ジェラール・ラルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェラール・ラルース
GerardLarrousse1975.jpg
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・リヨン
生年月日 1940年5月23日(73歳)
F1での経歴
所属チーム スクーデリア・フィノット
活動時期 1974
出走回数 2 (1 starts)
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1974年ベルギーGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1974年フランスGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ジェラール・ラルースGérard Larrousse, 1940年5月23日 -)は、フランス・リヨン出身の元レーシングドライバーで、ラリースポーツカーレースF1に参戦した。

人物[編集]

ニュルブルクリンクポルシェ・908/2をドライブするジェラール・ラルース(1970年)

ラルースは1974年5月12日にF1にデビューし、2度参戦したが、ポイントを獲得することはできなかった。いずれのレースもスクーデリア・フィノットブラバム・BT42をドライブした。

本格的にサーキットレースを始める前に、ラルースはアルピーヌ・A110でフランスラリー選手権を制した。国際ラリーではポルシェ・911で最大の成功を収め、1969年のツール・ド・コルスに勝利し、1969年、1970年、1972年のモンテカルロ・ラリーで2位に入った。グラベルラリーでは、1970年のRACラリーで6位となった。

1971年にはポルシェ・917Kに乗り、ヴィック・エルフォードと組んでセブリング12時間レースに勝利した。また、ポルシェ・908/03でニュルブルクリンク1000kmも制した。そして1973年と1974年にはアンリ・ペスカロロと組んでマトラシムカMS670Bル・マン24時間レースを連覇した。

スポーツカーのキャリアを終えると、ラルースはレースマネージャーへ転進した。ラルースはルノーのファクトリーチームが1985年にF1を撤退するまでの最後の2シーズンにチームマネージャーを務めた。 その後1987年から1994年まで、パートナーと名前を替えながら自身のF1チーム「ラルース」を運営した。



F1での生涯成績[編集]

(key)

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 WDC Pts.
1974 スクーデリア
フィノット
ブラバム BT42 Ford V8 ARG BRA RSA ESP BEL
Ret
MON SWE NED FRA
DNQ
GBR GER AUT ITA CAN USA - 0

外部リンク[編集]

先代:
アンリ・ペスカロロ
グラハム・ヒル
ル・マン24時間優勝者
1973 with:
アンリ・ペスカロロ
次代:
アンリ・ペスカロロ
ジェラール・ラルース
先代:
アンリ・ペスカロロ
ジェラール・ラルース
ル・マン24時間優勝者
1974 with:
アンリ・ペスカロロ
次代:
ジャッキー・イクス
デレック・ベル