中野東駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中野東駅
東口(2008年9月20日)
東口(2008年9月20日)
なかのひがし - Nakanohigashi
瀬野 (2.9km)
(2.0km) 安芸中野
所在地 広島市安芸区中野五丁目2638-3
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線   G   山陽本線
キロ程 292.4km(神戸起点)
電報略号 ナヒ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2,815人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1989年平成元年)8月11日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
広 広島市内
西口(2008年9月20日)
改札口(2011年10月17日)

中野東駅(なかのひがしえき)は、広島県広島市安芸区中野五丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線である。

概要[編集]

JR発足後に開業した請願駅である。山陽本線と並行する瀬野川の対岸は「安芸区中野東」と住居表示されているが、駅の所在地は「安芸区中野」である。隣の安芸中野駅からは北東の方向にあたる。

西条駅が管理し、ジェイアール西日本広島メンテックが駅業務を受託する業務委託駅である。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。JRの特定都区市内制度における「広島市内」の駅である。

駅構造[編集]

8両編成対応の相対式ホーム2面2線のホームを持つ橋上駅である。分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。上り、下りのホームへ降りる階段と、駅の東側、西側に降りる階段がある。

駅舎概要[編集]

駅舎コンコース内[編集]

  • 改札口1箇所(窓口が1つと自動改札機が2台)
  • みどりの窓口
  • 自動券売機旧型(傾形ボタン式)2台
  • 待合所
  • トイレ1箇所(2011年2月に、男女別々のものと、身障者用を設置)
  • LED式発車案内(駅舎内に上下線のものが、一番乗り場と二番乗り場のコンコース内にそれぞれ一つずつ)

キヨスクは置いていないが開業当初の1990年代前半は改札口で酒類やスナック菓子などを売っていた。現在は自動販売機が2台あるのみである。

のりば[編集]

中野東駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1   G   山陽本線 下り 広島岩国方面
2   G   山陽本線 上り 西条三原方面

※後からできた駅であるため、かつて案内上ののりば番号が設定されていなかったが、バリアフリー化工事の過程で、2011年2月17日に表記がされた。

接近音

  • 1番のりば 広島駅で2・7番乗り場に使用されるものを採用している。
  • 2番のりば 広島駅で4・9番乗り場に使用されるものを採用している。

利用状況[編集]

  • 以下の情報は、広島市統計書に基づいたデータである。
年度 1日平均
乗車人員
1989年(平成元年) 2,081
1990年(平成2年) 2,534
1991年(平成3年) 2,848
1992年(平成4年) 3,010
1993年(平成5年) 3,305
1994年(平成6年) 3,338
1995年(平成7年) 3,456
1996年(平成8年) 3,469
1997年(平成9年) 3,406
1998年(平成10年) 3,375
1999年(平成11年) 3,307
2000年(平成12年) 3,192
2001年(平成13年) 3,227
2002年(平成14年) 3,115
2003年(平成15年) 3,111
2004年(平成16年) 3,038
2005年(平成17年) 3,039
2006年(平成18年) 3,012
2007年(平成19年) 2,982
2008年(平成20年) 2,836
2009年(平成21年) 2,790
2010年(平成22年) 2,827
2011年(平成23年) 2,810
2012年(平成24年) 2,815
乗車数グラフ

Nakanohigashi sta graph.jpg

駅周辺[編集]

西口[編集]

東口[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
  G   山陽本線
快速「通勤ライナー
通過
普通
瀬野駅 - 中野東駅 - 安芸中野駅

関連項目[編集]

参考書籍[編集]

  • 各 広島市統計書

外部リンク[編集]