チェーザレ・フィオリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チェーザレ・フィオリオCesare Fiorio1939年5月26日 - )は、イタリアトリノ出身の元レーシングチームマネージャー。世界ラリー選手権(WRC)のランチアF1スクーデリア・フェラーリなどの強豪チームを指揮した。フジテレビF1中継では「チェザーレ・フィオリオ」と表記されていた。

略歴[編集]

ランチア時代[編集]

大学で政治学を学びながらレース活動を始め、1961年にイタリアGT選手権1,150ccクラスのチャンピオンとなる。1962年、モンテカルロ・ラリー挑戦のため、仲間とプライベートチーム「HFスクアドラ・コルセ」を設立。その後ドライバーを辞め、中古車ディーラーのセールスマンとして働きながらチーム運営を行う。HF・スクアドラ・コルセはランチアのセミワークスからワークスチームに昇格し、ランチア・フルヴィア・ラリーHFで活躍。フィオリオはサンドロ・ムナーリを発掘し、会社がフィアットに買収された後も指揮をとる。

ランチア・ストラトス(1975年型)

1970年、トリノオートショーに出展された斬新なコンセプトカー、ベルトーネ・ストラトス・ゼロに目をつけ、ランチア・ストラトス開発計画を立ち上げる。その車に着目したのはスタイルではなく、ミッドシップという点であった。同じフィアット傘下のフェラーリからディーノV6エンジンを獲得するため、総帥エンツォ・フェラーリに直談判。スクーデリア・フェラーリの監督代行としてタルガ・フローリオで優勝し、エンジン供給を許された。この際、フィオリオを気に入ったエンツォが、ランチアとフィアットに譲ってくれないか持ちかけたという逸話もある[1]

ランチアは1974年から1976年にかけてWRCマニュファクチャラーズ選手権3連覇を達成。しかし、フィアットの意向でアバルト・131ラリーのワークス活動を優先することになり、ランチアチームの人員の大半はスポーツカーレースへ転向され、ストラトスの栄光は短命に終わった。実質上の生みの親であるフィオリオにとっても、まだ一線級で戦える完成度7割のストラトスの引き際を考える事は苦渋の選択であった[2]。131の時代が終わるとフィアット車での参戦のメインストリームをリトモ等の小型車へ移行させる。

フィオリオ自身は1976年末のランチアとフィアットのレース部門統合により、両方のチームマネージャーを兼任する。ランチアは1979年よりスポーツカー世界選手権グループ5(1982年よりグループC)、1982年よりWRCグループBに参戦し、フィオリオもサーキットとオフロードを転戦する。WRCではランチア・ラリー037に続きモンスターマシン、ランチア・デルタS4を投入。アッティリオ・ベッテガミキ・ビアシオンヘンリ・トイヴォネンら有望なドライバーを抜擢する。1983年にマニュファクチャラーズタイトルを獲得するが、ツール・ド・コルスで1985年にベッテガ、1986年にトイヴォネンを失う。フィオリオは「ヘンリは間違いなく私の30年以上に及ぶキャリアの中で出会った最高のドライバーだった。デルタS4の恐るべきポテンシャルを100%使い切ることができたのは、おそらく彼ひとりだったと思う」と振り返る[1]グループA移行後はランチア・デルタHF 4WDを投入し、1987年からマニュファクチャラーズタイトルを6連覇。WRC通算74勝、マニュファクチャラーズタイトル10回[3]という最多記録を残した。

フィオリオは1984年よりフィアットグループのモータースポーツ部門を統括。1987年よりサッカーセリエAの名門ユヴェントスの経営陣に加わり、1988年にはアルファ・ロメオのスポーティングディレクターに就任するなど、フィアットグループのスポーツ関連の要職を兼任する。

フェラーリ時代[編集]

1988年、エンツォ・フェラーリの死去後、エンツォが掌握していたスクーデリア・フェラーリもフィアット傘下に入る。1989年、長年チームマネージャーを務めたマルコ・ピッチニーニに代わり、フィオリオがF1の名門の指揮を取ることになる。革新的なフェラーリ・640でこの年3勝、翌1990年はフェラーリ・641(および641/2)で6勝を挙げ、常勝マクラーレンホンダに対抗する。

