ボビー・レイホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボビー・レイホール
Bobby Rahal 2004.jpg
基本情報
フルネーム ロバート・ウッドワード・レイホール
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州メディナ
生年月日 1953年1月10日(61歳)
F1での経歴
所属チーム ウルフ
活動時期 1978
出走回数 2
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1978年アメリカ東GP
初勝利
最終勝利
最終戦 1978年カナダGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ボビー・レイホールBobby Rahal, 1953年1月10日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州メディナ生まれの元レーシングドライバーで、現在レーシングチームのオーナー。2004年に国際モータースポーツ殿堂入りを果たした。

プロフィール[編集]

ドライバー[編集]

ドライバーとしては、3度のCARTチャンピオンとなり、1981年デイトナ24時間レース1986年インディ5001987年セブリング12時間レースなどのメジャーレースで勝利を挙げ、チャンプカーでは24レースで勝利を挙げた。レイホールは1998年に競技生活を引退した。チャンプカー史上において最年少レースデビュー、生涯獲得賞金第2位、ラップリーダー数第3位、勝利数第4位、ポールポジション数第5位の記録を持つ。

レイホールはアメリカ大陸でレース活動を開始したが、1978年にはウルフ・レーシングからF3に参戦した。同年の北米大陸で開催されたF1の2レースに、同じくウルフ・レーシングから参戦した。翌1979年にはアメリカに戻り、北米でのレース活動を再開した。

レイホールは1982年にCARTデビューを果たした。 このシーズンはシリーズ第4戦(インディ500を含めると5レース目)で初優勝を果たし、2勝を含め232ポイントを集め、277ポイントでチャンピオンになったリック・メアーズに次ぐランキング2位を獲得するとともに、ルーキ・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

1986年にはインディ500で初優勝[1]、同年にCARTで初のチャンピオンを獲得すると、翌1987年もチャンピオンを防衛した。

1992年、レイホールはカール・ホーガンと共同でレイホール=ホーガン・レーシングを興した。レイホールはオーナー・ドライバーとしてシリーズに参戦すると、3度目のチャンピオンを獲得することに成功した。

チームオーナー[編集]

レイホールはレイホール=ホーガン・レーシングを運営していたが、カール・ホーガンが去るとチーム名はチーム・レイホールに変更され、2004年5月にデイヴィッド・レターマンの出資を受けると、レイホール・レターマン・レーシングに変更された。

レイホールのチームは、バディ・ライスのドライブにより2004年のインディ500を制した。また、2005年には女性ドライバーのダニカ・パトリックと契約した。パトリックはインディ500で女性として初のラップリーダーを記録した

レイホール・レターマン・レーシングは、2012年よりインディカー・シリーズにフル参戦している。

ジャガー・レーシング[編集]

2001年には、F1のジャガー・レーシングチーム代表に就任。しかし、なかなか思うような成績を収められないでいた為、かつてともにCARTで戦ったことのある、マクラーレンのテクニカル・ディレクター、エイドリアン・ニューウェイの引抜を画策。一度はサインを交わしたものの、マクラーレンの総帥、ロン・デニスの説得で結局ニューウェイは翻意してしまう。このことによりフォード首脳陣の信頼を失ったレイホールはあえなく失脚してしまった。

脚注[編集]

  1. ^ レイホールはこのレースを2時間55分43秒480で完走、史上初めて2時間台で完走した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]