サーティース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーティース
参戦年度 1970 - 1978
出走回数 118
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 53
表彰台(3位以内)回数 2
ポールポジション 0
ファステストラップ 3
F1デビュー戦 1970年イギリスGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1978年カナダGP
テンプレートを表示

サーティース (Surtees Racing Organization) はかつてF1に出走していたチームおよびコンストラクターである。2輪(WGP)と4輪(F1)の両方で世界チャンピオンになった唯一のレーサーであるジョン・サーティースが設立した。

歴史[編集]

TS7(1970年、ブランズハッチ)

それ以前にCan-AmシリーズやF5000でまずまずの成功を収めていたことから、1970年にサーティースは自らのF1チームを設立するに至った。サーティースは1967年から1968年ホンダF1チームと契約していたが、1968年一杯でホンダが撤退したため、BRMへ移籍していた。移籍先で思うような成績を収められなかったことも独自チーム設立の一因と言われる。しかし1970年のシーズン開幕までに独自シャシーの製作が間に合わず、序盤戦はマクラーレンの前年型を使用した。

1971年は3台体制でF1シリーズに参戦した。1台目のマシンにチームオーナー兼ドライバーのサーティース、2台目にロルフ・シュトメレン、3台目にはマイク・ヘイルウッド他数人の「ペイ・ドライバー」(チームに金を払ってマシンに乗る)という体制だった。サーティース、シュトメレン、ヘイルウッドの3人がポイント獲得の好成績を収めた。

1972年になると、サーティースはフル参戦を取り止めて、チーム運営に軸足を移すようになる。イタリアGPでチーム初の表彰台となる2位入賞を果たしたヘイルウッドに加えて、アンドレア・デ・アダミッチティム・シェンケンもポイントを獲得し、この年はコンストラクターズ5位となった。

しかし、1972年を境にチームの成績は下り坂へ向かうこととなる。ホセ・カルロス・パーチェアラン・ジョーンズヴィットリオ・ブランビラらが時折好走を見せるものの、次第に資金的に苦境に追い込まれ、ついに1978年シーズンをもってF1世界選手権から撤退することとなった。サーティースとして最後のマシンとなったグランド・エフェクトカーのTS20+(プラス)は、1979年にゴードン・スマイリーのドライブでイギリス国内F1選手権であるオーロラAFXシリーズに出走していた。

1976年にデュレックス(コンドームのメーカー)がチームのメインスポンサーに付いたときには、英BBCがF1の放送を中止するという騒ぎに発展している。同年のチャンピオン決定戦となった最終戦F1世界選手権イン・ジャパンで、ようやく放送中止措置が解除されている。このレースでは高原敬武がサーティースと契約し、旧型マシンで参戦している。

2009年、ジョン・サーティースの息子であるヘンリー・サーティースと共に2009年のFIA F2選手権に参戦を開始。チーム名は「サーティース」。しかし、第4戦ブランズハッチのRd.2で、ヘンリーが他車から脱落したタイヤの直撃を頭部に受け死亡してしまった。

変遷表[編集]

エントリー名 車体型番 タイヤ エンジン 燃料・オイル ドライバー ランキング 優勝数
1970年 チーム・サーティース TS7 F フォードDFV ジョン・サーティース
デレック・ベル
8 0
1971年 ブルックボンド・オクソ チーム・サーティース
アウト・モトール・ウント・シュポルト チーム・サーティース
チーム・サーティース
* Stiching Autoraces Nederland (TS7)
TS7
TS9
TS9A
F フォードDFV ジョン・サーティース
ロルフ・シュトメレン
ブライアン・レッドマン
デレック・ベル
マイク・ヘイルウッド
サム・ポージー
ジイズ・ファン・レネップ
8 0
1972年 ブルックボンド・オクソ チーム・サーティース
* Champcar Inc. (TS9B)
* Team Gunston (TS9B)
TS9A
TS9B
TS14
F フォードDFV フィナ マイク・ヘイルウッド
ティム・シェンケン
アンドレア・デ・アダミッチ
ジョン・サーティース
ジョン・ラブ
サム・ポージー
5 0
1973年 ブルックボンド・オクソ チーム・サーティース TS9A
TS9B
TS14A
F フォードDFV フィナ マイク・ヘイルウッド
カルロス・パーチェ
アンドレア・デ・アダミッチ
ヨッヘン・マス
ルイス・ブエノ
9 0
1974年 チーム・サーティース
バング&オルフセン チーム・サーティース
* AAW Racing (TS16)
TS16 F フォードDFV フィナ カルロス・パーチェ
ヨッヘン・マス
デレック・ベル
ジャン=ピエール・ジャブイーユ
ジョゼ・ドレム
ヘルムート・コイニク
レオ・キヌーネン
ディエター・クェスター
11 0
1975年 チーム・サーティース
ナショナル・オーガンズ チーム・サーティース
TS16 G フォードDFV フィナ ジョン・ワトソン
デーブ・モーガン
- 0
1976年 チーム・サーティース
デュレックス・チーム・サーティース
* Team Norev Racing (TS19)
* Shell Sport/Whiting (TS19)
TS19 G フォードDFV フィナ ブレット・ランガー
アラン・ジョーンズ
コニー・アンデルソン
高原敬武
アンリ・ペスカロロ
ディビナ・ガリカ
10 0
1977年 デュレックス・チーム・サーティース
ベータ・チーム・サーティース
チーム・サーティース
* Melchester Racing (TS19)
TS19 G フォードDFV フィナ ハンス・ビンダー
ヴィットリオ・ブランビラ
ラリー・パーキンス
パトリック・タンベイ
ヴァーン・シュパン
ランベルト・レオーニ
11 0
1978年 チーム・サーティース
デュレックス・チーム・サーティース
ベータ・チーム・サーティース
TS19
TS20
G フォードDFV フィナ ルパート・キーガン
ヴィットリオ・ブランビラ
ジマックス
ルネ・アルヌー
ベッペ・ガビアーニ
13 0

関連項目[編集]