ジョーダン・192

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョーダン・192
磐田市のヤマハコミュニケーションプラザに展示されるジョーダン・192
磐田市のヤマハコミュニケーションプラザに展示されるジョーダン・192
カテゴリー F1
コンストラクター ジョーダン
デザイナー ゲイリー・アンダーソン
マーク・スミス
先代 ジョーダン・191
後継 ジョーダン・193
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン ヤマハ OX99, 3,498 cc (213.5 cu in), 72度 V12, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ジョーダン製 7速 シーケンシャルトランスミッション
燃料 サソル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム サソルジョーダンヤマハ
ドライバー 32. イタリアの旗 ステファノ・モデナ
33. ブラジルの旗 マウリシオ・グージェルミン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1992年南アフリカグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

ジョーダン・192 (Jordan 192) は、ジョーダン・グランプリ1992年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。設計者はゲイリー・アンダーソンマーク・スミス1992年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

192[編集]

1991年に使用された191からの変更点は、V8フォードHBエンジンに替えて、前年ブラバムが使用したV12ヤマハOX99エンジンを獲得したことである。また、マニュアルトランスミッションのシフト機構は伝統的なHパターンではなく、オートバイのように前後に押し引きするシーケンシャルタイプを導入した(シフトレバーを手前に引くとシフトアップし、奥へ押すとシフトダウンする)。この方式は電子制御のセミオートマチックトランスミッションよりも低コストで済み、Hパターンで起こりやすいギアのセレクトミスを予防する効果があった。ジョーダンがF1で初採用して以降、他のカテゴリのレーシングカーにも広く普及することになった。

シャシーはキープコンセプトで設計され、随所に191のデザインの名残が見られる。フロントウイングは191よりも高く持ち上げられている。その分、フロントのダウンフォースを稼ぐためにフラップが大型化された。

マシンカラーリングは191のアイリッシュグリーンから、タイトルスポンサーであるサソルの明るいブルーと白を基調としたものに変えられた。新たにバークレイタバコのスポンサードも得ることができた。

1992年シーズン[編集]

ドライバーはティレルから移籍してきたステファノ・モデナレイトンハウスから移籍してきたマウリシオ・グージェルミンを起用。しかし、シャーシとヤマハエンジンのマッチングがよくなかったことは開幕前から判明していた。

コンパクトなフォードHBエンジンからサイズや重量、発熱量などが異なるヤマハエンジンに載せ替えた影響は予想以上に大きく、対応が後手にまわることになった。とくに冷却系等に問題があり、開幕戦で急遽ボディワークに穴を開けなければならないほどだった。

信頼性に関しても最悪で、モデナが4回もの予選落ちを喫したほか、両ドライバー合わせて19回ものリタイヤとなった。ダブル完走が1回しかなかったのに対し、ダブルリタイヤが6回(予選落ち除く)にもなった。ポイント獲得は最終戦の1回(6位)しかなく、コンストラクターズランキングは前年の5位から11位に後退した。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

  • シャーシ名 192
  • 全長 4,425mm
  • 全高 1,000mm
  • 前トレッド 1,800mm
  • 後トレッド 1,680mm
  • ホイールベース 2,925mm
  • 重量 505kg
  • 燃料タンク容量 212L
  • クラッチ AP
  • ブレーキキャリパー AP
  • ブレーキディスク・パッド ヒトコ
  • ホイール O・Z
  • タイヤ グッドイヤー

エンジン[編集]

ヤマハOX99エンジン
  • エンジン名 ヤマハOX99
  • 気筒数・角度 V型12気筒・70度
  • 排気量 3,494cc
  • 全長 725mm
  • 全幅 540mm
  • 全高 504mm
  • バルブ数 5バルブ/1気筒
  • 重量 140kg
  • スパークプラグ NGK
  • 燃料・潤滑油 サソル

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1992年 サソル ジョーダン ヤマハ OX99
V12
G RSA
南アフリカの旗
MEX
メキシコの旗
BRA
ブラジルの旗
ESP
スペインの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
1 11位
ステファノ・モデナ DNQ Ret Ret DNQ Ret Ret Ret Ret Ret DNQ Ret 15 DNQ 13 7 6
マウリシオ・グージェルミン 11 Ret Ret Ret 7 Ret Ret Ret Ret 15 10 14 Ret Ret Ret Ret

エピソード[編集]

  • オーナーのエディ・ジョーダンはジョーダン・192を「世界最速の石炭自動車」と諭した。これは、この年にスポンサーとなったオイルメーカーのサソル社が石炭を液化して石油にする技術(※:詳細は石炭液化#南アにおける発展を参照。)が非常に長けていた為である。

参照[編集]

  1. ^ STATS F1 - Jordan 192”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]