アルファロメオ・185T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルファロメオ・185T
リカルド・パトレーゼが駆る予選中の185T、1985年、ニュルブルクリンク
リカルド・パトレーゼが駆る予選中の185T、1985年、ニュルブルクリンク
カテゴリー F1
コンストラクター アルファ・ロメオ
デザイナー マリオ・トレンティーノ
ジョン・ジェントリー
先代 184T
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) コイル, ウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) コイル, ウィッシュボーン, プッシュロッド
トレッド 前: 1,810 mm (71 in)
後: 1,680 mm (66 in)
ホイールベース 2,720 mm (107.1 in)
エンジン アルファロメオ・890T, 1,496 cc (91.3 cu in), 90° V8, t/c, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション アルファ・ロメオ / ヒューランド 6速 マニュアル
重量 550 kg (1,212.5 lb)[2]
燃料 アジップ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ベネトン チーム・アルファロメオ
ドライバー 22. イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ
23. アメリカ合衆国の旗 エディ・チーバー
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1985年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
8 0 0 0
テンプレートを表示

アルファロメオ・185Tは、ジョン・ジェントリーが設計したアルファ・ロメオF1マシンで、1985年シーズンの開幕戦から第8戦まで投入された。

185T[編集]

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 アルファ・ロメオ890T
  • 気筒数・角度 V型8気筒ターボ・90度
  • 排気量 1,497cc
  • 燃料・潤滑油 アジップ

成績[編集]

エディ・チーバーが第4戦モナコGPで予選4位につくものの、エンジントラブルに泣かされ、リカルド・パトレーゼと共に決勝最高位が9位という不本意の成績に終わった。第9戦以降は前年型の184Tが使用された。

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1985 185T BRA
ブラジルの旗
POR
ポルトガルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
BEL
ベルギーの旗
ESP
スペインの旗
EUR
欧州連合の旗
RSA
南アフリカ連邦の旗
AUS
オーストラリアの旗
0 -
22 イタリアの旗パトレーゼ Ret Ret Ret Ret 10 Ret 11 9
23 アメリカ合衆国の旗 チーバー Ret Ret Ret Ret 17 9 10 Ret

参照[編集]

  1. ^ Alfa Romeo 185T @ StatsF1”. Statsf1.com. 2012年2月20日閲覧。
  2. ^ Alfa Romeo”. gaffersports.com. 2008年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月5日閲覧。