2004年サンマリノグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンマリノの旗 2004年サンマリノグランプリ
レース詳細
Imola.svg
日程 2004年シーズン第4戦
決勝開催日 4月25日
開催地 イモラ・サーキット
イタリア エミリア=ロマーニャイモラ
コース長 4.933km
レース距離 62周、305.609km
決勝日天候 晴れ(ドライ)
ポールポジション
ドライバー イギリスの旗 ジェンソン・バトン
タイム 1'19.753
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
タイム 1'20.411(Lap 10)
決勝順位
優勝 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
タイム 1:26'19.670
2位 イギリスの旗 ジェンソン・バトン
3位 コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ

2004年サンマリノグランプリは、2004年F1世界選手権の第4戦として、2004年4月25日アウトドローモ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ(イモラ・サーキット)で開催された。

概要[編集]

例年、ヨーロッパラウンドの開幕という位置づけのサンマリノGPである。この年は、アイルトン・セナローランド・ラッツェンバーガーがイモラ・サーキットでの没後10年ということで、両名の友人であるゲルハルト・ベルガーが決勝レース直前にセナが1986年にドライブしたロータス 98Tを駆った[1]。また、グランドスタンド横には、セナのメモリアルアートが新たに製作され、除幕式が行われた[2]

予選[編集]

1回目[編集]

このセッションはウィリアムズファン・パブロ・モントーヤが好調でこのセッショントップタイムを記録する。また、2番手にはチームメイトのラルフ・シューマッハが入った。6番手にはザウバージャンカルロ・フィジケラが入るも、計測終了後のアウトラップでギヤボックスに異常が発生してしまう[3]

2回目[編集]

開幕戦以来エンジントラブルに見舞われているマクラーレンキミ・ライコネンは。今回も排気バルブシールのトラブルに見舞われ[3]、インラップのみでピットインをし、アタックを行わなかった。予選終了後にエンジンを交換し、最後尾からのスタートとなる[3]。また、フィジケラもギヤボックストラブルを修復することができず、19番手スタートとなった[3]

ジェンソン・バトンがすばらしい走りを見せ、暫定トップに立つ。その後にアタックしたミハエル・シューマッハはセクター1,2でバトンより速いラップを刻むも、シケイン(バリアンテ・アルタ)で挙動を乱し、0.258秒届かず2番手となった。この後にアタックしたウィリアムズ勢はタイムが良くなく、バトンとB・A・Rにとって初めての、ホンダにとっては1992年カナダGP以来のポールポジションを獲得した。

結果[編集]

自身初のポールポジションを獲得したジェンソン・バトン
順位 No ドライバー チーム 1回目 2回目
1 9 イギリスの旗 ジェンソン・バトン B・A・Rホンダ 1'20.632 1'19.753
2 1 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1'20.440 1'20.011
3 3 コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズBMW 1'19.805 1'20.212
4 2 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 1'20.927 1'20.451
5 4 ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ ウィリアムズBMW 1'20.423 1'20.538
6 8 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ ルノー 1'21.799 1'20.895
7 10 日本の旗 佐藤琢磨 B・A・Rホンダ 1'20.984 1'20.913
8 15 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー ジャガーコスワース 1'21.458 1'20.921
9 11 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ ルノー 1'21.669 1'21.034
10 16 ブラジルの旗 クリスチアーノ・ダ・マッタ トヨタ 1'21.737 1'21.087
11 5 イギリスの旗 デビッド・クルサード マクラーレンメルセデス 1'20.566 1'21.091
12 12 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ザウバーペトロナス 1'22.154 1'21.532
13 17 フランスの旗 オリビエ・パニス トヨタ 1'21.231 1'21.558
14 15 オーストリアの旗 クリスチャン・クリエン ジャガーコスワース 1'22.246 1'21.949
15 19 イタリアの旗 ジョルジオ・パンターノ ジョーダンフォード 1'24.643 1'23.352
16 18 ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド ジョーダンフォード 1'23.055 1'23.488
17 20 イタリアの旗 ジャンマリア・ブルーニ ミナルディコスワース 1'26.563 1'26.899
18 21 ハンガリーの旗 ゾルト・バウムガルトナー ミナルディコスワース 1'27.319 1'46.299
19 11 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ ザウバーペトロナス 1'20.716 No Time
20 6 フィンランドの旗 キミ・ライコネン マクラーレンメルセデス 1'21.181 No Time
  • 予選1回目のタイムが遅いドライバーから予選2回目を行う。

決勝[編集]

展開[編集]

ポールポジションからスタートしたバトンは順当なスタートを切るも、2番手のミハエル・シューマッハが出遅れる。後続から激しく追い上げを受け、トサコーナーではモントーヤに並ばれるも、何とか2番手を維持する。この時、モントーヤはミハエルによって進路をふさがれてしまったため、マシンをダートに落とした。

