リジェ・JS37

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リジェ・JS37
カテゴリー F1
コンストラクター フランスの旗 リジェ
デザイナー フランスの旗 ジェラール・ドゥカルージュ
イギリスの旗 フランク・ダーニー
先代 リジェ・JS35B
後継 リジェ・JS39
主要諸元
シャシー モノコック カーボンファイバー ケブラー
エンジン ルノー RS3C (メカクローム), 3.5リッター, 750馬力 67度 V10, NA, ミッドエンジン, 縦置き,
トランスミッション リジェ / XTrac 製 6速
重量 505kg
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム リジェ ジタン・ブロンド
ドライバー ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン
フランスの旗 エリック・コマス
初戦 南アフリカの旗 1992年南アフリカグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

リジェ・JS37は、リジェチームが1992年シーズンF1参戦に用いたフォーミュラ1カーである。デザイナーはジェラール・ドゥカルージュフランク・ダーニー

概要[編集]

ターボ時代のJS27(1986年)以来、久々にフランス製のルノーエンジンを搭載。デザイナーのドゥカルージュがチームに復帰し、浪人中のアラン・プロストが開幕前テストで試走するなど、シーズン前から何かと話題性のあるマシンだった。

ドライバーは前年と同じくティエリー・ブーツェンエリック・コマスのコンビだが、第3戦ブラジルGPで同士討ちを演じて以降、チーム内の関係は良くなかった。

第7戦カナダGPではコマスが初入賞し、チームにとっても2年ぶりのポイント獲得となった。シーズン中の入賞4回、獲得ポイント6点、コンストラクターズランキングは7位だった。しかし、同スペックのルノーエンジンを搭載するウィリアムズアクティブサスペンショントラクションコントロールシステムなどのハイテク装備で成功したのに比べると、シャーシ側の性能差は明らかであった。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1992年 JS37 ルノー RS3C
3.5, V10
G RSA
南アフリカの旗
MEX
メキシコの旗
BRA
ブラジルの旗
ESP
スペインの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
6 7
25 ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン Ret 10 Ret Ret Ret 12 10 Ret 10 7 Ret Ret Ret 8 Ret 5
26 フランスの旗 エリック・コマス 7 9 Ret Ret 9 10 6 5 8 6 Ret DNQ Ret Ret Ret Ret


参照[編集]

外部リンク[編集]