ザウバー・C15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザウバー・C15
カテゴリー F1
コンストラクター ザウバー
デザイナー レオ・レス
先代 ザウバー・C14
後継 ザウバー・C16
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, スプリング/ダンパー, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, スプリング/ダンパー, プッシュロッド
エンジン フォード ZETEC-R 72度 V10
トランスミッション ザウバー/Xtrac製 6速 縦置き セミAT
燃料 ペトロナス
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム レッドブル・ザウバー・フォード
ドライバー 14. イギリスの旗 ジョニー・ハーバート
15. ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1996年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

ザウバー・C15 (Sauber C15) は、ザウバー1996年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、レオ・レスが設計した。1996年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

概要[編集]

エンジンは前年から引き続きフォードワークスのZetec-Rを搭載するが、気筒数がV8からV10に変更された。

カラーリングはレッドブルのブルーに、ペトロナスのミントグリーンという鮮やかな配色にまとめられている。

1996年シーズン[編集]

ドライバーは前年からの継続起用で在籍3年目となるハインツ=ハラルド・フレンツェンと、ベネトンから移籍してきたジョニー・ハーバートの2人。

結果はハーバートが大荒れのモナコグランプリで3位表彰台を獲得する活躍を見せるなどし、前年と同じコンストラクターズランキング7位を得たが、獲得ポイントは下回った。

フレンツェンは活躍が認められ、チャンピオンチームのウィリアムズへの移籍が決まった。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

記録[編集]

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1996 C15 オーストラリアの旗 ブラジルの旗 アルゼンチンの旗 欧州連合の旗 サンマリノの旗 モナコの旗 スペインの旗 カナダの旗 フランスの旗 イギリスの旗 ドイツの旗 ハンガリーの旗 ベルギーの旗 イタリアの旗 ポルトガルの旗 日本の旗 11 7位
14 イギリスの旗 ジョニー・ハーバート Ret Ret 9 7 Ret 3 Ret 7 DSQ 9 Ret Ret Ret 9 8 10
15 ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン 8 Ret Ret Ret Ret 4 4 Ret Ret 8 8 Ret Ret Ret 7 6

脚注[編集]