1976年イギリスグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 1976年イギリスグランプリ
レース詳細
Brands Hatch Grand Prix circuit 1976-1987.png
日程 1976年シーズン第9戦
決勝開催日 7月18日
開催地 ブランズ・ハッチ
イングランドケント州
コース長 4.026km
レース距離 76周 (319.656km)
決勝日天候 晴れ
タイヤ ドライ
ポールポジション
ドライバー オーストリアの旗 ニキ・ラウダ
タイム 1:19.35
ファステストラップ
ドライバー オーストリアの旗 ニキ・ラウダ
タイム 1:19.91 (Lap 41)
決勝順位
優勝 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ
タイム 1:44:19.66
2位 南アフリカの旗 ジョディー・シェクター
3位 イギリスの旗 ジョン・ワトソン

1976年イギリスグランプリ (XXIX John Player British Grand Prix) は、1976年のF1世界選手権第9戦として、1976年7月18日ブランズ・ハッチで開催された。

解説[編集]

7月5日にジェームス・ハントマクラーレン)のスペインGPでの失格が取り消され[1]、ドライバーズランキングのポイントはニキ・ラウダフェラーリ)が52、ハントが26という結果になった[2]

予選[編集]

予選6位を記録したエンサインクリス・エイモン

新車312T2-4を持ち込んだラウダがポールポジションを獲得、2番手にはハントが続いた。クリス・エイモンが非力なエンサインで6位と健闘した。また、元アルペンスキー選手の女性ドライバー、ディビナ・ガリカがF1レースに初めてエントリー。しかし、もう1人の女性ドライバー、レラ・ロンバルディと同様に予選落ちした。

予選結果[編集]

順位 No ドライバー コンストラクター タイム タイム差
1 1 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ フェラーリ 1:19.35 -
2 11 イギリスの旗 ジェームス・ハント マクラーレンフォード 1:19.41 + 0.06
3 5 アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ ロータスフォード 1:19.76 + 0.41
4 2 スイスの旗 クレイ・レガツォーニ フェラーリ 1:20.05 + 0.70
5 4 フランスの旗 パトリック・デパイユ ティレルフォード 1.20.15 + 0.80
6 22 ニュージーランドの旗 クリス・エイモン エンサインフォード 1:20.27 + 0.92
7 10 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン マーチフォード 1:20.29 + 0.94
8 3 南アフリカの旗 ジョディー・シェクター ティレルフォード 1:20.31 + 0.96
9 35 イタリアの旗 アルトゥーロ・メルツァリオ マーチフォード 1:20.32 + 0.97
10 9 イタリアの旗 ヴィットリオ・ブランビラ マーチフォード 1:20.36 + 1.01
11 28 イギリスの旗 ジョン・ワトソン ペンスキーフォード 1:20.41 + 1.06
12 12 ドイツの旗 ヨッヘン・マス マクラーレンフォード 1:20.61 + 1.26
13 26 フランスの旗 ジャック・ラフィット リジェマトラ 1:20.67 + 1.32
14 6 スウェーデンの旗 グンナー・ニルソン ロータスフォード 1:20.67 + 1.32
15 7 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン ブラバムアルファロメオ 1:20.99 + 1.64
16 8 ブラジルの旗 カルロス・パーチェ ブラバムアルファロメオ 1:21.03 + 1.68
17 34 ドイツの旗 ハンス=ヨアヒム・スタック マーチフォード 1:21.20 + 1.85
18 18 アメリカ合衆国の旗 ブレット・ランガー サーティースフォード 1:21.30 + 1.95
19 19 オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ サーティースフォード 1:21.42 + 2.07
20 16 イギリスの旗 トム・プライス シャドウフォード 1:21.84 + 2.49
21 30 ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ フィッティパルディフォード 1:22.06 + 2.71
22 32 イギリスの旗 ボブ・エバンス ブラバムフォード 1:22.47 + 3.12
23 17 フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ シャドウフォード 1:22.72 + 3.37
24 24 オーストリアの旗 ハラルド・アートル ヘスケスフォード 1:22.75 + 3.40
25 25 イギリスの旗 ガイ・エドワーズ ヘスケスフォード 1:22.76 + 3.41
26 38 フランスの旗 アンリ・ペスカロロ サーティースフォード 1:22.76 + 3.41
27 20 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス ウルフ・ウィリアムズフォード 1:23.32 + 3.97
28 13 イギリスの旗 ディビナ・ガリカ サーティースフォード 1:25.24 + 5.89
29 40 イギリスの旗 マイク・ワイルズ シャドウフォード 1:25.66 + 6.31
30 33 イタリアの旗 レラ・ロンバルディ ブラバムフォード 1:27.08 + 7.73
出典:[3]

