リジェ・JS39

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リジェ・JS39 / JS39B
カテゴリー F1
コンストラクター フランスの旗 リジェ
デザイナー フランスの旗 ジェラール・ドゥカルージュ
イギリスの旗 ジョン・デイヴィス
先代 リジェ・JS37
後継 リジェ・JS41
主要諸元
シャシー モノコック カーボンファイバー ケブラー
サスペンション(前) 1993年 - TRC
エンジン ルノー RS5/6 (メカクローム), 3.5リッター, 780-790馬力 67度 V10, NA, ミッドエンジン, 縦置き,
トランスミッション ウィリアムズ / XTrac製 6速
重量 505kg
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム リジェ ジタン・ブロンド
ドライバー イギリスの旗 マーティン・ブランドル
イギリスの旗 マーク・ブランデル
フランスの旗 エリック・ベルナール
イギリスの旗 ジョニー・ハーバート
フランスの旗 フランク・ラゴルス
フランスの旗 オリビエ・パニス
初戦 南アフリカ共和国の旗 1993年南アフリカグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
32 0 0 0
テンプレートを表示

リジェ・JS39は、リジェチームが1993年シーズンF1参戦に用いたフォーミュラ1カーである。

JS39[編集]

開幕前にチームオーナーがギ・リジェからシリル・ド・ルーブルへ交代。エンジンはルノー RS5 3.5リッター V10を搭載し、ジタンがスポンサードした。ドライバーは以前にブラバムでもチームメイト同士だったマーティン・ブランドルマーク・ブランデルというイギリス人コンビを起用した。

チャンピオンチームであるウィリアムズと同スペックのルノーエンジンを搭載して2年目となり、開幕戦南アフリカGPでは幸先よくブランデルが3位表彰台を獲得。リジェとしては1986年アメリカGP以来の表彰台となった。その後もサンマリノGP(ブランドル)、ドイツGP(ブランデル)の3位入賞などでシーズン獲得ポイントは23、コンストラクターズランキングは5位という好成績を収めた。

なお、日本GPでは日本国内でのジタンタバコの販売開始を記念して、ブランドルのマシンのみ迷彩模様のようなアートカラーリングで走行した。デザインはイタリアの漫画家ウーゴ・プラット (Hugo Pratt) が手掛けた。当時は1台のみスペシャルカラーリングを施すこともできたが[1]、1999年以降は(特例は除いて)同一チームのマシンは同じカラーリングで走行することが義務付けられている。

JS39B[編集]

新オーナーの逮捕などでチームの内情が混乱し、1994年は前年の改良型JS39Bが投入された。エンジンはルノー RS6 3.5リッター V10を搭載し、メインスポンサーはジタンであった。

シーズン中にはベネトンチーム代表のフラビオ・ブリアトーレによって買収され、翌年からベネトンにルノーエンジンを譲り渡すことが決まった。ドライバー選考もベネトンの影響を受け、破産寸前のロータスからジョニー・ハーバートを買い取ると、それまでのレギュラーだったエリック・ベルナールをロータスへ放出。ハーバートがベネトンに招聘されると、テストドライバーのフランク・ラゴルスにシートを与えた。

新人のオリビエ・パニスは安定した成績を残し、ドイツGPで2位初表彰台を獲得した。このレースではベルナールも3位に入り、ダブル表彰台だった。シーズン獲得ポイントは13にとどまり、コンストラクターズランキングは6位となった。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1993年 JS39 ルノー RS5
3.5 V10
G RSA
南アフリカ共和国の旗
BRA
ブラジルの旗
EUR
欧州連合の旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
23 5
25 イギリスの旗 マーティン・ブランドル Ret Ret Ret 3 Ret 6 5 5 14 8 5 7 Ret 6 9 6
26 イギリスの旗 マーク・ブランデル 3 5 Ret Ret 7 Ret Ret Ret 7 3 7 11 Ret Ret 7 9
1994年 JS39B ルノー RS5
3.5 V10
G BRA
ブラジルの旗
PAC
太平洋共同体の旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
ESP
スペインの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
EUR
欧州連合の旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
13 6
25 フランスの旗 エリック・ベルナール Ret 10 12 Ret 8 13 Ret 13 3 10 10 7 10
26 フランスの旗 オリビエ・パニス 11 9 11 9 7 12 Ret 12 2 6 7 10 DSQ 9 11 5
25 イギリスの旗 ジョニー・ハーバート 8
25 フランスの旗 フランク・ラゴルス Ret 11

脚注[編集]

  1. ^ 前例としては、1977年日本GPにおけるロータス・78(JPSカラーとインペリアルカラー)、1986年ポルトガルGPにおけるマクラーレン・MP4/2C(マールボロカラーとマールボロライトカラー)がある。