オリビエ・パニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリビエ・パニス
Olivier Panis.jpg
基本情報
フルネーム Olivier Denis Panis
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・リヨン
生年月日 1966年9月2日(47歳)
F1での経歴
所属チーム '94-'96 リジェ
'97-'99 プロスト
'01-'02 B・A・R
'03-'04 トヨタ
活動時期 1994-1999,2001-2004
出走回数 158
優勝回数 1
通算獲得ポイント 76
表彰台(3位以内)回数 5
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1994年ブラジルGP
初勝利 1996年モナコGP
最終勝利 1996年モナコGP
最終戦 2004年日本GP
タイトル 0
テンプレートを表示

オリビエ・ドニ・パニスOlivier Denis Panis, 1966年9月2日 - )は、フランス出身の元F1ドライバー。

プロフィール[編集]

早くから才能を認められ、フランスのオイルメーカー、エルフのスポンサードを受けて順調にステップアップする。1993年DAMSから国際F3000にエントリーし、チャンピオンを獲得した。

リジェ/プロスト時代[編集]

F1には1994年にフランスのリジェからデビューを果たした。同年のドイツGPで2位に入り初入賞、及び初表彰台を記録。最終的に16戦中15レースで完走した(第13戦ポルトガルGPは完走したものの、スキッドブロックの規定に引っかかり失格したため、それを除けば16戦中14戦完走)。F1デビュー当時は英語が上手く話せず、グランプリの記者会見では通訳と同伴した。

1995年イギリスGPリジェ・JS41をドライブするパニス

1995年の最終戦オーストラリアGPでは終盤、首位走行のデイモン・ヒルから2周遅れながら2位を走行中に、車両から白煙を吹いたが、最後までマシンを労わりながら走行し、2位表彰台を飾った。

1996年には、サバイバルレースとなったモナコGPで、14番手スタートながら優勝した。これはパニスのF1キャリアで唯一の勝利であるとともに、リジェにとってF1での最終勝利、無限エンジンにとってのF1初優勝でもあった。また、F1でフランス人ドライバーが記録した最後の勝利にもなっている(2013年時点)。

1997年、リジェはアラン・プロストに売却されプロスト・グランプリに改称され、パニスはチームに残留した。この年から新規参入したブリヂストンタイヤのユーザーでは最も競争力があり、第2戦ブラジルGPで3位、第6戦スペインGPでは2位に入るなど好調を維持した。しかし、カナダGPの決勝レース中にコンクリートウォールに激突して両足を骨折。このカナダGP開幕時点でランキングは3位だったが、シーズンは事実上終了してしまった。シーズン終盤のルクセンブルクGPから復帰し、最終3レースに参戦したが、この3レースでの入賞はルクセンブルクでの6位だけで、最終的なランキングは9位に終わった。

プロスト・AP01をドライブするパニス(1998年)

1998年もプロストに残留したが、チームメイトのヤルノ・トゥルーリとともにマシンの競争力に苦しめられた。パニスはキャリア唯一の無得点に終わり、チームの得点も、トゥルーリの獲得した1ポイントのみに終わった。

1999年もプロストから出走したが、この年もマシンの競争力に苦しんだ。シーズンを通じて獲得したポイントは2にとどまり、プロストとの契約を満了。翌2000年のチームは決まっていなかった。

マクラーレンTD時代[編集]

ウィリアムズから誘われたものの、1年契約だったため断念。一方マクラーレンが、増大するテストワークのドライバー負荷を分散するため、2000年シーズンにサードドライバーの採用を決め、シートが決まっていないパニスにサードドライバーをオファーした[1]。レースの出場機会はなくなるが、サードドライバーとはいえ、テスト走行する機会が多いことと、トップチームに所属するメリットを考慮して、パニスはマクラーレンと契約した。

マクラーレンもミカ・ハッキネンデビッド・クルサードのどちらかが欠場すれば、優勝経験者のパニスがリリーフドライバーとしてレースに出場できるという狙いや、特にクルサードがMP4-14の扱いに苦しみ、1999年シーズンを失速していたので、2000年シーズン序盤の成績次第では、パニスと入れ換えるという思惑もあったようである[1]

経験豊富で速さもあり、フィードバックや開発能力が高いパニスをマクラーレン首脳陣は高く評価していた。ドライバーのハッキネン、クルサード共にパニスの貢献度を賞賛し、ドライバーとしての価値が再び上がることになった[2]。チームは破格の条件を提示して残留に務めたが、パニスはレース出場を望んで移籍を決断した。

B・A・R時代[編集]

マクラーレンでの働きを評価され、2001年からB・A・Rのレギュラードライバーとして契約した。マシンの戦闘力不足もあり、最高位は2001年ブラジルGPでの4位。2002年限りでB.A.Rを離脱した。

トヨタ時代[編集]

2004年アメリカGPにてトヨタ・TF104をドライブするパニス

2003年からトヨタへ移籍。2シーズンを戦った後、2004年の日本GPをもってレギュラードライバーを退いた。

2005年からは同チームのテストドライバーを務め、シーズン開幕当初のレギュレーションでは金曜フリー走行に参加する資格を有していなかった[注釈 1]が、レッドブルの働きかけ[注釈 2]によりレギュレーションが変更となったことから、パニスの引退によりフランス人ドライバーが不在となったことを憂慮したバーニー・エクレストンの要請を受けて、第10戦フランスGPのみ、リカルド・ゾンタに代わり第3ドライバーとして金曜フリー走行に出走することとなった。