決勝[編集]

レース終了後、一旦優勝とされたジェームス・ハント(右)
優勝したニキ・ラウダ

スタート後ラウダがトップに立ち、予選4位のクレイ・レガツォーニ(フェラーリ)がハントを抜いて2位につけたが、その直後の1コーナー"パドックヒル・ベンド"でラウダに接触してスピン。それにハントが乗り上げ、さらにジャック・ラフィットリジェ)とエイモンも巻き込まれた。ラウダとエイモンはそのまま走り続けたが、ラフィットのマシンはその場で止まってしまい、レガツォーニとサスペンションを痛めたハントはピットに戻った。この事故のため1周目が終了したところで赤旗中断され、この結果、赤旗が提示された時点で1周目を終了したドライバーに再出走の権利が認められることになった[4]。これに照らし合わせると、1周できなかったハント・レガツォーニ・ラフィットの出走は認められないことになるが、ハントは中断中に修理されたM23で、レガツォーニとラフィットはスペアカーを持ち出してグリッドに付いていた[2]。そのためこの3人に再出走の権利があるか問題となったが、地元のドライバーであるハントが出走できなくなることに観客からブーイングが発生[5]、協議の末赤旗が出された時点で走ることが可能だったとしてハントの出走を認め[6][7]、それに付随する形でレガツォーニとラフィットの出走も許可された[4]

1時間後、1周目からやり直す形でレースが再開。ラウダが首位を独走しハントがそれを追う展開が続き、45周目にハントがラウダを抜いてそのままゴール。優勝ということになったが、レース終了後にフェラーリ・ティレルフィッティパルディの3チームからハントの出走の権利に関して抗議が行われた(その後、ティレルとフィッティパルディは抗議を取り下げている[7][8])。この抗議は却下された[2]が、マネージャーのダニエル・オーデット国際自動車連盟(FIA)に対し再度抗議を申し入れた[7]。その結果、9月24日になってハントの出走は認められないとして失格処分がなされ[3][9](資料によってはリタイヤしたレガツォーニとラフィットも失格処分となっている[10][11])その結果順位が繰り上がり、優勝はラウダ、2位ジョディー・シェクター、3位ジョン・ワトソンとなった。

決勝結果[編集]

