マクラーレン・MP4-26

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マクラーレン MP4-26
ジェンソン・バトンがドライブするMP4-262011年マレーシアGPにて
ジェンソン・バトンがドライブするMP4-26
2011年マレーシアGPにて
カテゴリー F1
コンストラクター マクラーレン
デザイナー パディ・ロウ (テクニカルディレクター)[1]
ティム・ゴス (エンジニアリングディレクター)[1]
ニール・オートレイ (設計・開発ディレクター)[1]
先代 マクラーレン・MP4-25
後継 マクラーレン・MP4-27
主要諸元
エンジン メルセデスFO108Y
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム ボーダフォン マクラーレン メルセデス
ドライバー イギリスの旗 ジェンソン・バトン
イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
出走時期 2011年
コンストラクターズ
タイトル
-
ドライバーズタイトル -
通算獲得ポイント 497
初戦 2011年オーストラリアGP
初勝利 2011年中国GP
最終戦 2011年ブラジルGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
19 6 1 6
テンプレートを表示

マクラーレン MP4-26 (McLaren MP4-26) は、マクラーレン2011年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーである。2011年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

概要[編集]

サイドポンツーンは前年型のMP4-25と同様に後方に向けて急角度で低くなっているが、MP4-26はインテークが「L」字型になっており、溝の部分からリアエンドへ気流を送る点に配慮している。L字型の開口部分はモノコックに直付けされ、サイドインパクト吸収構造を兼ねている。また、ドライバー頭上のインダクションポッド後方にさらにエアインテークを設置している。他チームと比べてフロントノーズは低めで、下面にT字型の整流板が付いている。

例年ならマクラーレンのファクトリーでマシン発表会を行うが、今年はスポンサーのボーダフォンの意向でドイツベルリンでMP4-26が発表された[2]。発表会ではスタッフが広場の真ん中にひとつずつパーツを持ち込み、メカニックが徐々にMP4-26を完成させるというパフォーマンスを披露した[2]

ウィンターテストでは絶対的なスピードが不足していたため、マクラーレン内では「ジェームズ・メイ[3]」というニックネームが付けられた[2]。チームは「オクトパス」と呼ばれる複雑な排気システム[4]を採用したが、プレシーズンテストでは問題が続出。テクニカルディレクターのパディ・ロウはチームに在籍した20年間の中でも最悪のプレシーズンだったことを認めた[4]

開幕戦に予定されていたバーレーンGPが国内情勢不安からキャンセルされ、この間にマクラーレンはレッドブル・RB7をコピーした延長型ブロウンディフューザーを急遽開発し、オーストラリアGPに持ち込んだ。この時はカーボンコンポジットが間に合わず、チタンを板金加工したディフューザーをぶっつけ本番で投入した[5]

2011年シーズン[編集]

第15戦日本GPにて、ジェンソン・バトンがドライブするMP4-26

MP4-26は予選ではレッドブルに太刀打ちできないものの、決勝では優れたレースペースを披露した。第3戦中国GPではルイス・ハミルトン、第7戦カナダGPではジェンソン・バトンがレッドブルのセバスチャン・ベッテルをコース上で逆転して優勝した。

2011年のトレンドとなったオフスロットル・ブローイングに関して、マクラーレンはレッドブルとともに開発に成功しており、第9戦イギリスGPで使用が禁止されると大きな影響を被った[6]。しかし、次戦から使用が再解禁されるとペースをとり戻し、後半戦は予選・決勝ともレッドブルに迫るポテンシャルを発揮した。躍進の背景には、ブリヂストンから加入した日本人エンジニア今井弘がピレリタイヤの特性を解明した貢献があると報じられた[7]。第16戦韓国GPでは開幕戦から続くレッドブルの連続ポールポジションを阻止した。

最終的にチームは6勝を挙げてコンストラクターズでは2位を確保し、ドライバーズランキングではバトンが2位、ハミルトンが5位となった。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

KERS[編集]

  • KERS/形式 メルセデス・ベンツ
  • e-パワー エンジン搭載型の電気モーター/ジェネレーター
  • ESS 集積エネルギー電池および電動エレクトロニクス
  • パワー 60kW

エンジン[編集]

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
CHN
中華人民共和国の旗
TUR
トルコの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
KOR
韓国の旗
IND
インドの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
BRA
ブラジルの旗
2011 3 イギリスの旗 ハミルトン 2 7 1 4 2 6 Ret 4 4 1 4 Ret 4 5 5 2 7 1 Ret 497 2位
4 イギリスの旗 バトン 6 2 4 6 3 3 1 6 Ret Ret 1 3 2 2 1 4 2 3 3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c マクラーレンのパディ・ロウが昇進 ESPN F1 (2011年1月27日)
  2. ^ a b c “マクラーレン、MP4-26を発表”. F1-Gate.com. (2011年2月24日). http://f1-gate.com/mclaren/f1_10637.html 2011年4月8日閲覧。 
  3. ^ 英国BBCのテレビ番組『トップ・ギア』の司会者の一人で、同番組内ではその慎重過ぎて遅い運転ぶりから、「キャプテン・スロー」と呼ばれている。
  4. ^ a b 「今オフは過去20年で最悪の状況だった」とマクラーレン AUTOSPORT.web(2011年4月21日)2011年11月9日閲覧。
  5. ^ Minenori Yoneya (2012年4月22日). “『テクニカルファイル』マレーシアGPの最新アップデートを解説!”. F1ライフ. http://www.f1-life.net/modules/features/details.php?bid=3518&cid=1 2011年12月8日閲覧。 
  6. ^ 米家峰起 (2011年8月1日). “【F1】2連勝で優勝争いに復帰。マクラーレン急浮上の理由”. web Sportiva. p. 2. http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/motorsports/2011/08/01/f1_1/index2.php 2011年12月9日閲覧。 
  7. ^ “マクラーレン、飛躍の裏に日本人エンジニアの貢献”. F1-Gate.com. (2011年8月16日). http://f1-gate.com/mclaren/f1_12629.html 2011年12月8日閲覧。