パトリック・デパイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パトリック・デパイユ
PatrickDepailler-ar.jpg
基本情報
フルネーム パトリック・アンドレ・ウジェーヌ・ジョゼフ・デパイユ
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・ピュイ=ド=ドーム県クレルモン=フェラン
生年月日 1944年8月9日
没年月日 1980年8月1日(満35歳没)
F1での経歴
所属チーム '72,'74-'78 ティレル
'79 リジェ
'80 アルファ・ロメオ
活動時期 1972- 1980
出走回数 95
優勝回数 2
通算獲得ポイント 141
表彰台(3位以内)回数 19
ポールポジション 1
ファステストラップ 4
F1デビュー戦 1972年フランスGP
初勝利 1978年モナコGP
最終勝利 1979年スペインGP
最終戦 1980年イギリスGP
タイトル 0
テンプレートを表示

パトリック・デパイユ(Patrick André Eugène Joseph Depailler, 1944年8月9日 - 1980年8月1日)は、フランスのレーシングドライバー。1971年フランスF31974年ヨーロッパF2チャンピオン。

名前はデパイエドゥパイエドゥパイユドパイエとも表記される。

経歴[編集]

ピュイ=ド=ドーム県クレルモン=フェラン出身。

1973年以前[編集]

F2マシンでニュルブルクリンクを走行するデパイユ(1970年)

元々は2輪でレース活動を行っていたが、その後4輪レースに転向。1967年よりフランスF3に参戦すると、1971年にはチャンピオンを獲得。

1972年にはティレルのサードドライバーとして、F1に2度スポット参戦。デビュー戦である第6戦フランスGPでは、周回不足により完走として扱われなかったが、最終戦アメリカGPでは11位で完走している。

1973年はヨーロッパF2にスポット参戦。前年同様ティレルからスポット参戦の予定があったが、バイク事故で負傷し断念する。

1974年[編集]

1974年より、ティレルよりF1にフル参戦を開始。開幕戦のアルゼンチンGPで6位に入り、初入賞。第7戦スウェーデンGPでは、予選でポールポジション(以下:PP)を獲得し、決勝でも2位に入り初の表彰台を経験。また、ファステストラップ(以下:FL)も記録している。

この他にも数回の入賞を記録したが、チームメイトのジョディー・シェクターは2勝を含む9度の入賞(表彰台6回)を記録しており、やや見劣りする結果となる。獲得ポイントでも、シェクターに31ポイント差をつけられることとなった。

この年はF1と平行しヨーロッパF2に参戦、4勝を挙げチャンピオンを獲得している。

1975年[編集]

この年は前年と比較するとチームは不調となるが、そんな中でも第3戦南アフリカGPでの3位表彰台を含む5度の入賞を記録、入賞の総回数ではシェクターを上回った(シェクターは4度)。

しかし年間獲得ポイントでは、1勝を含む3度の表彰台を記録していたシェクターを、この年も下回ることとなった。

1976年[編集]

1976年オランダグランプリでティレル・P34をドライブするデパイユ

1976年もティレルから参戦。2位5回、3位2回、6位1回、FL1回という成績を残し、ランキング4位を獲得。結果的にこの4位は、自身最高の年間記録となった。

しかし、この年も1勝を含めデパイユを上回る入賞数を記録したシェクターに対し、獲得ポイントで後塵を拝すこととなった。また、何度も2位に入りながら優勝は出来なかったことから、「万年2位」との声も挙がるようになる。

この年は、チームが6輪車として知られるP34を途中投入した年でもある。まず第4戦スペインGPにて、デパイユ車のみに投入されることとなった為、デパイユは6輪マシンでF1に参戦した最初のドライバーとなった。

1977年[編集]

1977年もP34で参戦するが、この年はチームは不調に陥り、シェクターに代わってティレルに加入したロニー・ピーターソン共々、苦しいシーズンを送ることとなる。

しかし、そんな中でも3度表彰台に挙がり、年間獲得ポイントでもピーターソンの7に対し20と、初めてチームメイトを上回った。

1978年[編集]

1978年は開幕から好調であり、4戦中3戦で表彰台を記録すると、第5戦モナコGPで予選5位から初優勝。フル参戦5年目のことだった。

その後はリタイヤが多くなり、開幕当初ほどの活躍は無かったが、5度の表彰台を含む7度の入賞で、チームメイトのディディエ・ピローニを圧倒している(ピローニは入賞5回であり、うち2度の5位が最高位だった)。