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 タイム グリッド ポイント
1 1 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ フェラーリ 76 1:44:19.66 1 9
2 3 南アフリカの旗 ジョディー・シェクター ティレルフォード 76 + 16.18 8 6
3 28 イギリスの旗 ジョン・ワトソン ペンスキーフォード 75 + 1 Lap 11 4
4 16 イギリスの旗 トム・プライス シャドウフォード 75 + 1 Lap 20 3
5 19 オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ サーティースフォード 75 + 1 Lap 19 2
6 30 ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ フィッティパルディフォード 74 + 2 Laps 21 1
7 24 オーストリアの旗 ハラルド・アートル ヘスケスフォード 73 + 3 Laps 23
8 8 ブラジルの旗 カルロス・パーチェ ブラバムアルファロメオ 73 + 3 Laps 16
9 17 フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ シャドウフォード 70 + 6 Laps 24
DSQ 11 イギリスの旗 ジェームス・ハント マクラーレンフォード 76 失格 2
Ret 6 スウェーデンの旗 グンナー・ニルソン ロータスフォード 67 エンジン 14
Ret 10 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン マーチフォード 60 燃料系 7
Ret 18 アメリカ合衆国の旗 ブレット・ランガー サーティースフォード 55 ギヤボックス 18
Ret 4 フランスの旗 パトリック・デパイユ ティレルフォード 47 エンジン 5
Ret 7 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン ブラバムアルファロメオ 46 油圧系 15
Ret 35 イタリアの旗 アルトゥーロ・メルツァリオ マーチフォード 39 エンジン 9
Ret 2 スイスの旗 クレイ・レガツォーニ フェラーリ 36 エンジン 4
Ret 26 フランスの旗 ジャック・ラフィット リジェマトラ 31 サスペンション 13
Ret 32 イギリスの旗 ボブ・エバンス ブラバムフォード 24 ギヤボックス 22
Ret 9 イタリアの旗 ヴィットリオ・ブランビラ マーチフォード 22 アクシデント 10
Ret 38 フランスの旗 アンリ・ペスカロロ サーティースフォード 16 燃料系 26
Ret 22 ニュージーランドの旗 クリス・エイモン エンサインフォード 8 水漏れ 6
Ret 5 アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ ロータスフォード 4 エンジン 3
Ret 12 ドイツの旗 ヨッヘン・マス マクラーレンフォード 1 クラッチ 12
Ret 34 ドイツの旗 ハンス=ヨアヒム・スタック マーチフォード 0 アクシデント 17
Ret 25 イギリスの旗 ガイ・エドワーズ ヘスケスフォード 0 アクシデント 25
DNQ 20 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス ウルフ・ウィリアムズフォード
DNQ 13 イギリスの旗 ディビナ・ガリカ サーティースフォード
DNQ 40 イギリスの旗 マイク・ワイルズ シャドウフォード
DNQ 33 イタリアの旗 レラ・ロンバルディ ブラバムフォード
  • ファステストラップ - ニキ・ラウダ:1:19.91(41周目)※レース終了時点ではジェームス・ハントの1:19.82だったが、失格処分になったため取り消された[3]
  • ラップリーダー - ニキ・ラウダ(Lap 1 - 44)→ジェームス・ハント(Lap 45 - 76)

第9戦終了時点でのランキング[編集]

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
1 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ 58
2 イギリスの旗 ジェームス・ハント 35
3 南アフリカの旗 ジョディー・シェクター 28
4 フランスの旗 パトリック・デパイユ 26
5 スイスの旗 クレイ・レガツォーニ 16
コンストラクターズ・チャンピオンシップ
順位 コンストラクター ポイント
1 イタリアの旗 フェラーリ 61
2 イギリスの旗 ティレルフォード 41
3 イギリスの旗 マクラーレンフォード 40 (41)
4 フランスの旗 リジェマトラ 10
5 アメリカ合衆国の旗 ペンスキーフォード 9
  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。チャンピオンシップには前半8戦中ベスト7戦、後半8戦中ベスト7戦がカウントされる。ポイントはチャンピオンシップにカウントされるポイント、括弧内は総獲得ポイント。ポイントと順位はレース終了時点のもの。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『F1全史 1976 - 1980』 ニューズ出版、1993年、115頁。
  2. ^ a b c 特集:1976年イギリスGP”. ESPN F1. 2013年9月14日閲覧。
  3. ^ a b c 『F1全史 1976 - 1980』、116頁。
  4. ^ a b 『オートスポーツ』、9月15日号、31頁。
  5. ^ 『カーグラフィック』、144頁。
  6. ^ 『オートスポーツ』 、1976年10月1日号、60頁。
  7. ^ a b c 『オートスポーツ』 1976年12月1日号、74頁。
  8. ^ ダグ・ナイ:著 森岡成憲:訳 『チーム・マクラーレンのすべて』 CBSソニー出版、1989年、252頁。
  9. ^ 『オートスポーツ』、1976年12月1日号、73頁。
  10. ^ 『F1全史 1976 - 1980』、23頁。
  11. ^ Grandprix.com、2013年9月14日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

前戦
1976年フランスグランプリ
FIA F1世界選手権
1976年シーズン
次戦
1976年ドイツグランプリ
前回開催
1975年イギリスグランプリ
イギリスの旗 イギリスグランプリ 次回開催
1977年イギリスグランプリ