ウィリアムズ・FW33

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアムズFW33
ルーベンス・バリチェロが駆るFW332011年イタリアGPにて
カテゴリー F1
コンストラクター ウィリアムズ
先代 ウィリアムズ・FW32
後継 ウィリアムズ・FW34
主要諸元
エンジン コスワース・CA2011k
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム AT&T ウィリアムズ
ドライバー ルーベンス・バリチェロ
パストール・マルドナド
出走時期 2011年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
0 0 0 0
テンプレートを表示

ウィリアムズ・FW33 (Williams FW33) は、ウィリアムズF12011年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。2011年の開幕戦から実戦投入された。

概要[編集]

FW33のリアビュー。上反角のついたドライブシャフトが見える。
前方から見たリアサスペンションの構成。アッパーアームがリアウイング支柱に接続している。

FW33はディフューザーの効率を高めるため、リアエンドが極めてコンパクトに設計された。リアサスペンションをプルロッド式に変更し、新開発の小型トランスミッションの下側にリンクした。リアデッキが極端に低いため、ドライブシャフトにはアップライト側に向けて14度の上反角が付けられており(通常は最大で6〜7度)[1]、アッパーウィッシュボーンの支持点はリアウィングの中央支柱にある。

KERSは2009年に開発途上だった自社開発のフライホイール式を採用すると思われたが、リアエンドの空力パッケージ面から通常のバッテリー式を選択した。2012年にフライホイール式を採用する可能性もあったが[2]、通常方式を継続使用した。

シーズン中にはレッドブル方式のエキゾーストブローを導入。また、エンジンカウル後方にレッドブルと似た丸型の放熱口を設けた。

2011年シーズン[編集]

何度か予選トップ10に入る速さは見せたものの、中団グループの入賞争いに遅れをとり、シーズン獲得ポイントは5点に止まった。序盤戦の成績不振により、テクニカルディレクターのサム・マイケルとチーフ・エアロダイナミシストのジョン・トムリンソンが同年限りで辞任することが発表され[3]、チームCEOアダム・パーも辞任を考えたと発言した[4]。チームは初めて株式公開したが、株価は6ヶ月間で40%下落した[5]

サム・マイケルによれば、革新的なリアセクションのコンセプト自体は機能したが、コスワースエンジンの形状によりエンジンカウルのデザインを絞り切れず、狙っていた空力効果を得られなかったという[6]2012年からはコスワースに代わり、ルノーエンジンを搭載することが決定した。

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
CHN
中華人民共和国の旗
TUR
トルコの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
KOR
韓国の旗
IND
インドの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
BRA
ブラジルの旗
2011 11 ブラジルの旗 バリチェロ Ret Ret 13 15 17 9 9 12 13 Ret 13 16 12 13 17 12 15 12 14 5 9位
12 ベネズエラの旗 マルドナド Ret Ret 18 17 15 18 Ret 18 14 14 16 10 11 11 14 Ret Ret 14 Ret

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Williams FW33 - innovative rear packaging - Formula1.com 2011年2月15日
  2. ^ ウィリアムズ、2012年のフライホイール式KERS搭載を示唆 F1-Gate.com 2011年2月21日
  3. ^ ウイリアムズ、マイケルと契約せず コフランが就任 - AUTOSPORT web 2011年5月3日
  4. ^ アダム・パー 「私も辞任を申し出た」 - F1-Gate.com 2011年5月3日
  5. ^ ウィリアムズが再び勝つことはない? - スポーツナビ F1ニュース 2011年9月6日
  6. ^ 『オートスポーツ2月2日号』第1323号、イデア、2012年1月、 66頁。