ジャガー・R3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャガー・R3
Jaguar R3.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ジャガー
デザイナー スティーブ・ニコルズ
ジョン・ラッセル
先代 ジャガー・R2
後継 ジャガー・R4
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
エンジン コスワース CR4 2,998 cc (182.9 cu in) 72度, V10 NA
トランスミッション ジャガー製 7速 縦置き セミAT シーケンシャル
燃料 カストロール
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム ジャガー・レーシング
ドライバー 16. アイルランド共和国の旗 エディ・アーバイン
17. スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ
出走時期 2002年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2002年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 0 0 0
テンプレートを表示

ジャガー・R3 (Jaguar R3) は、ジャガー・レーシング2002年のF1世界選手権参戦用に開発し投入したフォーミュラ1カースティーブ・ニコルズ(テクニカルディレクター)、ジョン・ラッセル(チーフデザイナー)らが設計した。

概要[編集]

R3は2002年1月4日にシェイクダウンされた。2001年末には当時のジャガー・レーシングの最高責任者ニキ・ラウダが直々にテスト走行をして期待されていたものの、前作のR2にも劣るパッケージとも言える失敗作であった。プレシーズンテストの不調により、開幕1ヶ月前にはテクニカルディレクターのスティーブ・ニコルズが辞任した。

根本的問題はマシンの剛性不足であり、走行中にダウンフォースが変化するという、致命的な欠陥がシェイクダウン時で判明した。チームはその数値計算、特に風洞関係の数値に多くの誤りがあったことを認めた。初戦のオーストラリアGPではアーバインが4位に入賞したものの、信頼性に欠けたマシンは馬力も不足し、チームはランキングを滑り落ちていった。

しかしながら、マルコム・オースラー(元B・A・R)、ベン・アガサンジェルウ(元ルノー)ら他チームから招聘したエンジニアによって改良が続けられ、イギリスGPより新エアロパッケージのR3Bを投入。イタリアGPではエディ・アーバインが3位入賞し、表彰台を得ることができた。

チームは8ポイントを挙げ、コンストラクターズランキングは7位でシーズンを終えた。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
2002年 ジャガー コスワース V10 M AUS
オーストラリアの旗
MAL
マレーシアの旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
AUT
オーストリアの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
ドイツの旗
GBR
イギリスの旗
FRA
フランスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
JPN
日本の旗
8 7位
エディ・アーバイン 4 Ret 7 Ret Ret Ret 9 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 6 3 10 9
ペドロ・デ・ラ・ロサ 8 10 8 Ret Ret Ret 10 Ret 11 11 9 Ret 13 Ret Ret Ret Ret
  • ドライバーズランキング
    • エディ・アーバイン 9位
    • ペドロ・デ・ラ・ロサ 21位