白市駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白市駅
駅舎(2007年8月30日)
駅舎(2007年8月30日)
しらいち - Shiraichi
入野 (4.4km)
(4.4km) 西高屋
所在地 広島県東広島市高屋町小谷3357-2
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陽本線
キロ程 263.9km(神戸起点)
電報略号 シラ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,937人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1895年明治28年)1月25日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
構内(2005年8月15日)

白市駅(しらいちえき)は、広島県東広島市高屋町小谷にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線である。

山陽本線における広島シティネットワークの東端駅であり、岩国駅広島駅から当駅終着・始発となる列車が日中の約半数、設定されている。

当駅は高屋町小谷地区に所在するため本来の白市からは離れているが、その地区の住民が出資して開業し、この駅名がついた。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。駅舎側が単式ホームの1番線、2・3番線が島式ホームである。互いのホームは三原方面の跨線橋で連絡している。

西条駅が管理し、JR西日本関連会社のジェイアール西日本広島メンテックが駅業務を受託する業務委託駅である。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

駅舎概要[編集]

  • 平屋方式
  • 落成年不詳

駅舎コンコース内[編集]

のりば[編集]

白市駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 山陽本線 上り 三原福山方面
2・3 山陽本線 下り 西条・広島方面 2番のりばは当駅始発のみ[1]
  • 上り本線は1番のりば、下り本線は3番のりば。
  • 2番のりばは上下共用の待避線(中線)であり、広島・西条方面からの当駅折り返し列車が使用する。
  • 夜間滞泊が設定されている。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

  • 芸陽バス
    • 広島空港行き連絡バス。このバスに乗り継ぐ場合は下記の区間で鉄道と連絡運輸を行い、乗継切符・回数券(運賃は鉄道とバスの合算)を発売していた。
      • 乗継切符:三原駅 - 岩国駅間
      • 乗継回数券:西高屋駅 - 岩国駅間
        • この連絡切符は平成23年3月のダイヤ改正で廃止された。
    • ネオポリス団地行
    • 西高屋駅行・西条駅行

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は以下の通り。

年度 1日平均
乗車人員
2002年 2,003
2003年 2,053
2004年 2,060
2005年 2,077
2006年 2,056
2007年 2,103
2008年 2,078
2009年 2,050
2010年 1,952
2011年 1,937

歴史[編集]

空港アクセス鉄道計画[編集]

以前当駅から広島空港へ空港アクセス鉄道を敷設する計画があった。JR西日本に空港アクセス鉄道との直通運転を申し入れたもののJRの理解を得られず、広島県は事業化を断念した。

広島エアターミナル計画[編集]

2013年1月18日、広島県によって、白市駅に広島空港のチェックインカウンター等を設置する案が明らかにされた[2]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陽本線
入野駅 - 白市駅 - 西高屋駅

脚注[編集]

  1. ^ 但し、2014年3月15日現在、初電の1521M(5:08発 普通下関行)に限り、当駅始発であるが3番のりばから発車。
  2. ^ JR白市駅に搭乗手続き機能 - 中国新聞 2013年1月19日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]