2006年を最後にF1から完全に引退することとなったが、氷上レースにトヨタから参加することになった。

F1引退後[編集]

2009年のスパ1000kmレースでオレカ・01をドライブするパニス

A1グランプリの2007 - 2008年シーズンにおいて、フランスチームのスポーティングディレクターとして指揮を執ることが発表された。

2008年にはオレカと契約してスポーツカーレース (LMP1) に転向。ル・マン・シリーズアメリカン・ル・マン・シリーズに参戦し、2011年のセブリング12時間レースで優勝(マシンはプジョー・908 HDi FAP)。ル・マン24時間レースでは2009年と2011年に総合5位を記録した。

また、ドライバーのマネージメントも行い、母国の後輩シャルル・ピックをサポート。2012年にF1デビューしたピックのマネージャーとして働いている。

エピソード[編集]

プロスト・グランプリ在籍時、チームメイトであった中野信治はチーム内で何かと冷遇を受けていた。パニスにとってはライバルでもあるが、さすがにこのあまりの冷遇振りに同じF1ドライバーとして心を痛め、「シンジにも彼が走りやすい環境を作ってやってほしい」と苦言をアラン・プロストに呈した。しかし、最後まで待遇改善は行われなかったという。

マクラーレンの初テストでパニスのシートには、赤ワインカマンベールチーズが事前に置かれてあった。スタッフの粋な歓迎に、パニスはとても喜んだ。

F1での年度別成績[編集]

エントラント シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 WDC ポイント
1994 リジェ JS39B BRA
11
PAC
9
SMR
11
MON
9
ESP
7
CAN
12
FRA
Ret
GBR
12
GER
2
HUN
6
BEL
7
ITA
10
POR
DSQ
EUR
9
JPN
11
AUS
5
11位 9
1995 JS41 BRA
Ret
ARG
7
SMR
9
ESP
6
MON
Ret
CAN
4
FRA
8
GBR
4
GER
Ret
HUN
6
BEL
9
ITA
Ret
POR
Ret
EUR
Ret
PAC
8
JPN
5
AUS
2
8位 16
1996 JS43 AUS
7
BRA
6
ARG
8
EUR
Ret
SMR
Ret
MON
1
ESP
Ret
CAN
Ret
FRA
7
GBR
Ret
GER
7
HUN
5
BEL
Ret
ITA
Ret
POR
10
JPN
7
9位 13
1997 プロスト JS45 AUS
5
BRA
3
ARG
Ret
SMR
8
MON
4
ESP
2
CAN
11
FRA GBR GER HUN BEL ITA AUT LUX
6
JPN
Ret
EUR
7
9位 16
1998 AP01 AUS
9
BRA
Ret
ARG
15
SMR
11
ESP
16
MON
Ret
CAN
Ret
FRA
11
GBR
Ret
AUT
Ret
GER
15
HUN
12
BEL
DNS
ITA
Ret
LUX
12
JPN
11
NC 0
1999 AP02 AUS
Ret
BRA
6
SMR
Ret
MON
Ret
ESP
Ret
CAN
9
FRA
8
GBR
13
AUT
10
GER
6
HUN
10
BEL
13
ITA
11
EUR
9
MAL
Ret
JPN
Ret
15位 2
2001 BAR 003 AUS
7
MAL
Ret
BRA
4
SMR
8
ESP
7
AUT
5
MON
Ret
CAN
Ret
EUR
Ret
FRA
9
GBR
Ret
GER
7
HUN
Ret
BEL
11
ITA
9
USA
11
JPN
13
14位 5
2002 004 AUS
Ret
MAL
Ret
BRA
Ret
SMR
Ret
ESP
Ret
AUT
Ret
MON
Ret
CAN
8
EUR
9
GBR
5
FRA
Ret
GER
Ret
HUN
12
BEL
12
ITA
6
USA
12
JPN
Ret
14位 3
2003 トヨタ TF103 AUS
Ret
MAL
Ret
BRA
Ret
SMR
9
ESP
Ret
AUT
Ret
MON
13
CAN
8
EUR
Ret
FRA
8
GBR
11
GER
5
HUN
Ret
ITA
Ret
USA
Ret
JPN
10
15位 6
2004 TF104 AUS
13
MAL
12
BHR
9
SMR
11
ESP
Ret
MON
8
EUR
11
CAN
DSQ
USA
5
FRA
15
GBR
Ret
14位 6
TF104B GER
14
HUN
11
BEL
8
ITA
Ret
CHN
14
JPN
14
BRA
2005 TF105 AUS MAL BHR SMR ESP MON EUR CAN USA FRA
TD
GBR GER HUN TUR ITA BEL BRA JPN CHN - -

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 過去2シーズンで計6レースを超える出走している場合には金曜セッションに参加できない。
  2. ^ リウッツィとシートをシェアするクリエンは2004年にフル参戦していた為、本来資格を有していなかったが、リウッツィ出走時にクリエンを第3ドライバーとして出走可能とした。

脚注[編集]

  1. ^ a b F1グランプリ特集』2月号(Vol.128)、ソニーマガジンズ、2000年、47頁。
  2. ^ 『アズ・エフ 2001F1総集編』、三栄書房、2001年、62頁。

外部リンク[編集]