リジェ・JS23

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リジェ・JS23
リジェ・JS23B
Andrea de Cesaris 1984 Dallas.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター リジェ
デザイナー ミッシェル・ポイジョン
クロード・ギャロパン
先代 リジェ・JS21
後継 リジェ・JS25
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
トレッド 前:1,800 mm (71 in)
後:1,652 mm (65.0 in)
ホイールベース 2,810 mm (111 in)
エンジン ルノー・ゴルディーニ EF4, 1,492 cc (91.0 cu in), 90度 V6, ターボ, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション リジェ / ヒューランド 5速 MT
重量 540 kg (1,200 lb)
燃料 エルフ
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム エキップ・リジェ ロト
ドライバー 25. フランスの旗 フランソワ・エスノー
26. イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1984年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

リジェ・JS23 (Ligier JS23) は、ミッシェル・ポイジョンクロード・ギャロバンが設計したF1マシンで、1984年リジェチームによって使用された。

概要[編集]

前年度でチーム初の無得点に終わったリジェが初めてターボエンジン(ルノーV型6気筒)を搭載したマシン。

アンドレア・デ・チェザリスフランソワ・エスノーの2人でシーズンを迎え、チェザリスが第2戦南アフリカGP第4戦サンマリノGPで入賞を果たすが、エンジントラブルが災いし、19回リタイアを喫するなど依然低迷が続いた。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 ルノーEF4
  • 気筒数・角度 V型6気筒・90度
  • 排気量 1,500cc
  • 燃料・潤滑油 アンター

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1984年 エキップ・リジェ Loto ルノー EF4 V6t/c M BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカ連邦の旗
BEL
ベルギーの旗
SMR
サンマリノの旗
FRA
フランスの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
DAL
アメリカ合衆国の旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
EUR
欧州連合の旗
POR
ポルトガルの旗
3 9位
JS23 フランソワ・エスノー Ret 10 Ret Ret DNS Ret Ret Ret Ret Ret 8 8 7 Ret 10 Ret
JS23 アンドレア・デ・チェザリス Ret 5 Ret 6 10 Ret Ret Ret Ret 10 7 Ret Ret Ret
JS23B 7 12
  • コンストラクターズランキング9位。
  • ドライバーズランキング16位(アンドレア・デ・チェザリス)予選最高位7位1回 決勝最高位5位1回
  • ドライバーズランキング-位(フランソワ・エスノー)予選最高位14位1回 決勝最高位7位1回


参照[編集]

外部リンク[編集]