ブライアン・レッドマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・レッドマン
Brian Redman 1969 kl.JPG
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
(イングランドの旗 イングランド)
出身地 同・ランカシャー州コルネ
生年月日 1937年3月9日(77歳)
F1での経歴
所属チーム '68 クーパー
'70 ロータス
'70 デ・トマソ
'71 サーティース
'72 マクラーレン
'72 BRM
'73,'74 シャドウ
活動時期 1968,1970-1974
出走回数 15 (12スタート)
優勝回数 0
通算獲得ポイント 8
表彰台(3位以内)回数 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1968年南アフリカGP
最終戦 1974年モナコGP
タイトル 0
テンプレートを表示
ニュルブルクリンクでアルファロメオ Tipo 33 TT 12 をドライブするレッドマン(1974年)

ブライアン・ハーマン・トーマス・レッドマン (Brian Herman Thomas Redman[1], 1937年3月9日 - ) はイギリス人の元レーシングドライバーで、イングランドランカシャー州ペンドルディストリクトのコルネ出身[2]である。

レッドマンはスポーツカー世界選手権を含めたスポーツカーレースで大きな成功を収め、1970年にはポルシェ・908をドライブしてタルガ・フローリオを、1975年と1978年にはそれぞれBMW・3.0CSポルシェ・935をドライブしてセブリング12時間レースを制した。レッドマンは長年にわたり、同郷ランカシャー州出身のデレック・ベネットが興したシェブロンと関係を持った。

レッドマンはシャドウをドライブしてCan-AmF1に参戦した。またマクラーレンクーパーアルファ・ロメオからも参戦した。レッドマンは1968年1月1日に開催された1968年南アフリカGPでF1にデビューし、15戦のF1世界選手権レースに参戦した。通算で1度の表彰台と8ポイントを獲得した。

レッドマンは1970年代にはスポーツカーレースで主に活動した。

1989年、レッドマンは既に50歳を超えていたが、スポーツカー世界選手権に復活したアストンマーチンのプロジェクトに参加した。レッドマンはAMR1のドライバーとしてこのシーズンにフル参戦し、ブランズハッチでは4位に入賞した(ただし開幕戦はチームとともに欠場)。

受賞[編集]

  • ロードアメリカは年次のヴィンテージカーのイベント、ブライアン・レッドマンインターナショナルチャレンジを開催している。
  • 2002年、レッドマンはスポーツカーカテゴリーでアメリカモータースポーツ殿堂入りを果たした。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 WDC ポイント
1968年 クーパー T81B RSA
Ret
19位 4
T86B ESP
3
MON BEL
Ret
NED FRA GBR GER ITA CAN USA MEX
1970年 ロータスロブ・ウォーカー 49C RSA
DNS
ESP MON BEL NED FRA NC
(40位)
0
デ・トマソウィリアムズ 505 GBR
DNS
GER
DNQ
AUT ITA CAN USA MEX
1971年 サーティース TS7 RSA
7
ESP MON NED FRA GBR GER AUT ITA CAN USA NC
(24位)
0
1972年 マクラーレン M19A ARG RSA ESP MON
5
BEL FRA
9
GBR GER
5
AUT ITA CAN 14位 4
BRM P180 USA
Ret
1973年 シャドウ DN1 ARG BRA RSA ESP BEL MON SWE FRA GBR NED GER AUT ITA CAN USA
DSQ
NC
(41位)
0
1974年 DN3 ARG BRA RSA ESP
7
BEL
18
MON
Ret
SWE NED FRA GBR GER AUT ITA CAN USA NC
(24位)
0

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FIA Year Book of Automobile Sport 1975. Patrick Stephens Ltd.. white p. 41. ISBN 0850591853. 
  2. ^ Jenkins, Richard. “The World Championship drivers - Where are they now?”. OldRacingCars.com. 2007年7月29日閲覧。