出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
方位
北西 北北西 北北東 北東
西北西 東北東
西 +
西南西 東南東
南西 南南西 南南東 南東

(ひがし)は、四方位の一つで、極地以外でおおよそ太陽が昇る方位であり、地球自転する方位である。反対の方位は西

南北が絶対的な位置関係にあるのに対して東西は相対的な位置関係にある。

角度では、東は90°となり(北を0°=360°として、時計回りに測る)、時刻では、東は夜明けを表す。

地図では、側を東とする事が多い。ただし、星図では逆に側を東とする。

語源は太陽が登る方角という意味の「日向かし」(ヒムカシ)。なお沖縄方言では太陽が上がる方角という意味で「アガリ」と言う。

呼称[編集]

「東」(east) という語は、特定地域内で東寄りの地域を指す。地球上ではアジアの漢字圏を、東洋極東地域などとして、東方と解釈されている。東洋、特に中近東オリエント(Orient)と呼ばれたが、元来は「日が昇る地」を意味する。

ヨーロッパでは、米ソ冷戦時代にソ連に与した国々が東欧に集まっていた事から、これらの国々を「東側諸国(Eastern Bloc)」と呼んだ。

日本国内においては、平安時代に、京都(畿内)の貴族は、関東を「あずま」(東)と称した。一般に、東国は関東を指し、東日本は関東や東北を指す。

「あずま」の語源は、大和尊が東征に赴いている中、関東に行く際に海を渡り、その時に海が荒れたために大和尊の妻、弟橘媛が海に身を投げて海神を鎮めた。そして大和尊が碓氷峠に辿り着いた時、関東の方を見て「吾嬬(あずま)はや」つまり「わが妻はもういないのか」と言ったのが語源であるとの伝説がある。

東に関する項目[編集]

  • 」という漢字の解字は諸説あり、木の間からが出る様子を示した表意文字とも、棒を通した袋を描いた字ともいわれている。
  • 日が昇る方位である点から、東は「成長」「繁盛」に例えられる事がある。部屋間取りでも、東向きは向きと列んで好まれる。
  • また同じく日の出の方位から「生」または「復活」を象徴し、西(日没)の象徴「」と対照で用いられることが多い。死と再生の神も参照。
  • キリスト教において東はイエス・キリストを象徴する方角とされる。
  • では、東はで表される事が多い。例えば、相撲土俵では、東には緑の房を付ける。五行思想でも、東は緑で表され、東の守護神青竜(green dragon)である。
  • 東半球は、ユーラシア大陸が大部分を占める。
  • 高速道路の名前の後にある文字。京都東インターチェンジなど。
  • 鉄道駅名では名前の後に方位を付けるのは少数派(堺東駅中野東駅など)で、ほとんどは名前の前に付ける(東浦和駅東静岡駅など)。
  • 日本皇室では、皇居の東側に居所を置く習慣があった事から、皇太子を「東宮」という。
  • 麻雀牌の字牌に「東」がある。読みは「ひがし」または「トン」。
  • 世界初の宇宙での有人飛行を成功させた旧ソ連の宇宙船、「ヴォストーク(露・восток)」の原義は「東」である。
  • 大相撲番付で同地位では、東が西より格上である。
  • 東から吹く風は古語では「東風(こち)」。菅原道真「東風吹かば にほひおこせよ~」

関連項目[編集]