マクラーレン・MP4/6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マクラーレン・MP4/6
マクラーレン・MP4/6B
アイルトン・セナがドライブしたMP4/6
アイルトン・セナがドライブしたMP4/6
カテゴリー F1
コンストラクター マクラーレン
デザイナー ニール・オートレイ
先代 マクラーレン・MP4/5B
後継 マクラーレン・MP4/7A
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
エンジン ホンダ RA121-E, 3,493 cc (213.2 cu in), 60度 V12 NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション マクラーレン製 横置き 6速 MT
燃料 シェル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ホンダ マールボロ マクラーレン
ドライバー 1. ブラジルの旗 アイルトン・セナ
2. オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー
コンストラクターズ
タイトル
1 1991年
ドライバーズタイトル 1 (アイルトン・セナ)
初戦 1991年アメリカグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
18 8 10 5
テンプレートを表示


マクラーレン MP4/6 (McLaren MP4/6) は、マクラーレン1991年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。チーフデザイナーのニール・オートレイとエアロダイナミストのアンリ・デュランが設計した。ホンダV12エンジンを使用した最初のマクラーレン車である。

1991年の開幕戦から最終戦まで実戦投入され、1992年は第2戦までMP4/6Bが使用された。

MP4/6[編集]

ホンダはF1第1期活動以来となるV12エンジンを開発。ゲルハルト・ベルガーによりオフシーズンからテストされたが、前年のV10エンジンに比べてアンダーパワーであった。アイルトン・セナはプレシーズンテストにて、エンジンの問題解決に取り組んだ。低回転時のトルク発生を最適化するため、第11戦ベルギーGPから可変吸気管長システムを採用した。

MP4/6はHパターンのマニュアルギヤボックスを採用していた。このシーズンにセミオートマチックを採用していたのはフェラーリとウィリアムズだけであったが、この年のハンガリーGPのフリー走行でセミオートマチックが試された。このギヤボックスは1992年のマシンであるMP4/7Aで実戦投入された。V10からV12へのスイッチ、および燃料タンクの大型化によりホイールベースは40mm長くなった。

課題の空力面はライバルのフェラーリから加入したアンリ・デュランが担当した。フロントサスペンションはMP4/4以来のプルロッド式からプッシュロッド式に変更され、スプリング/ダンパーユニットをモノコック上に水平に設置することで、ノーズを細くすることができた(ハイノーズは採用していない)。サイドポンツーンはフェラーリと似た、高く丸みを帯びたデザインに変更された。

1991年シーズン[編集]

ゲルハルト・ベルガーがドライブしたMP4/6

アイルトン・セナアメリカGPブラジルGPサンマリノGPモナコGPの4レースで開幕4連勝を記録した。しかし、シーズン前半のマクラーレンの優位はライバルだったウィリアムズ・FW14の信頼性不足によるもので、中盤戦からFW14とルノーV10エンジンのパッケージが優れた性能を発揮した。シーズンを通してマクラーレンは表彰台の常連であったが、セナはホンダにエンジンの改良を要求するとともにチームに対してもシャシーの大幅な改良を要求した。

この要求に対して、ホンダはV12エンジンの継続的なアップデートで応えた。オートレイも様々な改良を加え、特にサイドポッドとウイングを中心とした変更が加えられた。また、ハンガリーGPではシーズン中にも関わらず、16kgもの軽量化を実現したシャシーをセナのレースカーとして投入した。

電気系のトラブルとピットストップの失敗により、ウィリアムズはベルギーGPポルトガルGPでチャンスを逃し、マクラーレンは4年連続のコンストラクターズチャンピオンとなった。セナはナイジェル・マンセルの挑戦を退け、3度目の、そして最後のドライバーズタイトルを獲得した。

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
MEX
メキシコの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
1991 1 ブラジルの旗 アイルトン・セナ 1 1 1 1 Ret 3 3 4 7 1 1 2 2 5 2 1 139 1位
2 オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー Ret 3 2 Ret Ret Ret Ret 2 4 4 2 4 Ret Ret 1 3

スペック[編集]

ノーズ先端にはスポンサーの『週刊少年ジャンプ』のロゴがある
ホンダ RA121E V12エンジン

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 ホンダRA121E
  • 角度・気筒数 V型12気筒・60度
  • 全長 670mm
  • 全幅 520mm
  • 全高 530mm
  • バルブ数 4バルブ/1気筒
  • 重量 150kg
  • スパークプラグ NGK
  • 燃料・潤滑油 シェル

MP4/6B[編集]

マクラーレンMP4/6Bは前年のMP4/6に小改良を加えたモデルであり、1992年シーズンの開幕戦南アフリカGPから投入された。マクラーレンは序盤3戦をこのMP4/6Bで戦い、ヨーロッパラウンドが始まる第4戦スペインGPからニューシャシーのMP4/7Aを投入する予定だった。

しかし、ライバルであるウィリアムズ・FW14Bの2連勝の前に歯が立たず、予定を早めて第3戦ブラジルGPよりMP4/7Aにスイッチした。

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
RSA
南アフリカの旗
MEX
メキシコの旗
BRA
ブラジルの旗
ESP
スペインの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
1992 1 ブラジルの旗 アイルトン・セナ 3 Ret 99 2位
2 オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー 5 4

ミニカー[編集]

オニキスのミニカーがタミヤパッケージでセナ・ベルガーの両タイプをリリースした(※当時タミヤがマクラーレンの版権を取得していたため)。それぞれ「McLaren」ロゴとタバコ広告禁止時の「ストロボ」マークの2タイプがあった。

ミニチャンプスがセナの没後に展開した「アイルトン・セナコレクション」の中の1台としてリリースし、以降ベルガー仕様やドイツGP仕様などのバリエーション違いを展開した。セナ没後10年に開催された「アイルトン・セナ展」にて販売された。91年ブラジルGP仕様は一部ショップと会場限定とあって人気が高い。

出典[編集]

  1. ^ STATS F1 - McLaren MP4/6”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]