1979年[編集]

1979年はリジェから参戦。この年のマシン・JS11は高性能を誇り、デパイユはチームメイトのジャック・ラフィーと共に好調を維持。予選で度々フロントローにマシンを並べると、第5戦スペインGPで自身2勝目を記録。第7戦モナコGP終了の時点で、ジル・ヴィルヌーヴと並んでランキング3位につけていた。

しかしその矢先、ハンググライダーで事故をおこし、両足を骨折。残りのレースを全てキャンセルすることとなり、シーズンを棒に振った。

結果的に15戦中7戦のみの出走となったが、最終的にランキング6位となっている。

1980年[編集]

1980年はアルファ・ロメオから参戦。しかし、第8戦イギリスGPを終了した時点で、一度も完走を果たせずにいた。

事故死[編集]

8月1日、デパイユとアルファ・ロメオチームはドイツGPを9日後に控えたホッケンハイムリンクにて、マシンテストを行うことになった。しかし、テスト開始から間もなく、オストカーブ(後にシケインとなリ、現在は廃止)でコースアウトしてクラッシュ。病院へと運ばれたが、救急車の中で死亡が確認された。即死の状態だったという。

テスト中の事故ということもあって目撃者がおらず、正確な事故原因は特定されていないが、空力パーツのトラブルによる可能性が高いとされている。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1972年 ティレル フォード V8 ARG
RSA
ESP
MON
BEL
FRA
NC
GBR
GER
AUT
ITA
CAN
USA
7
24位
(NC)
0
1974年 フォード V8 ARG
6
BRA
8
RSA
4
ESP
8
BEL
Ret
MON
9
SWE
2
NED
6
FRA
8
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
ITA
11
CAN
5
USA
6
9位 14
1975年 フォード V8 ARG
5
BRA
Ret
RSA
3
ESP
Ret
MON
5
BEL
4
SWE
12
NED
9
FRA
6
GBR
9
GER
9
AUT
11
ITA
7
USA
Ret
9位 12
1976年 フォード V8 BRA
2
RSA
9
USW
3
ESP
Ret
BEL
Ret
MON
3
SWE
2
FRA
2
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
NED
7
ITA
6
CAN
2
USA
Ret
JPN
2
4位 39
1977年 フォード V8 ARG
Ret
BRA
Ret
RSA
3
USW
4
ESP
Ret
MON
Ret
BEL
8
SWE
4
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
13
NED
Ret
ITA
Ret
USA
14
CAN
2
JPN
3
9位 20
1978年 フォード V8 ARG
3
BRA
Ret
RSA
2
USW
3
MON
1
BEL
Ret
ESP
Ret
SWE
Ret
FRA
Ret
GBR
4
GER
Ret
AUT
2
NED
Ret
ITA
11
USA
Ret
CAN
5
5位 34
1979年 リジェ フォード V8 ARG
4
BRA
2
RSA
Ret
USW
5
ESP
1
BEL
Ret
MON
5
FRA
GBR
GER
AUT
NED
ITA
CAN
USE
6位 20 (22)
1980年 アルファ・ロメオ アルファ・ロメオ V12 ARG
Ret
BRA
Ret
RSA
NC
USW
Ret
BEL
Ret
MON
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
AUT
NED
ITA
CAN
USA
29位
(NC)
0

補足[編集]

  • 開発能力を買われていた。
    • 1979年のリジェは、デパイユの離脱後急激に失速したが、これを「デパイユによる開発を得られなくなったからでは」とする意見もある。
    • 1980年のアルファ・ロメオでは、決勝での完走はならなかったものの、当初後方グリッドに沈んでいたマシンを、上位グリッドに付けるまでに進化させていた。特に第4戦のアメリカ西GPでは、予選3位を獲得している。
  • P34については、懐疑的だったシェクターに対し、デパイユは好印象を抱いていたとされる。
  • 1977年の日本グランプリでは、優勝したジェームス・ハントと2位のカルロス・ロイテマンが表彰式をボイコットしたため、3位のデパイユとフェラーリのメカニック(ロイテマンの代理)の2人でシャンパンファイトを行っている。
  • 1980年、F1にデビューしたばかりのアラン・プロストを気にかけ、パドックで何かと面倒を見たという。同年、プロストが故郷で結婚式を挙げたその日にデパイユは絶命し、プロストは死というものが身近にあることを悟ったと自伝で述べている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]