ウォルター・ウルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウォルター・ウルフ (Walter Wolf, 1939年10月5日 - ) は、カナダ実業家。石油掘削機材を販売し、北海油田で財を築き上げた。1970年代後半にウォルター・ウルフ・レーシングF1に参入した。

生い立ち及び経歴[編集]

ウルフはオーストリアグラーツに生まれた。父親はオーストリア人、母親はシュタイエルスカ地方出身のスロベニア人であった。独墺合邦の後、一家はユーゴスラビア王国に移り住んだ。ウルフはマリボルで幼年期を過ごした。1951年に父親がソ連の抑留キャンプから帰国すると、一家は西ドイツヴッパータールに移住した。1958年にはカナダに移住した。

カナダでウルフは実業家として成功した。ウルフはモータースポーツに参入、最初はフランク・ウィリアムズフランク・ウィリアムズ・レーシングカーズに資金援助を行った。しかしながらチームの実権はウルフのものとなり、ウィリアムズは1977年にチームを離脱、ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリングを設立した。チームは名称をウォルター・ウルフ・レーシングと名称を変更し、1977年には3勝を挙げた。チームは徐々に戦闘力が低下し、1979年にはコパスカーに吸収される形で消滅した。

1993年、ウルフは経営難に陥ったアメリカの消防車製造会社「ファイヤーウルフ・インダストリー」に資金援助を行った。同社には俳優かつクラシックカーコレクターのクリスチャン・ミクスンが販売部長として短期間勤務していた。

ウルフは1998年にカナダモータースポーツの殿堂入りした[1]

2008年、彼はフィンランドパトリア社に関わる汚職事件、パトリア事件に巻き込まれた。事件はスロベニア軍AMV装輪装甲車の発注に際して、スロベニア軍将校がパトリア社から賄賂を受け取ったとされたものであった。フィンランド国営放送の報道番組でウルフはスロベニア政府高官への仲介役とされ、政府高官の中にはヤネス・ヤンシャ首相も含まれていた。ウルフ、ヤンシャ首相は両人ともそれを否定した.[2]。フィンランド警察はウルフに対して逮捕状を発行したが、現在のところ彼は逮捕されていない。

クロアチアタバコ会社、アドリス・グルーパはその商品の1つを「ウォルター・ウルフ」と名付けている[3]

関連項目[編集]

ウォルター・ウルフ・カウンタック

参照[編集]