大野浦駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大野浦駅
駅舎
駅舎
おおのうら - Ōnoura
前空 (3.1km)
(5.0km) 玖波
所在地 広島県廿日市市塩屋一丁目1-57
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線   R   山陽本線
キロ程 331.4km(神戸起点)
電報略号 ノラ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,609人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1919年大正8年)3月16日
備考 業務委託駅
みどりの窓口

大野浦駅(おおのうらえき)は、広島県廿日市市塩屋一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線宮浜温泉への玄関駅でもある。

駅構造[編集]

単式・島式の複合型2面3線のホームを持つ地上駅。2・3番線が島式ホームである。駅舎は1番ホーム側にあり、島式ホームへは跨線橋で連絡している。西広島駅が管理し、ジェイアール西日本広島メンテックが駅業務を受託する業務委託駅である。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

大野浦駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1   R   山陽本線 上り 宮島口広島方面
2   R   山陽本線 上り 同上 当駅始発のみ
3   R   山陽本線 下り 岩国柳井方面
  • 上り本線は1番のりば、下り本線は3番のりば。2番のりばは上下共用の待避線(中線)である。
  • 国鉄時代の末期に、短編成・高頻度化政策で広島駅 - 当駅間で折り返し運転を行う列車が多く設定されていた[1]が、JR化により岩国駅まで延長され、いったん当駅発着列車の設定がなくなった。その後、2012年3月17日ダイヤ改正より再設定された[2]

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は以下の通り。[3]

年度 1日平均
乗車人員
1998年 1,107
1999年 1,116
2000年 2,005
2001年 1,855
2002年 1,786
2003年 1,772
2004年 1,746
2005年 1,710
2006年 1,697
2007年 1,701
2008年 1,700
2009年 1,654
2010年 1,618
2011年 1,614
2012年 1,609

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
  R   山陽本線
快速「通勤ライナー
通過
普通(呉線内は快速「通勤ライナー」となる列車を含む)
前空駅 - 大野浦駅 - 玖波駅

脚注[編集]

  1. ^ 鉄道データファイル -「鉄道の歴史」1982年 -「広島シティ電車運転開始」
  2. ^ 西日本旅客鉄道広島支社 平成24年3月17日ダイヤ改正について
  3. ^ 出典:廿日市市統計書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]