ラッキーストライク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツで2003年から販売されていたラッキーストライク。
アイスランドで販売されていたラッキーストライク
ポルトガルで2007年から販売されていたラッキーストライク。警告表示で4割が埋まっており、ブルズアイの一部が隠れている。
ドイツオーストリアで2010年より販売されていたラッキーストライク。ブルズアイが立体的になった。
ヨーロッパの一部で2013年より導入されているラッキーストライクのブルズアイ。アメリカで1900年代初頭に販売されていたラッキーストライクのパイプ煙草のロゴがモデルになっている
上記のブルズアイのモデルとなったアメリカで1900年代初頭に販売されていたラッキーストライクのパイプ煙草

ラッキーストライク(Lucky Strike)とは、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)社が製造・販売するタバコブランドのひとつ。1871年に発売された長寿ブランドで、アメリカ合衆国を代表するタバコ銘柄である。

概要[編集]

当初はパイプ煙草として発売された。1916年より両切りの紙巻きたばこが発売されている。名前の由来は19世紀ゴールドラッシュ時に金鉱を掘り当てた者が言ったスラングである「Lucky Strike」からきている。これにちなみ、古い時代のパッケージデザインは、振り上げられた拳を描いた、名前そのままのものだった。1990年代初頭のパッケージより、ブルズアイと呼ばれる円形囲みのロゴマークの原型が採用されている。

現行のパッケージレイモンド・ローウィ1940年にデザインした。ブルズアイと呼ばれる円形囲みのロゴマークのパッケージは、タバコにとどまらず、商業パッケージデザインの中でもそのシンプルさと印象の強さで抜きん出た傑作として、広く知られている。

地の色は現在は白であるが、1942年までは緑色であった。白地への変更は、緑系インクに用いられる金属が第二次世界大戦の軍需物資として必要となったための節約という名目で、当時「ラッキー・ストライクの緑は戦場に行った "Lucky Strike Green has gone to war."」と戦意昂揚を兼ねた宣伝にも取り上げられた。実際には、緑インク代が節約できるうえ、白地の方が赤いブルズアイとの対比で目を惹くデザインとなる、という計算による変更とも言われる。件の緑色は21世紀初頭に至っても未だ復員していない。

日本では、2004年3月のリニューアル以降はデザインは変更されていないが、2007年以降はヨーロッパを中心に頻繁にデザイン変更が行われ、2007年にはパッケージ右上にネイティブ・アメリカンがデザインされるようになり、2010年にはブルズアイが立体的になった。2013年には1900年代初頭に販売されていたパイプ煙草のロゴがモデルにした新ブルズアイが採用されるようになっている。なお、両切りは1942年より警告文の挿入やバランスの修正のみにとどまっていたが、ドイツやスペインでは、2012年と2013年にフィルターと同様のデザイン変更が行われている。

第二次大戦で戦地へ赴いたアメリカ兵たちを通じて世界各国にもその知名度を広げ、戦後におけるアメリカ的マッチョイズムの象徴とも見なされるようになった。しかし、現在のアメリカでは人気が低下し、1960年代より販売されていたフィルターやライトは2000年代に国内販売を終了し、両切りのみの販売となっている。

作中描写などで喫煙シーンそのものが害悪視されるようになる以前には映画小説テレビなどに頻出するタバコ銘柄の一つで、例えばミッキー・スピレインが創作し、1950年代に大衆的人気を博したマッチョイズム・ヒーローの私立探偵マイク・ハマーは、このタバコを愛用していた。

一部で肺癌を引き起す要素が高い煙草(『天国に一番近い煙草』の俗称がある)とも言われているが、銘柄別に発がん率を調査した統計・論文の類が存在するわけでもなく、俗説にすぎない。

2011年5月頃より、アメリカからマレーシアに製造移管され、それに伴い喫味も若干変化(フィルター2種はニコチン値が0.9mgから1.0mgに上昇)している。

逸話[編集]

