リジェ・JS5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リジェ・JS5
イタリアGPにてJS5をドライブするジャック・ラフィット
イタリアGPにてJS5をドライブする
ジャック・ラフィット
カテゴリー F1
コンストラクター フランスの旗 リジェ
デザイナー フランスの旗 ジェラール・ドゥカルージュ
フランスの旗 ミッシェル・ポイジョン
フランスの旗 ポール・カリロ
後継 リジェ・JS7
主要諸元
シャシー アルミニウムモノコック
エンジン マトラ MS73, 3.0リッター, 490馬力, 11,500rpm V12, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド TL 2-200 5速
重量 605kg
燃料 シェル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム リジェ ジタン
ドライバー フランスの旗 ジャック・ラフィット
初戦 ブラジルの旗 1976年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 1 0
テンプレートを表示

リジェ・JS5は、リジェチームが1976年シーズンF1参戦に用いたフォーミュラカーである。

この年からF1に参戦したリジェはオールフランスを標榜し、フランスのマトラ製V12エンジンを搭載して、多くのスポンサーからの潤沢な資金でシーズンを戦った。ジャック・ラフィットがドライブするJS5は巨大なインダクションポットを備え、「ティーポット」と揶揄された。第4戦スペインGP以降、レギュレーション改正で高さ制限がされると、巨大なインダクションポッドは姿を消し、コンベンショナルな形状に変えられた。

この特異な形状が取り沙汰されたものの、速さは十分備えており、イタリアGPでチーム初のポールポジションを獲得。ベルギーGP、イタリアGPで3位、オーストリアGPで2位に入賞する。シーズンでの総獲得ポイントは20で、デビューイヤーながらコンストラクターズランキング5位となった。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1976年 JS5 マトラ MS73
3.0 V12
G BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカ連邦の旗
USW
アメリカ合衆国の旗
ESP
スペインの旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
SWE
スウェーデンの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USE
アメリカ合衆国の旗
JPN
日本の旗
20 5
26 フランスの旗 ジャック・ラフィット Ret Ret 4 12 3 12 4 14 Ret Ret 2 Ret 3 Ret Ret 7


参照[編集]

外部リンク[編集]