アルファロメオ・182

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルファロメオ・182, 182B
Alfa Romeo 182 Goodwood FoS.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター アルファ・ロメオ
デザイナー ジェラール・ドゥカルージュ
マリオ・トレンティーノ
先代 179D
後継 183T
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
トレッド 前: 1,800 mm (71 in)
後: 1,670 mm (66 in)
ホイールベース 2,720 mm (107.1 in)
エンジン アルファロメオ 1260, 2,995 cc (182.8 cu in), 60° V12, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション アルファロメオ 5/6速 マニュアル
重量 585 kg (1,289.7 lb)[2]
燃料 アジップ
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム マールボロ チーム・アルファロメオ
ドライバー 22. イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス
23. イタリアの旗 ブルーノ・ジャコメリ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1982年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
30 0 1 0
テンプレートを表示

アルファロメオ・182は、アルファ・ロメオが開発したフォーミュラ1カー1982年シーズンに投入された。1982年ブラジルグランプリでデビューし、第3戦のロングビーチではアンドレア・デ・チェザリスが平均時速141.331 km/h (87.819 mph)でポールポジションを獲得した[3]。ベストリザルトはモナコでチェザリスが獲得した3位であった。アルファ・ロメオは1982年シーズン異なる3種のマシンを使用した:179D(2エントリー)、182(28エントリー)、182B(2エントリー):全てのマシンがアルファ・ロメオ製3リッターV12エンジンを搭載した。そのエンジンは12000回転で540馬力を発揮した[2]

182Bはゾルダーで行われた1982年ベルギーグランプリで初めてテストされた。車体は12センチメートル (4.7 in)狭くなり、新型排気管とサイドスカートが装着された[4]

イタリアグランプリではV8ターボエンジンを搭載した182Tがチェザリスによってテストされた。この車両はレースでは使用されなかった[5]。182Tは182Dから改造された[6]。182Tは翌シーズン183Tに改造された。


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1982年 マールボロ チーム・アルファロメオ アルファ・ロメオ 1260 V12 M RSA BRA USW SMR BEL MON DET CAN NED GBR FRA GER AUT SUI ITA CPL 7 10位
アンドレア・デ・チェザリス Ret Ret Ret Ret 3 Ret 6 Ret Ret Ret Ret Ret 10 10 9
ブルーノ・ジャコメリ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 11 7 9 5 Ret 12 Ret 10

参照[編集]

  1. ^ Alfa Romeo 182 @ StatsF1”. Statsf1.com. 2012年2月20日閲覧。
  2. ^ a b Alfa Romeo”. gaffersports.com. 2007年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月9日閲覧。
  3. ^ Toyota Grand Prix of Long Beach - 1982”. f1db.com. 2007年4月26日閲覧。
  4. ^ 1982: Gilles Villeneuve is killed”. autosport-atlas.com. 2008年1月9日閲覧。
  5. ^ Alfa Romeo 182”. gpracing.net192.com via web.archive.org. 2008年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月26日閲覧。
  6. ^ Grand Prix cars that never raced”. forix.com. 2009年4月24日閲覧。