この混乱の中、順位を4番手にまで上げた佐藤琢磨だったが、この時、フロントサスペンションのサードダンパーが破損しており、マシンの挙動に手を焼くこととなる。

ブリヂストンタイヤの特性で、序盤苦労していたミハエルだったが、1回目のピットストップを迎えるまでには、1位走行中のバトンの後方0.6秒にまで迫っていた。そして9周目にバトンが1回目のピットストップのためにピットへ戻る。

ミハエルは11周目にピットインするが、10周目と11周目のセクター1と2で最速ラップを刻みピットイン。バトンの前でコースに復帰する。

このころ、琢磨のマシンにギヤボックストラブル(勝手に1段下のギヤに変速してしまう)が発生していた。

1回目のピットを済ませたミハエルとバトンだったが、ミハエルが1分21秒台で走行するのに対し、バトンは1分22秒台でじりじりと両者の差は広がっていく。そして2回目にピットストップ後も両車の位置関係は変わらなかった。

フェルナンド・アロンソとラルフは激しい5番手争いを繰り広げていたが、51周目にトサコーナーでアロンソがラルフのインに飛び込む。両車は接触し、アロンソはそのまま走り続けるが、ラルフはサイドポンツーンを痛め、スピンをしてしまったことで順位を落とした。

残り5周となった所で、琢磨がエンジントラブルでリタイヤ(16位完走扱い)してしまった。前述のギヤボックストラブルの影響でエンジンに負担がかかってしまったことによるトラブルと見られる。

チェッカー。ミハエルが開幕戦からの4連勝。2位のバトンは自身最高位を記録した。8位のライコネンは2004年シーズンの自身初入賞をようやくゲットした。

結果[編集]

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 1 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 62 1:26'19.670 2 10
2 9 イギリスの旗 ジェンソン・バトン B・A・Rホンダ 62 + 9.698 1 8
3 3 コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズBMW 62 + 21.564 3 6
4 8 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ ルノー 62 + 23.654 6 5
5 7 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ ルノー 62 + 36.216 9 4
6 2 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 62 + 36.683 4 3
7 4 ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ ウィリアムズBMW 62 + 55.730 5 2
8 6 フィンランドの旗 キミ・ライコネン マクラーレンメルセデス 61 +1 Lap 20 1
9 11 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ ザウバーペトロナス 61 +1 Lap 18  
10 12 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ザウバーペトロナス 61 +1 Lap 12  
11 17 フランスの旗 オリビエ・パニス トヨタ 61 +1 Lap 13  
12 5 イギリスの旗 デビッド・クルサード マクラーレンメルセデス 61 +1 Lap 11  
13 14 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー ジャガーコスワース 61 +1 Lap 8  
14 15 オーストリアの旗 クリスチャン・クリエン ジャガーコスワース 60 +2 Laps 14  
15 19 ハンガリーの旗 ゾルト・バウムガルトナー ミナルディコスワース 58 +4 Laps 19  
16 10 日本の旗 佐藤琢磨 B・A・Rホンダ 56 +6 Laps 7  
リタイヤ 18 ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド ジョーダンフォード 48 ドライブシャフト 16  
リタイヤ 16 ブラジルの旗 クリスチアーノ・ダ・マッタ トヨタ 32 アクシデント 10  
リタイヤ 20 イタリアの旗 ジャンマリア・ブルーニ ミナルディコスワース 22 ブレーキバランス 17  
リタイヤ 19 イタリアの旗 ジョルジオ・パンターノ ジョーダンフォード 6 ハイドロリック 15  
  • 予選、決勝順位は、公式サイト[4]より

第4戦終了時点でのランキング[編集]

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
1 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ 40
2 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ 24
3 イギリスの旗 ジェンソン・バトン 23
4 コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ 18
5 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ 16
コンストラクターズ・チャンピオンシップ
順位 チーム ポイント
1 イタリアの旗 フェラーリ 64
2 フランスの旗 ルノー 31
3 イギリスの旗 ウィリアムズ-BMW 27
4 イギリスの旗 B・A・R-ホンダ 27
5 イギリスの旗 マクラーレン-メルセデス 5
  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ F1速報サンマリノGP号』 ニューズ出版2004年、p.9。
  2. ^ F1速報サンマリノGP号』 ニューズ出版2004年、p.66。
  3. ^ a b c d F1速報サンマリノGP号』 ニューズ出版2004年、p.58。
  4. ^ 2004 San Marino Grand Prix”. 2009年8月6日閲覧。
前戦
2004年バーレーングランプリ
FIA F1世界選手権
2004年シーズン
次戦
2004年スペイングランプリ
前回開催
2003年サンマリノグランプリ
サンマリノの旗 サンマリノグランプリ 次回開催
2005年サンマリノグランプリ