東広島呉自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一般国道自動車専用道路(B)
(無料)

東広島呉自動車道

東広島呉自動車道
Japanese National Route Sign 0375.svg国道375号
総距離 32.8 km
開通年 2006年 -
起点 広島県東広島市高屋JCT
終点 広島県呉市阿賀IC
接続する
主な道路
記法
記事参照
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

東広島呉自動車道(ひがしひろしまくれじどうしゃどう)は、広島県東広島市(高屋JCT)から広島県呉市(阿賀IC)へ至る高規格幹線道路国土交通大臣指定に基づく高規格幹線道路(一般国道の自動車専用道路))(国道375号の自動車専用道路)である。

当初は有料の高規格幹線道路として建設計画されていたが、後に直轄代行方式によるバイパスとして整備される事になったため全線無料で通行できる。 自動車専用道路であるため、125cc以下の自動二輪車・原動機付自転車などは通行不可。

概要[編集]

  • 起点:広島県東広島市高屋町溝口
  • 終点:広島県呉市阿賀中央5丁目
  • 延長:32.8km
  • 規格:第1種第3級(自動車専用道路)
  • 道路幅員
    • 一般部:20.5m
    • トンネル部:18.0m
    • 橋梁部:19.5m
  • 車線数:全線暫定2車線で一部追越車線あり(完成4車線)
  • 車線幅員:3.5m
  • 設計速度:80km/h
  • 制限速度:70km/h

東広島市呉市を結ぶ国道375号の激しい交通渋滞の緩和と呉・東広島・竹原周辺地域から山陽自動車道へのアクセス強化を目的に計画された。

着工前には呉市役所から山陽道までは約90分かかっていたが2012年4月1日に阿賀IC-黒瀬ICが開通したことで約50分となり40分短縮された。

歴史[編集]

  • 1987年(昭和62年)6月30日 : 高規格幹線道路決定
  • 1989年(平成元年)8月8日 : 基本計画決定
  • 1990年(平成2年)11月19日 : 都市計画決定
  • 1991年(平成3年)12月3日 : 高屋JCT-馬木IC間の整備計画決定
  • 1991年度 : 高屋JCT-馬木IC間 広島県が事業化
  • 1993年(平成5年)7月30日 : 馬木IC-阿賀IC間の整備計画決定
  • 1993年度 : 馬木IC-阿賀IC間 広島県が事業化
  • 1993年度 : 国直轄へ移行(全線32.8km) 及び 高屋JCT-馬木IC間用地着手
  • 1993年7月 : 馬木IC-阿賀IC間の整備計画決定
  • 1995年(平成7年)4月 : 高屋JCT-馬木IC間工事着手
  • 1997年(平成9年) : 郷原IC-阿賀IC間用地着手
  • 1999年(平成11年) : 高屋JCTの工事着手

 東広島呉自動車道は、山陽自動車道の下を横断する形で計画される。

  • 2000年(平成12年)3月 : 郷原IC-阿賀IC間工事着手
  • 2002年(平成14年) : 馬木IC-郷原IC間用地着手
  • 2005年(平成17年)2月28日 : 都市計画変更
  • 2007年(平成19年)9月 : 馬木IC-郷原IC間工事着手
  • 2007年11月3日 : 上三永IC-馬木IC間(7.3km)開通(暫定2車線)
  • 2010年(平成22年)3月14日 : 高屋JCT-上三永IC (4.4km)開通 (暫定2車線)
  • 2012年(平成24年)4月1日 : 黒瀬IC-阿賀IC (12.3km)開通(暫定2車線)
  • 2013年(平成25年)6月11日 : 大多田ICの設置を国土交通大臣が許可[1]

通過市町村[編集]

接続高速道路[編集]

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が開通済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していない事を示す。
  • 未開通区間の名称は仮称。
  • 英略字は以下の項目を示す。
    IC:インターチェンジ、JCT:ジャンクション、BS:バスストップ
  • 接続路線名の特記がないものは市道
  • BSのうち、○は運用中、◆は休止中の施設。無印はBSなし。
IC
番号
施設名 接続路線名 起点から
(km)
BS 備考 所在地
25-1 高屋IC/JCT 山陽自動車道
東広島高田道路
0.0 東広島市
上三永IC 国道2号
県道330号上三永竹原線
4.4
下三永福本IC 県道32号安芸津下三永線 8.7
馬木IC 国道375号
県道67号馬木八本松線
11.7
- 大多田IC[1] 県道338号吉川大多田線 - 馬木IC-黒瀬IC間2014年度開通予定
高屋方面出入口[2]
黒瀬IC 県道34号矢野安浦線 20.5
郷原IC 県道66号呉環状線 24.1 呉市
阿賀IC 国道185号 32.8

開通予定年度[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 追加インターチェンジ(無料区間)一覧 (PDF) (国土交通省道路局2013年6月11日付プレスリリース、同日閲覧)
  2. ^ “東広島呉道路に新IC追加”. 中国新聞. (2013年5月18日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201305180024.html 2013年6月11日閲覧。 
  3. ^ 直轄事業の事業計画(広島県関連分)について (PDF) 2011年2月9日に中国地方整備局が広島県に示した資料より

外部リンク[編集]