1871年に発売、1942年に現在のパッケージがデザインされ、第一次、第二次大戦で米軍の軍用物資として補給の対象となっていた(しかし、戦場の兵士たちからはその名前やパッケージから縁起が悪いとして敬遠されたといわれる)。そのため、第二次大戦のバルジの戦いの中で展開されたドイツ側の特殊作戦グライフ作戦の折、後方かく乱部隊として米兵に扮し後方に潜入したドイツ兵にも、本品が小物として支給された。また、後方の捕虜たちの間では収容所において、有効な通貨として通用した。

第二次大戦中にドイツ軍の収容所から脱出した米兵のジョセフ・ベイルは、ソ連軍に保護されることを目的に東へ移動中、ソ連の戦車隊と遭遇した。ベイルはすぐにラッキーストライクの箱を取り出し両手を上げ、「アメリカ人だ、同志よ!」 (Amerikansky tovarishch!)と叫んだ。戦車隊を率いていた大隊長は破壊工作員としての能力を評価して彼の同行を認め、こうして彼のおよそ1ヶ月間のロシア軍人としての軍務が始まった。

ホンダが第3期F1活動を始めた際、組んだシャーシコンストラクターが、BARチーム(BATの持ち株チーム)で、車のカラーリングをラッキーストライクカラーにした所、ホンダ第1期F1参戦時のカラーリング(日の丸カラー)に酷似していた為話題になった。2006年にBARチームをホンダ・レーシング・F1チームが買収した後もBATはチームのメインスポンサーに留まりラッキーストライクカラーが継続されたが、FIAの意向によりF1マシンへのたばこ広告の記載が禁止となることを決定したため、BATはこの年限りでスポンサーから降りることとなった。余談だが、スクーデリア・フェラーリのスポンサーであるマールボロはロゴではなくバーコードをマシンに描いているため、規制から逃れている。

ラッキーストライクのパッケージ側面に描かれているネイティブ・アメリカンの顔の絵は、横に倒してみると家の屋根が爆発しているように見えた(現在では、ネイティブアメリカンの顔の絵が鮮明になったことから、この現象はおきない)。

1999年のドラフト会議において、当時の広島東洋カープ監督の達川光男近鉄中日と競合して国学院久我山高校のエース・河内貴哉の指名権を引き当て、その際、達川は会場内で松田耕平オーナーから受け取ったラッキーストライクを左のポケットから取り出してその喜びを表現した。これにより、一時期、広島カープファンの中でラッキーストライク愛好者が増えたという。

ジョニー・サンダース奥田民生チバユウスケといったミュージシャンの愛煙者が多い。

製品一覧[編集]

現行販売製品[編集]

現行のボックス3製品は2002年11月より新デザインとして東京都内の一部地域で試験販売(当初は旧製品も併売)されており、その後2004年3月からFKを除く既存銘柄のデザインリニューアルの形で全国発売となった(同時にスーパーマイルドはライト(新)に移行、100's・ウルトラライトが廃止される)。なお、試験発売時にはFKに関しても新パッケージが発売されていたが全国発売時にはデザインリニューアルはされなかった。KSボックスとメンソールライトボックスに関しては、販売店向けの発注用銘柄コードが変更されていることから内部では事実上別銘柄扱いとなっている(以下の発売日は旧製品時代を含めたものである)。

製品名 発売年月日 価格 本数 タール ニコチン 販売地域 備考
ラッキーストライク・FK 1985年5月 460円 20本 11mg 1.0mg 全国 ニコチン0.9mg→1.0mgに変更(2011年5月頃)
ラッキーストライク・ボックス 1988年5月 460円 20本 11mg 1.0mg 全国 ニコチン0.9mg→1.0mgに変更(2011年5月頃)
ラッキーストライク・ライト・ボックス(新) 2004年3月 460円 20本 6mg 0.5mg 全国
ラッキーストライク・メンソール・ライト・ボックス 1998年8月 460円 20本 6mg 0.5mg 全国 2004年3月のリニューアル前はタール8mg/ニコチン0.7mg

販売終了製品[編集]

