ウィリアムズ・FW18

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアムズ・FW18
1996 Williams-Renault FW cropped.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ウィリアムズ
デザイナー パトリック・ヘッド
エイドリアン・ニューウェイ
先代 ウィリアムズ・FW17B
後継 ウィリアムズ・FW19
主要諸元
シャシー カーボン/エポキシ コンポジット モノコック
サスペンション(前) インボード・トーションバー プッシュロッド ベルクランク, 不等長ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) インボード・トーションバー プッシュロッド ベルクランク, 不等長ダブルウィッシュボーン
エンジン ルノー RS8/RS8B 3000cc V10 NA ミッドエンジン
トランスミッション ウィリアムズ 6速 セミAT
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ロスマンズ・ウィリアムズ・ルノー
ドライバー イギリスの旗 デイモン・ヒル,
カナダの旗 ジャック・ヴィルヌーヴ
コンストラクターズ
タイトル
1 (1996年)
ドライバーズタイトル 1 (1996年 - デイモン・ヒル)
初戦 1996年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 (all variants) 12 12 11
テンプレートを表示

ウィリアムズ・FW18 (Williams FW18) は、ウィリアムズ1996年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはパトリック・ヘッドエイドリアン・ニューウェイ

1996年[編集]

ドライバーはデイモン・ヒルマクラーレンへ移籍したデビッド・クルサードの後任として新人ジャック・ヴィルヌーヴを起用。1995年インディカーのチャンピオンであるヴィルヌーヴはルーキーながら驚異的とも言える活躍を見せる。結果的にチームメイト同士のタイトル争いとなり,最終戦までもつれ込んだが,ヒルがチャンピオンに輝き,ヴィルヌーヴのルーキーチャンピオンの夢は叶わなかったが,デビューイヤーに4勝・ドライバーズランキング2位という成績は2009年の時点で最高位タイ(2007年のルイス・ハミルトンと並ぶ)である。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

  • シャーシ名 FW18
  • 前トレッド 1670mm
  • 後トレッド 1600mm
  • ホイールベース 2890mm
  • 全長 4150mm
  • 材質 カーボンファイバー・コンポジット
  • クラッチ AP
  • ギアボックス 6速セミオートマチック

エンジン[編集]

  • エンジン名 ルノーRS8/RS8B
  • 排気量 3000cc
  • 気筒数 V型10気筒
  • 燃料・潤滑油 エルフ

成績[編集]

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1996 FW18 オーストラリアの旗 ブラジルの旗 アルゼンチンの旗 欧州連合の旗 サンマリノの旗 モナコの旗 スペインの旗 カナダの旗 フランスの旗 イギリスの旗 ドイツの旗 ハンガリーの旗 ベルギーの旗 イタリアの旗 ポルトガルの旗 日本の旗 175 1位
5 イギリスの旗 ヒル 1 1 1 4 1 Ret Ret 1 1 Ret 1 2 5 Ret 2 1
6 カナダの旗 ヴィルヌーヴ 2 Ret 2 1 11 Ret 3 2 2 1 3 1 2 7 1 Ret

太字はポールポジション,斜体字はファステストラップ