ザウバー・C21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザウバー・C21
カテゴリー F1
コンストラクター ザウバー
デザイナー ウィリー・ランプ
先代 ザウバー・C20
後継 ザウバー・C22
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, インボード・スプリング, ダンパー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, インボード・スプリング, ダンパー
エンジン ペトロナス 02A (フェラーリV10 (90度) NA
トランスミッション ザウバー 7速 縦置き AT シーケンシャル
燃料 ペトロナス
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム レッドブルザウバーペトロナス
ドライバー 7. ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド
8. ブラジルの旗 フェリペ・マッサ
8. ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2002年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 0 0 0
テンプレートを表示

ザウバー・C21 (Sauber C21) は、ザウバー2002年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはウィリー・ランプ

2002年シーズン[編集]

前年にセンセーショナルなデビューを果たしたキミ・ライコネンマクラーレンへ移籍し、後任にはまたもルーキーのフェリペ・マッサが加入した。マッサはデビューレースこそオープニングラップの多重接触に巻き込まれリタイアに終わったが2戦目のマレーシアGPで早くも6位入賞、その後もいくつか入賞を果たしたがルーキーらしいアグレッシブな走りが裏目にでることも多く、イタリアGPではジャガーペドロ・デ・ラ・ロサと接触、危険走行により次戦10グリッド降格のペナルティを受け、それを回避するためのチームの措置としてかつてザウバーに所属していたベテランのハインツ=ハラルド・フレンツェンに1戦のみシートを奪われることとなった。

チームメイトは前年からの継続起用であるニック・ハイドフェルド、再びルーキーとタッグを組むこととなったハイドフェルドは、獲得ポイントでマッサを上回ったが、最高位は4位にとどまり、表彰台獲得はならなかった。また、前年自分の方が好成績を残したにも関わらずライコネンがマクラーレンに移籍したことにハイドフェルドはかなりの不満を抱いていたと言われる。(ハイドフェルドはメルセデスとの契約下にあるドライバーだった。)

スペック[編集]

シャシー[編集]

エンジン[編集]

結果[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
AUT
オーストリアの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
GBR
イギリスの旗
FRA
フランスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
JPN
日本の旗
2002 7 ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド Ret 5 Ret 10 4 Ret 8 12 7 6 7 6 9 10 10 9 7 11 5位
8 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ Ret 6 Ret 8 5 Ret Ret 9 6 9 Ret 7 7 Ret Ret Ret
ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン 13
  • ドライバーズランキング
    • ニック・ハイドフェルド 10位
    • フェリペ・マッサ 13位