製品名 発売年月日 廃止年月日 価格 本数 タール ニコチン 販売地域 備考
ラッキーストライク(両切) 1952年1月 2003年11月 300円 20本 14mg 0.9mg 全国
ラッキーストライク・FSK 1986年7月 2002年12月 300円 20本 11mg 0.8mg 全国
ラッキーストライク・100・ボックス 1996年3月 2004年2月 300円 20本 11mg 0.8mg 全国
ラッキーストライク・マイルド・FK 1995年ごろ 20本 全国
ラッキーストライク・マイルド・ボックス 1995年ごろ 20本 全国
ラッキーストライク・ライト・ボックス(旧) 1993年ごろ 1995年ごろ 20本 8mg 0.7mg 全国
ラッキーストライク・ライト・FK 2006年3月 2013年10月 440円 20本 6mg 0.5mg 全国 ソフトパック
ラッキーストライク・スーパー・マイルド・ボックス 1995年3月 2004年2月 300円 20本 6mg 0.5mg 全国 後継:ラッキーストライク・ライト・ボックス(新)
ラッキーストライク・ウルトラ・ライト・ボックス 2004年2月 300円 20本 2mg 0.2mg 全国
ラッキーストライク・メンソール ライト・FK 2003年 300円 20本 8mg 0.7mg 全国
ラッキーストライク・1916・オリジナルブレンド 2003年10月1日 2005年3月 350円 20本 10mg 0.8mg 全国 復刻盤、期間限定、70mmサイズ
ラッキーストライク・1942・クラシックブレンド 2003年11月 2005年3月 350円 20本 8mg 0.7mg 全国 復刻盤、期間限定、70mmサイズ
ラッキーストライク・ライト・テンズ 2006年3月 10本 6mg 0.5mg 販売店限定 期間限定
ラッキーストライク・メンソール・ライト・テンズ 2004年3月 10本 8mg 0.6mg 販売店限定 期間限定

キャンペーン製品[編集]

メッセージデザイン付白色フィルターキャンペーン[編集]

「開封する度に発見する喜びを味わっていただきたい」という発想のもとで企画実施されたキャンペーン。 ラッキーストライク・FKに参照画像"MEETING ROOM"をはじめ印刷された白フィルターの製品が混ぜたキャンペーンを2008年4月〜5月末まで展開。 発売元のフリーダイヤルに問い合わせると音声ガイダンスで「メッセージデザイン付白色フィルター〜」といったガイダンスと選択がある、問い合わせると全30種類のデザインがあり、ランダムで一箱に一本混入されているとのこと。 仕様は違うものの味は本製品と同じとのこと。 現在確認できているのは以下のキーワード "GAMEOVER","OFFICE","LIFE","BREAKDANCE","MENSROOM","MEETINGROOM" "LISTEN","PARTY","MEETING","PLAY","GYM","TECHNOLOGY" "BBQ","LOSER","DISCO","FIRSTAID","ALARM CLOCK" "7 IRON","KARAOKE","HOME","REMEMBER","PUBLIC TRANSPORT","MASTER" "CREATE","2:00 AM","KEY PERSON","REFEREE","GOAL","CHILL"

時の証キャンペーン[編集]

2004年から2005年までの1年間、生誕130年を記念して行われた。紙巻タバコとしての販売を開始した1916年、パッケージや味がリニューアルされた1942年当時の味を再現した(1916 オリジナルブレンド)と(1942 クラシックブレンド)さらに時の価値を見つめなおした(2004 AGEDブレンド)の3種類が販売された。1916オリジナル・1942クラシック共に350円という異例の値段(通常版が300円だった頃)で販売され、さらにタバコの長さも当時を再現して短くしていた事から、知らずに購入した人やファンをいろいろな面で驚かせた。また、ジーンズメーカーEVISUとのコラボレーションも実施された。

限定販売製品[編集]

  • ラッキーストライク・1916 オリジナルブレンド(2004年限定)
  • ラッキーストライク・1942 クラシックブレンド(2004年限定)
  • ラッキーストライク・ボックス カメラパッケージ(2006春 限定)
  • ラッキーストライク・ライト・ボックス カメラパッケージ(2006春 限定)
  • ラッキーストライクライト10's(2006春 限定)
  • ラッキーストライク・XL・ワイド・ライト(セブンイレブン限定)

関連項目[編集]