モデル」として制式に採用した。このことによりサングラスはパイロットを象徴する存在となり、アメリカの強大な航空技術を背景に、世界中の空を駆け巡ることとなった。

レイバンの誕生[編集]

「アビエーター・モデル」が一般の人々にも知られるようになると、1936年にアビエーター・モデルは「クラシックメタル」(現在はAviatorという名称)として一般にも発売されるようになり、1937年には「光線を遮断する」という意味の「レイバン」というブランドが誕生した。

モデル[編集]

レイバンには機能的な物や斬新なデザインの物など多数のモデルがあるが、以下にその代表的なものを挙げる。各モデルの中にはシリーズ化されたり、廃盤になったものなど様々な種類がある。

アビエイター[編集]

アビエイター』(Aviator)は、レイバンを代表する定番モデル。そのルックスからティアドロップとも呼ばれる。

レイバン設立時からアメリカ空軍に採用され、社会的な信頼を得る。ヘルメットを被ったままでも着脱が出来るよう、曲げられていない(真直ぐな)テンプル・モダンが特徴。米国空軍のパイロット用として制式採用され、その後も研究開発を重ね、1937年に誕生した。人間の目の動きと同じ範囲をカバーし、最大の視野を確保できるとされる。優れた光学技術とそのデザイン性で、現在もなお俳優・女優を含む多くのファンに愛されている。

1986年アメリカ映画トップガン』でトム・クルーズが着用し、この映画の世界的ヒットでアビエイターの人気が高まり、売り上げが飛躍的に向上したといわれている。

日本では、ダグラス・マッカーサー厚木基地に上陸した際に着用していたモデルとして、また特撮ドラマ「西部警察」シリーズで渡哲也が着用したモデルとして名高い。

ウェイファーラー[編集]

ウェイファーラー』(Wayfarer)は、1953年から欧米で発売されていた人気モデル。現在も生産され、クラシックなカラーをはじめ、ポップなレッドやホワイトフレームができ、若者の間で再びブームになっている。1952年の誕生以来、“ロックの象徴”として多くの音楽ファンや映画ファンから愛され、 伝説のモデルとなったウェイファーラー。ボブ・ディランやマドンナなど数多くの ロックミュージシャンたちが自由と個性のシンボルとしてウェイファーラーを身につけ、 反体制のスピリットの象徴となり、世界中の人々を魅了している。映画「ブルース・ブラザーズ」や「ティファニーで朝食を」「卒業白書」などのスクリーンにも登場し、才能あふれるアーティストたちが選ぶサングラスとして絶大な人気を持ち続けている。

日本では、シンガーソングライター浜田省吾が着用したモデルとして名高い。

オリンピアン[編集]

『オリンピアン』は70年代のファッションを予想していたかのように、新たなトレンドを取り入れて1965年に誕生した。自由と自立を象徴するアメリカン・カルチャーを代表する アイテムとして登場したオリンピアンはアイウエアの新たな時代を築き、代表的なアイコン モデルのひとつとなった。繊細でありながらワイルドな雰囲気を醸し出すレンズカーブ、 フロントからまっすぐに伸びるテンプルが印象的な表情を作る。映画「イージー・ライダー」にも登場した。

クラブマスター[編集]

クラブマスター』は50年代の知性の象徴であり、また反体制のスピリットが宿るクラブマスター。1986年に誕生した クラブマスターは技術的なディテールへのこだわりと、洗練されたスタイリングが、 クラシックの真髄とも言える格別なデザインに仕上がっている。アセテートのテンプル とブローバー、フレームにはメタルを施した上品なラインが多くの人々を魅了し、「JFK」や「マルコムX」、「リプリー」などの数多くのスクリーンにも登場している。

プレデター[編集]

『プレデター』(Ray-Ban Predator)は、『メン・イン・ブラック』シリーズでウィル・スミストミー・リー・ジョーンズ(MIBエージェントの二人)がかけていたモデル。

愛用者[編集]

アメリカ[編集]

イタリア[編集]

その他の国[編集]

外部リンク[編集]