1991年は開幕から不振に陥り、チームに内紛が発生。エースドライバーのアラン・プロストはチームの管理能力を問うコメントを発し、第4戦モナコGP後にフィオリオは更迭される。突然の解任劇の裏には、フィオリオとアイルトン・セナが進めていた移籍交渉がフェラーリの幹部を怒らせたことも関連していた[4]。後任はランチアのエンジン開発主任だったクラウディオ・ロンバルディ。そのまた後任はプジョーラリーチームの元マネージャーで、フィオリオと因縁浅からぬ関係のジャン・トッドだった(詳細はグループB#1986年を参照)。

その後[編集]

フェラーリを去った後しばらくF1界から離れるが、1994年、フラビオ・ブリアトーレが買収したリジェのチームマネージャーに就任する。翌年トム・ウォーキンショーが共同オーナーになると、シーズン途中に解任される。1996年はフォルティに在籍した後、リジェに復帰。1997年にはリジェがプロスト・グランプリとなり、オーナーがアラン・プロスト、マネージャーがフィオリオというフェラーリ時代からは想像もつかない体制となる。1998年末にプロストを解任されるとミナルディに合流し、2000年シーズン途中までスポーティングディレクターを務めた。

近年はイタリア国営放送(RAI)のF1中継コメンテーターを務め、サルデーニャ島で悠々自適の生活を送っている。

人物・エピソード[編集]

親子3代ランチアの関係者。父親のサンドロ・フィオリオは皮革産業界の実力者で、ランチアの広報部長としてオーナーズクラブ「ハイファイ」(HI.FI.)を運営していた。その伝手でランチアから援助を受けたチェーザレは、チーム名にHF(アッカ・エッフェ)のイニシャルを付け忠誠心を示した。息子のアレッサンドロ・フィオリオ(アレックス・フィオリオ)はラリードライバーで、1987年のグループNチャンピオン。1988年、1989年はグループAでワークスのランチア・デルタ・HFインテグラーレに乗り、それぞれ選手権3位、2位の成績を残している。娘のジョルジア・フィオリオは歌手として成功した後、写真家に転身している。

派手な私服とトレードマークの黒いサングラスから、イタリア人記者に「ハリウッド」と渾名された。生来の競争好きで、パワーボートレースの分野でも一流の記録を持つ。1992年にはフィアットのジャンニ・アニェッリ会長の支援をうけ「デストリエーロ号」で大西洋横断世界記録に挑み、ブルーリボン賞を獲得する[5]

勝利にこだわる哲学を持ち、高性能マシンの投入、サービス体制の強化など、アマチュア的なラリー界に現代的なプロフェッショナリズムを持ち込んだ。1972年のタルガ・フローリオでは、レース界初の本格的な無線交信システムを導入し、フェラーリを勝利に導く。反面、厳格なリーダーシップやレギュレーションの隅を突く業師ぶりは軋轢や論争を生んだ[6]

1976年のサンレモ・ラリーでは、エースドライバーのサンドロ・ムナーリを勝たせるためチームオーダーを発令。これに反してビョルン・ワルデガルドが優勝すると激怒し、ワルデガルドをチームから放出する。1983年のモンテカルロ・ラリーでは、レース後の車検でレギュレーション違反が見つかり優勝を取り消されるが、問題の部品がパイプの一部だと主張し、1戦のみの特例として優勝を認めさせた。

1989年のF1ポルトガルGPでは、フェラーリのナイジェル・マンセルがピット作業違反で失格になりながら走行を続けた。マクラーレンのロン・デニス代表がフェラーリのピットへ向かい、3本指を立てて「3回黒旗が出ている」と抗議すると、フィオリオは中指を立てて応酬した。その後マンセルはマクラーレンのセナと接触し一騒動となる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「CAR GRAPHIC」 2004年9月号 ニ玄社 p101-102
  2. ^ 三栄ムック ラリーカーズ Vol.1 Lanchia Stratos HF「Interview with Key Person チェザーレ・フィオリオ」、「History of Stratos 絶対王者のジレンマ」より抜粋参考。
  3. ^ WRC創設以前の国際メイクス選手権でも1972年にタイトルを獲得している。
  4. ^ 「Racing On」 2007年1月号 ニューズ出版 p55
  5. ^ 国立科学博物館特別展 イタリア科学とテクノロジーの世界
  6. ^ ストラトス誕生の経緯や、デルタのフロントバンパーを「誤差」と規定した車体全長の1%分だけオフセットして装着させた件など

関連項目[編集]